ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa / 1919年-2003年)は、スリランカを代表する建築家で、トロピカル建築のパイオニアとして多くのホテル建築を手がけたことで知られています。
本日は、そのバワについて少しご紹介したいと思います。

GEOFFREY_BAWA_01

バワは、1919年、スリランカのコロンボにシンハラ人とヨーロッパ人の血を引く裕福な家庭に生まれました。
当初より建築を志していたわけではなく、19歳の年の1938年、イギリスのケンブリッジ大学へ留学し、英文学を専攻しました。大学卒業後には、弁護士として生計を立てていましたが、1946年にスリランカへ帰国し、その後すぐ、1年半に及ぶ世界一周の旅へと出かけます。

この世界一周旅行に触発されたバワは、自分だけの理想郷を造りたいとの思いを強くし、帰国後、ベントタに土地を購入して理想郷の建設に着手します。
しかし、建築の知識が欠けていることを実感し、再び渡英、建築の勉学に励みます。これがバワの建築との関わりの始まりであり、既に38歳となっていた1957年から建築家としての活動を精力的に開始して、スリランカ独自の文化や自然を反映し、緻密かつダイナミックに構成された空間を次々に生み出していきました。

バワの独特な建築哲学、リゾート哲学は世界中の多くの建築家などに多大なる影響を与えています。
世界的に有名なアマンリゾートの創始者エイドリアン・ゼッカー氏は、リゾート発想のヒントをバワから得た、と明言しています。つまり、アマンリゾートのリゾート哲学の中にバワの哲学が盛り込まれている、ということになります。

因みに、今や優れたリゾート・ホテルに数多く見られるようになった「インフィニティ・プール」は、バワのアイデアによるものです。インフィニティ・プールとは、プールサイドに手すり等がなく、プールに入っていると視界を遮るものがない、海の向こうの地平線(インフィニティ)が見える、絶景プールのことを言います。

INFINITY_POOL

前述したベントタの地にバワの別荘として造られた理想郷は、ルヌガンガと呼ばれ、残念ながら完成の日を見る前にバワが他界してしまったため、未完のまま今も残されており、ここではバワが建築したホテルで見られるデザインの原点とも言うべき作品を数多く見ることができます。

LUNUGANGA_01

その他、スリランカ国内には、バワが建築したホテル、カフェ、寺院、国会議事堂などの建物が数多く残されています。

HERITANCE_KANADALAMA

LIGHTHOUSE

Seema_malaka

近年、徐々に日本でも注目を集めつつあるスリランカ。
バワの建築したホテルにこだわって宿泊し、バワの建築した建物を巡りながらバワをテーマにスリランカを回ってみるのも楽しいものになるはずです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ