次なる訪問地ヒヴァは、ウズベキスタン西部ホラズム地方のオアシス都市です。16世紀初頭から20世紀初頭まで存在したヒヴァ・ハン国の首都であり、町全体が昔のまま残っているイチャン・カラ(旧市街)は、「博物館都市」に指定されています。1990年、世界遺産にも登録されました。後日紹介するブハラと並ぶ中央アジアの宗教都市であり、「聖都」の名前でも知られています。

旧市街

旧市街2

イチャン・カラは高さ8m、全長2.2kmほどの城壁で囲まれており、モスクや神学校など歴史的建造物や古い住居が数多く残っています。私たちは古代の歴史に触れながら、散策を堪能しました。

旧市街3

旧市街4

ナンを焼く女性

今日は、旧市街の様子と213本の木の柱が美しいジュマ・モスク、タシュ・ハウリ宮殿、17世紀に建てられたキョフナ・アルクと呼ばれる古い宮殿、そしてテラスから眺めるヒヴァの景色をご紹介します。

タシュハウリ宮殿

タシュハウリ宮殿2

タシュハウリ宮殿3

タシュハウリ宮殿4

キョフナアルク モスク

キョフナアルク謁見の間

ヒヴァ全景

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ