トリプラ州の州都アガルタラの見どころにウジャヤンタ・パレスがあります。

宮殿6

アガルタラのシンボル的な存在で、1901年マハラジャ・ラーダ・キショール・マニキャにより、ヨーロッパ様式の宮殿として建てられました。現在は内部は博物館となっており、トリプラ州の歴史や自然について、また、歴代のマハラジャの肖像画や少数民族の生活、近郊から発掘された仏教遺跡からの出土品などが展示されています。
また、タゴールがアガルタラを訪ねた際、古い方の宮殿に滞在したそうです。

宮殿

宮殿2

宮殿3

宮殿4

宮殿5

宮殿7

宮殿8

宮殿9

宮殿10

宮殿11

宮殿12

私たちは、宮殿の横のヒンドゥー教寺院のジャンガナート寺院も訪問しました。

PC090196

PC090199

PC090203

PC090204

PC090208

PC090214

PC090215

PC090217

PC090218

PC090219

PC090220

PC090221

PC090222

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ