世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

January 2015

祝!ブログ開設1周年 ご購読、ありがとうございます!


いつも『世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部』をお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログは、2014年1月30日に最初のエントリーをアップし、おかげ様で本日、開設1周年を迎えることができました。これもひとえに、お読みいただいている皆様のおかげとスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

昨日までの記事の総エントリー数は、232エントリー。ご訪問いただいた方々の延べ人数は6,050人に上りました。個性派の陸旅倶楽部の旅に同行しました添乗員の最新レポートを軸に、世界中のお勧めスポットやニュース、雑学などバラエティに富んだ話題をお届けすべく努力して参りましたが、まだまだ世界中には皆様に知っていただきたいトピックが山のように存在します。
「さすが、個性派の陸旅倶楽部!」と言っていただける内容にすべく、これからもがんばって参りますので、今後とも、ご購読のほど、よろしくお願い申し上げます。

===================================

さて、ブログ開設1周年を記念し、この度、北はアメリカ合衆国から南はアルゼンチンまで南北アメリカ大陸を通る「パン・アメリカン・ハイウェイ」を陸路で大縦断する壮大な特別ツアーを発表しました。
パン・アメリカン・ハイウェイをひた走り、数々の国境を越えながら南を目指すこの旅は、正に「夢と浪漫と冒険」の旅と言えるのではないでしょうか?

Pan_American_Highway

ご興味のある方は、是非ともお問い合わせください!

「パン・アメリカン・ハイウェイ大縦断 2015」のツアー詳細はこちらをクリック!

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

いちごミルク色の湖があった! セネガル/レトバ湖


Lac_Rose_01

この写真、いったい何だと思われますか?
絵の具のパレット?カクテル?

いえいえ、実はこれ、湖の湖面なのです。
世界中には様々な色の湖が存在しますが、こんな「いちごミルク」色の湖を見たことがありますか?

Lac_Rose_02

アフリカ大陸の西部、セネガル共和国の首都ダカールから僅か30分足らずのところにこの湖は佇んでいます。名前は、「レトバ湖(lac Retba)」。地元の人々にはその湖水の色から「バラの湖(lac Rose)」とも呼び親しまれています。また、有名な「パリ-ダカール・ラリー」のゴールとしても知られています。湖の大きさは3㎢とそんなに大きな湖ではありません。

Senegal_Map

こんなに可愛らしい色をした湖水、きっと甘い味がするんじゃないか・・・
そんな妄想に駆られてしまいますが、実際はかなりしょっぱい!というより、辛い!と言った方が正しいかもしれません。
それもそのはず、レトバ湖は僅かな砂丘で大西洋と隔てられているだけで、その湖水の塩分濃度はなんと、海水の10倍!塩の湖として知られる、イスラエル、ヨルダンにまたがる死海の塩分濃度と比較しても、乾季ともなればレトバ湖の方が1.5倍も濃いのだそう。

なぜ、このような鮮やかなピンク色をしているのでしょうか?
その正体は「ドナリエラ」と呼ばれる藻です。この藻は、太陽からエネルギーを吸収する際に赤い色素を体内に作るのだそうです。その塩分濃度の高さゆえに、ほとんど生物が生息していないために、このドナリエラの体内色素が湖を覆い、いちごミルクのようなピンク色に見えるのです。水の量が少なくなる乾季には、そのピンク色もより鮮明に見られるようになります。

Lac_Rose_03

Lac_Rose_04

Lac_Rose_05

これだけの塩分濃度ですから、当然、塩の生産も盛んに行われています。実際には、湖底に沈殿した塩を手ですくい上げます。

Lac_Rose_06

ピンク色の湖から採れた塩もピンク色をしているのか・・・
残念ながら、そういうことはなく、塩は私たちが知っているとおり、白い色をしています。
高濃度の塩分から皮膚を守るため、塩の生産に従事している人々は、周辺のシア・ナッツ・ツリーから採れる「シア・バター」を体中に塗って、作業を行っています。

先ほどのドナリエラは人体には無害なため、泳ぐこともできます。地元の人々が泳いでいる姿もよく見かけます。死海と同様、体もプッカリと浮かびます。

いちごミルク色の湖水だけでも訪れる価値は十分ですが、岸に積み上げられた真っ白な塩、そして、黄金色に輝く砂丘のコントラストは、正に訪れた人だけが実感できる贅沢な景観です。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

『コーカサス地方のドバイ』 アゼルバイジャンの近未来都市バクー



『コーカサス地方』と聞いて、どこだかお分かりになるでしょうか?

コーカサス地方とは、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈とそれを取り囲む低地からなる面積約44万㎢の地域のことを指します。全体的に山がちな地形で、山間には様々な言語、文化、宗教をもった民族集団が複雑に入り組んで暮らしており、「地球上で最も民族的に多様な地域」と言われています。

このコーカサス地方にある正式な独立国家は、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニアの3ヶ国。この3ヶ国を総称して、「コーカサス3国」と呼んだりもします。
今日は、そのコーカサス3国の中から、アゼルバイジャン、そしてその首都バクーについてご紹介したいと思います。

アゼルバイジャンの正式名称は、アゼルバイジャン共和国(Republic of Azerbaijan)。
北はロシア、北西はグルジア、西はアルメニア、南はイランと国境を接し、東はカスピ海に面しています。1936年よりアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦を構成する共和国の一つとなり、1991年2月にアゼルバイジャン共和国に名称を変更、同年8月に独立を宣言しました。
国内には豊富な天然資源を有するとともに、カスピ海の石油採掘によって資本が集まり、近年、急速に発展を果たしています。

中でも発展しているのが首都のバクーです。
ペルシア語で「風の街」を意味し、人口200万人を有する大都市であるバクーは、原油のオイルマネーで潤った富裕層が集まる街となり、ドバイのような近未来的な建築物が次々と完成して、近年徐々に注目されるようになってきています。

バクーを象徴する近代的な建築物は、3つ子のタワーの「フレーム・タワー・コンプレックス」です。1つ目のタワーは住居用、2つ目のタワーは商用、そして、3つ目のタワーは世界的ホテル・チェーンの「フェアモント・ホテル」となっています。

Baku_Flame_Tower

さらに、近未来的デザインのホテル・クレセントが建設中といいます。また、2018年には現在世界で最も高いドバイのバージュ・カリファを抜いて世界で最も高いタワーとなる見込みの「アゼルバイジャン・タワー」も開業する予定です。

Baku_Coming_Hotel

Baku_Azerbaijan_Tower_Image

この近未来都市となりつつあるバクーが最も圧巻な姿を見せてくれるのはその夜景です。カラフルなLEDライトに浮かび上がる姿は、もう、説明の必要はないでしょう。

Baku_Night_View_01

Baku_Night_View_02

こんなバクーにも美しい歴史的な町並みもしっかりと残っています。イチェリ・シェヘル(アゼルバイジャン語で「内城」の意味)と一般的に呼ばれている城壁に囲まれた旧市街です。

Baku_Old_City

5世紀頃からあったとされるこのバクーの旧市街は、アゼルバイジャン固有の文化はもちろんのこと、イラン、アラブ、ロシアの影響をも色濃く受け、独特な味わいのある景観となっています。
2000年、アゼルバイジャン初のユネスコ世界文化遺産に登録されています。

日本ではほとんど知られていない、アゼルバイジャン、そしてその首都バクー。
近未来と歴史が同居するこの都市は、これからますますその魅力を増していくことでしょう。
観光客であふれかえるようになる前に、是非とも訪れてみたい場所の一つです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

個性派の陸旅倶楽部では、ベストシーズンにアゼルバイジャンを含むコーカサス3国へのツアーを設定しています。詳細は、ここをクリック!


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

日本もデザイン変更を検討・・・世界の綺麗なパスポートをご紹介!



旅行に限らず、海外へ渡航する際には必ず必要となるもの、それは何と言っても「パスポート」。
パスポートとは、政府またはそれに相当する公的機関が交付し、海外に渡航する自国民の国籍や身分を証明するとともに、外国官憲に保護を依頼する公的文書のことを言います。日本では、「旅券」とも呼ばれます。

現在の日本のパスポートは、1992年に縦12.5cm、横8.8cmのサイズとなり、1995年には従来の5年有効のパスポートに加えて10年用のパスポートが導入され、表紙の色は5年用が紺色、10年用が赤色となっています。
デザイン的に見ると、表紙には皇室の紋章でもある「十六一重表菊」が印刷され、各ページには桜の絵柄やページの数字が薄く印刷されています。
2006年にはICチップが内臓された他、細やかな印刷様式の変更で偽造対策は行われていますが、デザインはほとんど変更されていません。

そんな日本のパスポートですが、ICチップが内臓されているページが分厚くて使いにくい、他国に比べて地味、との意見が多く、政府がデザイン変更の検討を始めたとのニュースが入ってきました。
まだデザインは決定していませんが、デザイン案として、
  • 富士山などの名所旧跡を印刷
  • 国内の世界遺産を印刷
  • 葛飾北斎の浮世絵「富国三十六景」を印刷

などの案が出ているようです。

政府は、このデザイン変更を機に、「パスポートを親しみやすいものにする」、「パスポートを通じて海外での日本文化の発信につなげる」ことをめざしたいとしています。

2020年に東京オリンピックの開催が決定していることから、2019年までのデザイン変更を目指します。

さて、世界中の国には、綺麗でデザインの優れたパスポートがいくつも存在します。

最後は、そんなパスポートのいくつかをご紹介したいと思います。


■アメリカ合衆国

USA

アメリカの象徴である鷲のデザイン、ニューヨークの「自由の女神」などの名所旧跡、独立宣言の抜粋などが印刷されています。


■ノルウェー

Norway_01

3色の色鮮やかな表紙


Norway_02

中のページには、簡素化されたフィヨルドの絵柄が印刷されていますが、ただのフィヨルドの絵ではありません・・・


Norway_03

ブラック・ライトを当てると、なんと!

オーロラが出現するという憎い演出がほどこされています。


■スイス

Swiss_01

真っ赤な表紙にはよく見るとスイス十字が型押しされています。

中のページのデザインも非常にカラフルで、すべてのページが異なるデザインとなっています。


■カナダ

Canada_01

写真左側は国会議事堂の絵が印刷されたページを普通に見たもの。

これにブラックライトを照射すると・・・右のように、建物がライトアップされ、花火が打ちあがる仕掛けになっています。


こうやって見ていくと、綺麗で可愛らしいパスポートが世界中にはたくさんあることが分かります。

せっかく日本のパスポートのデザインを変更する動きがあるのであれば、世界中の人々からうらやましがられるような斬新なデザインを取り入れてほしいものです。


個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。



↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

極寒の地を彩る厳冬の風物詩 ハルピン氷祭り/中国


日本の冬の最大のイベントといって真っ先に思い浮かべるものは何でしょうか?
殆どの方が札幌の雪まつりを挙げるのではないでしょうか?
雪で作った大小の像が会場を埋め尽くすこのお祭りは、1950年に第1回目が開催されたのを皮切りに今年で第66回目を迎え、今年は2月5日~11日の日程で開催が予定されています。

翻って世界に目を向けてみると、お隣り中国にも冬の風物詩とも言えるイベントがあります。
東北部ハルピンで毎年1月5日頃から2月末頃まで開催される『ハルピン氷祭り』です。

Ice_Festival_01

1985年に第1回目が開催されたこの氷祭りは、「世界三大氷祭り」にも数えられており、中国国内のみならず、外国からも毎年多くの観光客を集める人気イベントです。日本からもこのお祭りを見学するツアーも設定されていたりします。

札幌の雪まつりと異なり、氷祭りというだけあって、展示されるのは雪像ではなく、氷でできた彫刻です。そして、色とりどりの蛍光灯やLEDでライトアップされ、より華やかな印象を受けます。
主な会場は、市内の太陽島公園、兆麟公園、氷雪大世界の3か所です。特に氷雪大世界は市内を流れる松花河の河川敷で開催され、ここに展示される氷像は、厳しい冬の寒さで凍った松花河の天然の氷が使用されます。

Ice_Festival_02

Ice_Festival_03

Ice_Festival_04

Ice_Festival_05

正式な開幕は上記のとおり1月5日頃ですが、実際には準備が整う12月末頃から見学が可能となります。
この時期に中国東北部を旅する予定のある方はもちろんのこと、この氷祭りを目的にハルピンを訪れるのも決して悪くありません。寒さ厳しい時期であることは間違いないですが、それを補ってあまりある魅力がこの氷祭りにはあります。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ