朝、7;00頃フジル村を散策。まだ、人気はほとんどありませんでした。家の前を掃除する人や漁から帰ってきた車にすれ違うぐらい。近くの港まで行き、廃墟になった市場らしき建物と漁船を写真に撮りました。

朝日

メイン通り

近所の犬

松ぼっくりと缶づめ

魚市場 廃墟

港

気になったのは人家の前に放置された屋台の骨組みのようなもの。

冬用テント骨組み

はじめて見た時はゴミかと思いましたが、同じものを別の家の前でも発見…。どうやら、これは冬釣りをするときに使うテントの骨組みだそうです。ストーブが付いているので、カバーをかけて利用すると半袖で釣りが楽しめるとか。

オリホン島では漁師で生計を立てる人も多く、魚は大切は主食の1つですからね。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ