世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

May 2015

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編②


上里古鎮は四川省雅安市から北に約30kmの位置しており、かつて古代の南方シルクロードにおいて主要地点として唐の時代からすでに町として栄え始め、現在でも明清時代の歩道や建物が残っていて、四川省の10大古鎮の1つに指定されています。

P5200006

P5200007

P5200009

町には清の時代乾隆年に造られた石造りのアーチ型の二仙橋をはじめ、いくつかの橋が川に架けられ、人々の生活に欠かせない存在です。中国江南水郷に合う趣を作り出しており、どこを切り取っても絵になります。透かし彫りや浮彫や嵌め込みなどの技法を活用した建造物の造形美も注目です。

P5200041

P5200038

P5200049

ここは水運に恵まれているほかに、肥沃な土地を活かした農業が発達し、清の時代になると次第に賑やかな町として栄えてきた歴史があります。

散策してみると店頭では漢方薬、名物タケノコ、納豆類、なかには「犬の糞」と商品名がついたお菓子があり、食べてみると以外に美味しかったです。

P5200036

P5200012

P5200015

P5200017

P5200019

P5200021

P5200024

P5200027

P5200030

P5200032

P5200033

P5200039

P5200047

P5200048

P5200050

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編①


昨日、中国は四川省カンゼ・チベット自治州からの旅から帰国しました。今回のツアータイトルは「東チベット探訪 佛学院ラルン・ガル・ゴンパと川西高原を訪ねて 9日間」です。

四川省北西部に位置する佛学院ラルン・ガル・ゴンパを目指して、陸路、成都から片道3日かけての移動です。途中、瀘定、丹巴、道孚、マルカムに滞在しました。このあたりは、昔ながらのチベット世界が広がる地帯です。広大な高原と標高4,300メートルを越える峠越えがあります。

ラルン・ガル・ゴンパは、広大な丘の斜面を埋め尽くすかのように、僧坊群が広がります。1980年代に開かれたばかりですが、ケンポ・ジグメ・プンツォク師を慕って僧・尼僧が8,000~10,000人が暮らしています。

今回はお釈迦様の誕生日(旧暦)にあたり、各地から多くの僧侶が結集していました。はじめての鳥葬の体験など含め、後日、詳しくラルン・ガル・ゴンパについてご案内します。

写真は丘の上から撮ったラルン・ガル・ゴンパです!

P5240150

P5240166

P5240168

P5240200

P5240214

P5240243

P5240260

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑫(最終回)


美味しい日本食をいただいた後は、帰国前最後の、と言うよりこのインドの旅で初めての買い物の時間となりました。
行った場所は、「カーン・マーケット(Khan Market)」。
そんなに広いエリアではありませんが、売っている商品のクオリティが高く、安心して買い物をすることができます。インドを旅する女性たちにも最近人気のスポットなのだとか。

これで本当に今回の視察旅行のプログラムはすべて終了です。
帰国の途に就くためにインディラ・ガンディー国際空港へと向かいます。
この空港は、免税店も非常に充実しており、搭乗前の時間も有効に活用することができます。少々お値段は高めですが、買い忘れたインド土産もほとんど空港で揃えることができそうです。2階には、フードコートも揃っています。

DELHI_AIRPORT_01

DELHI_AIRPORT_02

やはりインドらしい、お釈迦様の頭像も鎮座しています。

DELHI_AIRPORT_03

お釈迦様の頭像に見送られ、我々が乗ったエア・インディアAI-306便はほぼ定刻どおり、インドを後にし、一路成田空港を目指しました。
機内では、離陸後及び着陸前の2回の機内食が提供されましたが、爆睡のため、着陸前の2回目の食事は食べ損ねてしまいました(笑)

IN_FLIGHT_MEAL_01

IN_FLIGHT_MEAL_02

====================

今回は、3泊5日という短く、慌ただしい日程でのインド滞在となりましたが、世界中で評価が高く、一度は泊まってみたいと憧れるアマンリゾーツについて詳しく知ることのできる有意義な旅でした。
今回のインド訪問は、前回のインド訪問からかれこれ15年ぶりとなりましたが、首都デリーだけ見ても以前のイメージから大きく変化していました。かつては、首都といえども自由に闊歩していた牛たちも、今やその姿を消していました。そんな、過去の記憶を呼び起こしながら、色々な比較を楽しみながらの旅でした。

お世話になりました、アマンリゾーツの皆様、エア・インディアの皆様はじめ関係各位に心より御礼申し上げます。

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑪


マハラジャ・エクスプレスの視察の後は、ランチです。
インド滞在最後の食事となったこのランチには、『円』という日本食レストランに伺いました。
ことインド旅行に関しては、毎日、下手をすると3食カレー、ということも珍しくありませんが、そんな食生活を続けている中での日本食は本当に胃も心もホッとできるひと時です。

レストラン『円』は、日本でもインド料理店を経営しているサンダール氏が経営するレストランで、デリー市内の世界遺産クトゥブ・ミナールのすぐ横に位置しています。店内からも場所によっては窓越しにクトゥブ・ミナールの姿を見ながら食事をいただくことができます。

JAPANESE_05

世界中には数多くの日本食レストランがありますが、「なんちゃって」日本食も多く、食べてみてがっかりすることも少なくありません。
そんな中で、この円では、食材を日本から空輸しているものも多く、また、日本人のスタッフも常駐しており、味も雰囲気も本格的な日本食を堪能することができます。

見た目にも美しい、ランチのミニ・コースをいただきました。

JAPANESE_01

JAPANESE_02

JAPANESE_03

JAPANESE_04

なお、レストランには屋上にテラスがあり、そこからのクトゥブ・ミナールの眺めもまた格別です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑩


2泊のアマンバーグでの滞在を満喫し、再び首都デリーへと戻ります。
アマンバーグから最も近い鉄道の駅がアルワール、車で約2時間の道のりです。

ALWAR_01

ALWAR_02

往路、デリーからサワイマドプールまでは寝台車両を利用しましたが、ここアルワールからデリーまでは通常の座席車両を利用します。
しばらくホームで列車の到着を待っていると、我々が乗車する列車がホームに入ってきました。見ると、いくつかの車両が二階建て仕様になっています。我々が乗り込んだのは、二階建て仕様の二階部分でした。

TRAIN_01

TRAIN_02

スーツケースを持っての乗車となりましたが、もちろん、スーツケースの専用置場などありません。頭上の荷物置き場に置いたり、座席と座席の間の空きスペースに置いたりと、これだけでも一苦労です。
それ以上に大変なのは座席の確保。
2-3席の配列の座席は、もちろん指定座席なのですが、その席には当然のように他のインド人が座ってしまっています。その人たちをどかすのに一苦労なのです。

TRAIN_CHAIRS_MOZA

列車もアルワールの駅を出発し、荷物も座席も落ち着いたところで朝食をとることにします。
この日も5時過ぎのホテル出発だったため、アマンバーグから朝食のお弁当を持ってきました。往路のものよりはグレードはアップしているものの、デニッシュ数種にバナナ、リンゴ、ジュースです。やはり、この程度なのでしょうかね。

TRAIN_04

11時前、列車はデリーに到着しました。この時の到着駅は、「デリー・カント駅」です。

TRAIN_05

デリー到着後は、当初の予定には入っていなかった、超豪華列車『マハラジャ・エクスプレス(Maharaja Express)』の視察となりました。思ってもいなかったチャンスに感謝です。

MAHARAJA_EXPRESS_01

マハラジャ・エクスプレスは、2010年に運行を開始した、インドで最も新しく、最も豪華な観光列車です。ラジャスタン州の藩王の名前を冠した列車だけあって、その設備及びおもてなしは最高級そのもの、列車に乗車していながら、マハラジャのような豪華な暮らしを満喫できるのです。それはまるで、自分が列車に乗車していることなど忘れてしまうかのようです。

3泊から7泊までの5種類のコースが用意されており、停車地ごとに案内されるインド各地の魅力溢れる観光も楽しみの一つです。

写真からその豪華さを実感してみてください。

MAHARAJA_EXPRESS_02

MAHARAJA_EXPRESS_03

MAHARAJA_EXPRESS_04

MAHARAJA_EXPRESS_05

MAHARAJA_EXPRESS_06

MAHARAJA_EXPRESS_07

MAHARAJA_EXPRESS_08

MAHARAJA_EXPRESS_09

MAHARAJA_EXPRESS_10

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ