世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

November 2014

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑦


シラーズにある、ナシル・アル・モルク・モスクは、別名を「ローズ・モスク」といいます。それは、外壁にシラーズの花であるバラが多く描かれていることに由来します。

中庭とモスク

カジャール朝時代の大富豪であり、建築家であり、また、聖職者でもあったナシル・アル・モルクが1876年から1888年までの歳月をかけて建てたモスクで、礼拝堂の中にはステンドグラスが多用されており、太陽の眩い光を受けたこのステンドグラスがモスク内部にそれは美しい模様を描き出すのです。

PA090123

PA090124

PA090126

PA090129

訪問にあたってのお勧めの時間帯は、太陽の光の入る午前中です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑥


イラン南部のザグロス山脈にある都市シラーズは、標高約1,480mの高原にあり、近郊のペルセポリスをはじめ、紀元前からアケメネス朝ペルシャの中心地で、古くから発展していました。中世にはサーディーとハーフェズというイランを代表する詩人を輩出した町でもあります。

そんな町の中心部にイスラム教シーア派のイマーム(指導者)であったエマーム・レザーの弟、シャー・チェラグの墓とアリー・エブネ・ハムゼの墓があります。2つはシーア派の聖地で、お祈りの時間はもちろん、多くの信徒たちが日頃から訪ねています。ここでは入場の際、女性はスカーフだけでなく、体を覆うマントが必要です(無料貸し出しがあります)。

青タイルを基調とした外観、そして、建物の中は美しい鏡細工のモザイクで飾られています。それはまるで、万華鏡の中にいるかのようです。

ここでは、アリー・エブネハムゼの墓内部の写真をご紹介します。

外観アリ・エムゼ

内部

内部2

内部3

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑤


イスラム教徒の多いイランの中で、ヤズドにはゾロアスター教徒が約2万人暮らしています。
ゾロアスター教が生まれたイランには、かつて、多くのゾロアスター教徒が暮らしていましたが、イスラム教の拡大により減少し、10世紀以降、彼らはインドの西部へと移住していきました。インドでは、ゾロアスター教徒のことをパールシーと呼び、ムンバイはその一大拠点となっています。

さて、ヤズドにあるゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)は、1934年インドのゾロアスター教徒の手によって建設され、西暦470年から燃え続けていると言われる火を見ることができます。

外観

聖なる火

ゾロアスター教徒では火を神聖視しており、別名拝火教とも呼ばれています。因みに、日本の有名自動車会社MAZDA(マツダ)は、その社名がゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーに因んだものだそうです。

寺院の横には博物館があり、ゾロアスター教に関する展示物を見ることができます。

博物館内

博物館内2

博物館内3

博物館内4

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編④


ゾロアスター教文化の中心地ヤズドに滞在した時、ハンマーム(公衆浴場)を改装してオープンしたレストランを訪ねたので、本日はそのレストランをご紹介します。

PA120277

PA120278

ハンマームの歴史は古く、イスラーム社会で最初の浴場として知られているのは、8世紀頃まで遡ることとなります。ハンマームは、保温などを目的として半地下に建てられており、採光や換気のための窓は設けられていません。浴室は普通蒸し風呂で、浴槽から立ち上った上記で汗を出し、垢すり師によるマッサージや剃毛のサービスを受けます。

男女別々の浴場か、性別ごとに時間帯や曜日を分けて営業しているのが普通です。
そこは、長時間寛ぎながら楽しむ、交際、娯楽の場として庶民に長い間、愛されてきました。しかし、20世紀以降にインフラの整備が進むと、ハンマームはその数を減らすことになりました。

イランでは、ハンマームはギャルマーベと呼ばれており、11世紀頃には既に入浴の作法が記されていた書があったようです。ペルシャ式の建築様式独特のアーチとドームが見られ、壁面がタイルで装飾されているのが特徴です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編③


突然ですが、皆さんご存知でしょうか?
イランがバラの原産国であり、世界で最初に蒸留技術を開発した国であるということを。

蒸溜器

イランは砂漠の国、というイメージがありますが、実際は大きな山脈があり、そこに降った雪の雪解け水を灌漑用水として利用し、古くから多くの作物が栽培されています。

バラにとっても最適な土壌と気温が備わった地となっており、特にイラン中部のカシャーン地方は、標高が高いため、昼夜の温度差が激しく、冬が長いことから、バラの栽培に適した地域として有名です。そのバラから蒸留された高品質なローズオイルやローズウォーターは、先進国のバイヤーによって買い付けられ、世界中の市場に出回っています。あの有名なイスラム教の聖地メッカのカーバ神殿を清めているのもイラン産のローズウォーターです。

カシャーン地方ではよく、ペットボトルに詰められたローズウォーターを見かけます。お出掛けの際には是非、お土産にいかがでしょうか?価格はペットボトル1本日本円で約40~70円程度です。

乾燥したバラ

PA140435

バラ水

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ