世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

October 2015

添乗員現地最新レポート シベリア/バイカル湖とオリホン島編②



「添乗員現地最新レポート シベリア/バイカル湖とオリホン島編①」のエントリーからだいぶ時間が経ってしまいました。内容はこちらからご覧ください。
本日から、続きをお届けします。

====================

イルクーツクから車で約5時間、MR村のフェリー乗り場に到着しました。

MR村側

MR村側 お土産屋

ここからオリホン島の西端までフェリーで約15分。私たちは、オリホン島内では別の車を使用したのでイルクーツクからの車をここで降り、荷物とともにフェリーに乗り込みました。

MR村側2

MR村側3

この国営のフェリーは毎30分間隔でMR村とオリホン島を運航しています。車が5~7台程度乗る船で、オープンエアです。腰かけるイスはありません。周りをみると中国や韓国からの団体旅行者を見かけました。近年、大韓航空の仁川~イルクーツク直行便があるためか、韓国人観光客が多いようです。

船上

船上2

船上3

船上4

船上5

船上6

船上7

この時、あいにく天気は曇空に靄がかかった様子でした。これは後でわかったのですが、シベリア北東部で発生している山火事の影響により、連日オリホン島の天気はこんな感じなんだとか…。そして、対岸で待っていたのは、数件の出店と牛、私たちが乗るロシア産のウワジ車(年期十分)。これに乗り込み、島の中央あるフジル村へとガタガタ悪路を走りました。

オリホン側

オリホン側2

オリホン側3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第66、67日目


2015年10月27日(火) 第66日目

イスタンブール滞在最終日、そして、シルクロード大横断のツアー最終日でもある今日は、終日の自由時間。
皆様は名残を惜しむかのようにそれぞれの最後の休日をお過ごしになりました。

そして、ツアー最後の晩餐。
長いようであっという間に過ぎ去ってしまった2ヶ月以上にも渡った旅を振り返りながら、思い出話しに花を咲かせていました。前半の添乗員・山﨑からビデオメッセージも届き、ここでご覧いただきました。

弊社からは、シルクロードを大横断するというこの壮大な旅を完走された証明として、『シルクロード大横断証明書』をそれぞれの皆様にお渡しさせていただきました。一生の思い出の一つに加えていただければと思います。

SILK ROAD CERTIFICATE

6名様のうち、4名様は引き続き旅を続けられ、ローマを目指します。
22時30分、2名様と添乗員はホテルを出発。アタトュルク国際空港へ向かい、定刻通り、帰国の途に就きました。

====================

2015年10月28日(水) 第67日目

私たちの乗ったターキッシュ・エアラインズTK-052便は順調に飛行を続け、定刻よりも少し早い19時30分、無事に成田国際空港に到着しました。

====================

シルクロードを67日間かけて大横断するという、旅人の壮大な夢を実現する旅が遂にここに終わりを迎えました。


思い起こせば、まだ残暑厳しき羽田空港を出発したのが8月23日、あれからもう2ヶ月以上の月日が過ぎたことになります。何気ない日々を送っていれば、あっという間に過ぎ去ってしまうこの期間、ご参加の皆様は雄大な旅へと出発され、古の人々が往来したシルクロードという浪漫溢れる歴史の道を辿り、古の人々の息遣いを追体験されたのでした。


この旅を振り返られた時、皆様は何を思い出されるのでしょう?国境を越え、新たな国へ足を踏み入れる時の胸の高鳴りでしょうか?人類の営みがちっぽけに思えてしまうほどの大自然の雄大さでしょうか?旅のあちこちで出会った人々の屈託のない笑顔でしょうか?「シルクロード」という歴史に自らの名を記したという達成感でしょうか?
そのいずれであったにせよ、皆様がこの旅を通じて見たもの、聞いたもの、味わったもの、感じたもの…その全ては紛れもない事実であり、そしてまた、その全てが皆様を歴史の過去へとタイムトリップさせてくれるものであると同時に、未来にも脈脈と続いていくものであると思うのです。


ここに、「シルクロード大横断2015」の旅も無事に幕を下ろすことができます。
ご参加いただきました皆様、この旅の成功のために尽力していただいた各国の仲間たち、そして…道中出会った全ての友人たちに心から御礼申し上げます。
ありがとうございました!


(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第65日目


2015年10月26日(月) 第65日目

無事にお元気でイスタンブールにゴールインされた皆さん。今日がツアーとしての最後の観光となります。終日、イスタンブールの市内観光です。

まずはブルーモスクから。正式名称をスルタンアフメット・ジャーミィといい、6本のミナレットをもっていることが特徴で、イスタンブールの象徴ともなっています。

2015102707035500

2015102707041100

2015102707043400

2015102707044200

2015102707044900

2015102707050200

そのまま歩いてアヤソフィアを外観から見学し、トプカプ宮殿へ。アヤソフィアは、かつてはギリシア正教の大本山として君臨し、その後、ジャーミィに変えられた同じくイスタンブールの象徴的な建物です。現在は、博物館として一般公開されています。

2015102707052000

2015102707055300

2015102707054400

2015102707062100

トプカプ宮殿は、15世紀の半ばから20世紀の初頭にかけて、オスマン帝国の支配者の居城として建設されたもので、約400年間にわたって政治や文化の中心を担いました。

2015102707063700

2015102707065100

2015102707070100

ここでは通常よりも長い1時間半の自由時間をお取りし、じっくり、たっぷりと見学していただきました。

昼食は、日本でトルコ料理といえばまず頭に浮かぶ、ドネルケバブを。意外なことに、トルコ入国依頼、初めてのドネルケバブでした。

2015102707071800

昼食後の一時は、ゆったりとボスポラス海峡クルーズを堪能。ガラタ橋の近くから出港し、左にヨーロッパ側を見ながらクルーズ船は第一ボスポラス海峡大橋を過ぎ、第二ボスポラス海峡大橋へ。ここでUターンし、今度は左手にアジア側を見ながら再びガラタ橋近くへと戻ってきました。お天気の良い日の午後、約2時間のクルーズを満喫しました。

2015102707081600

2015102707083300

2015102707082400

2015102707084800

2015102707085700

2015102707091700

2015102707093900

2015102707095200

2015102707101000

2015102707102400

ガラタ橋付近には、イスタンブールきってのB級グルメである「サバサンド」の露店があります。ここで、ものは試しにと購入して試食を。思ったよりも美味しかったとの声が上がりました。

2015102707104200

2015102707105000

2015102707105900

観光の最後は、エジプシャンバザールへ。別名スパイスバザールとも呼ばれています。香辛料やお土産物などを扱うお店が所狭しとひしめきあっています。ここで自由時間をお取りしました。

2015102707111200

ホテルでしばしの休憩の後、今日の夕食はベリーダンスのショーを鑑賞しながらのお食事。ベリーダンスだけでなく、トルコ各地の伝統舞踊も披露されました。観光最後の日の夕食には相応しいものとなったのではないかと思います。

2015102707113100

2015102707114500

2015102707115600

泣いても笑っても明日がツアー最後の1日。終日休息日となっており、皆さんそれぞれのプランで最後のイスタンブールをお楽しみになる予定です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。 


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります! 

 

海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第64日目


2015年10月25日(日) 第64日目

昨晩古都を濡らしていた雨はすっかり上がり、快晴の朝を迎えました。朝靄の中に立ち上るキャラバンサライからの湯気は、まるで古の時にタイムトリップしたのではないかと錯覚させるものでした。

2015102606154100

今日はサフランボル旧市街の散策から1日のスタートです。
「ボル」とはトルコ語で「●●がたくさんあるところ」を意味し、サフランボルの名はかつてこの地にサフランの花が群生していたことから付けられました。今でも、サフランの花を使った香水やお茶が名産品となっています。1994年、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

2015102606151900

2015102606152600

2015102606162800

2015102606160700

散策の里は、フドゥルルックの丘へ上がり、サフランボルのパノラマを堪能。

2015102606165400

2015102606171600

2015102606172300

と、ここで結婚式の写真を撮っているカップルに遭遇。いつものことながら、私達も写真を撮らせてもらいました。お幸せに。

2015102606173400

2015102606174100

昼食を挟み、いよいよこの旅のゴール地点イスタンブールを目指します。車の渋滞が激しくなってきました。ボスポラス海峡大橋を渡るための渋滞です。そう、現代ではこれこそがイスタンブールがもう目前であることを私達に教えてくれるものなのです。

2015102606180300

2015102606181300

16時30分、私達のバスは第一ボスポラス海峡大橋を渡り、アジア側からヨーロッパ側へとついに到達したのでした。夕暮れにボスポラス海峡はキラキラと光、遠くにはイスタンブールのシンボルでもあるアヤソフィアが堂々と鎮座していました。

2015102606182500

2015102606183300

64日間をかけ、ユーラシア大陸をひた走ってきたこの旅も、目的地としてのイスタンブールに到着、ゴールを果たしました。
しかしまだ、旅は続きます。かつてのコンスタンティノープルのこの地で、2日間を過ごすのです。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!

 
海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第63日目


2015年10月24日(土) 第63日目

昨日中止となってしまった気球ツアー。今朝、再チャレンジということでしたが…
今朝も天候不良のために中止。早々に電話で中止の連絡がありました。残念!
ぜひまたカッパドキアに来ていただき、この雪辱を晴らしてください(笑)

今日は 先日テロがあった首都アンカラを経由して世界遺産の古都サフランボルへ向かいます。この旅のゴールであるイスタンブールもいよいよ近づいてきました。
アンカラへ行くかどうか、ずっと現地情勢の確認をしてきましたが、問題ないとの最終判断で、予定通りの行程としました。

アンカラでは久しぶりの中華料理の昼食。レストランの名前は、「クイック・チャイナ」。

2015102507050900

2015102507052100

名前のチープさとは裏腹に、比較的高級なレストランでした。

2015102507053200

2015102507053900

中華料理とはいうものの、味噌汁や握り寿司も供され、和食と中華のミックスといったところでしょうか。炒めもの数種類や焼きそば、チャーハンなども出て、久しぶりのアジア料理を堪能しました。皆さんにも合格点をいただけたようです。

2015102507061200

2015102507055200

2015102507060100

2015102507062200

2015102507063600

2015102507075400

2015102507080000

2015102507080900

食後は市内にあるアナトリア文明博物館の見学へ。

2015102507082500

ここは15世紀の隊商宿と貴金属市場を改装して作られた博物館で、トルコ全土から出土した考古学的に重要な品の数々が展示されています。昨年、大幅な階層を終えて、リニューアルオープンしました。私達がこれまで見学してきた遺跡のオリジナルの出土品も見学しました。

2015102507083600

2015102507084500

2015102507090800

2015102507091700

2015102507092700

2015102507095000

2015102507100400

今日は久しぶりに夜になってからのホテル到着。宿泊ホテルが経営する別レストランで先に夕食をいただきました。

2015102507102100

その後、歩いてホテルへ。古都の町並みの景観を損なわないよう、ここサフランボルのホテルは、できるだけ古い建物をの雰囲気を残して作られています。

2015102507103100

2015102507104100

趣のある古都のホテルでの一晩です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!

 

海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ