salinas_grandes_02

さて、この写真、一体どこの写真でしょうか?
「ウユニ塩湖!」と答えた方、なかなか昨今の旅行のトレンドをご存知の方だと思います。
しかし!
今の流行よりも一歩先を目指すのが、個性派の陸旅倶楽部です。

今や、世界の塩湖といえばまず名前が挙がるのがボリビアにあるウユニ塩湖でしょう。日本では、テレビ・コマーシャルの撮影場所に使用されたことから、一気に火がつきました。
今回ご紹介するのは、ボリビア、チリなどと国境を接する南米の国、アルゼンチンにある『サリーナス・グランデス』です。

salinas_grandes_01

サリーナス・グランデスは、アルゼンチン北部のフフイ州にある、ボリビアのウユニ塩湖、同じくアルゼンチンのアリサロに次ぐ、世界で3番目に大きな塩源です。最もアクセスしやすいフフイ州のプルママルカから車で片道3時間程度、標高4,000mを越す峠を越え、徐々に標高を下げて行くと、真っ白な塩に覆われた湖とそこに揺蕩う透明度抜群の真っ青な水のコントラストが目に飛び込んできます。
日本をはじめとした多くの観光客が押し寄せているウユニ塩湖に比べ、静かに大自然の驚異を満喫することができるのがこのサリーナス・グランデスの魅力の一つです。

salinas_grandes_03

salinas_grandes_05

塩田の水はすべて雨水。
約1年ほどすると塩の結晶が出来上がると言われています。

salinas_grandes_04

salinas_grandes_06

ウユニ塩湖のように塩で作ったホテルのようなものはまだここにはありませんが、それでも、塩の塊を削って作るリャマの置き物や様々な彫刻なども観光客の目を楽しませてくれます。

サリーナス・グランデスが観光客でごった返してしまう前に・・・
是非とも訪れておきたい場所の一つです。

因みに、サリーナス・グランデス観光の拠点となるプルママルカには、世界自然遺産に登録されているウマワカの谷が、そして、お隣りのサルタ州には、世界で最も高いところを走る『雲の列車』があります。
せっかくなら、一緒に訪れてみたい場所です。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ