オリホン島の人口は2000人程です。そのうち9割がフジル村に暮らしています。今回お世話になったニキータ・ゲスト・ハウスはバイカル湖畔に面した木造作りのコテ―ジタイプの宿泊施設です。敷地内の建物はどれも手作り感あふれる温かみのあるもので、カフェや土産屋、音楽ルーム、プレイルームを備えています。オーナーのニキータさん(男性)は非常に愛想もよく、日本でテニスを教えていた経験があり、日本語を少し話せます。音楽鑑賞が趣味の1つということもあり、連日夜になると音楽ルームではバンドでのジャズやピアノのソロ演奏を楽しめました。

ゲストハウス

P8250047

P8250049

P8250051

P8250052

P8260103

P8270113

P8270114

P8260106

朝、敷地内を抜けバイカル湖畔に出るとパノラマの景色が望めます。とても眺めがよく散歩や瞑想する人々を見かけました。あいにく、前述した山火事の影響のため、靄がかかったような天気でしたが、それはそれで幻想的なものでした。

バイカル湖

バイカル湖2

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ