ツームストン準州立公園の視察を終えた我々は、本日の宿泊地であるドーソン・シティへ向かいます。
ドーソン・シティは、ゴールド・ラッシュの時に建設された町。
それ以前は、先住民が夏季の漁業の際の宿営地として使っていただけの土地でしたが、ゴールド・ラッシュで町が建設されると、どんどん人口が増え続け、最盛期には4万人が暮らす町となりました。しかし、ゴールドラッシュの終焉とともにその人口は減り続け、ユーコン準州誕生以来の準州都でしたが、1952年にホワイトホースにその座を譲るとさらに人口の減少は加速されました。

現在では、約2,000人が暮らす町で、町の端から端まで歩いても10分もかからない小さな町です。
町を見下ろすドーム・マウンテンから見ても、その小ささがよく分かります。横を流れるのはユーコン川です。

Dawson_01

町全体がゴールド・ラッシュ最盛期の活気のあった当時の様子のまま保存、再現されており、その中を歩いていると、さながら当時にタイム・トリップしたかのような錯覚に陥ります。

Dawson_03

Dawson_02

Dawson_04

ここで宿泊したのは、『ダウンタウン・ホテル(Downtown Hotel)』。

Downtown_Hotel_01

このホテルもまたゴールド・ラッシュの時代を思わせる外観のこじんまりとしたホテルですが、実はななめ前には別館もあり、中に入るとアンティーク感をもたせながらも、客室にはしっかりとした設備、備品が整っており、快適な滞在ができました。

Downtown_Hotel_02

明日のエントリーからは、少し、ドーソン・シティの町を歩いてみたいと思います。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ