Iran_Photo

イランの街中を歩いていると、黄色と青のポストらしきものをよく目にします。
これは一体、何だと思われますか?

実はこれ、寄付を募るための募金箱なんです。
イスラム教の教義に定められている五行(イスラム教徒としてやらなければならない5つの行い)の一つに定められている任意の寄付金を集めるためのものとして知られており、「ホメイニー師救済委員会」という組織により設置され、経済的に恵まれない人々への支援を目的としています。

募金箱に入れられたお金は、一定期間に一度救済委員会の職員によって回収され、恵まれない人々に提供されます。この救済委員会は、1979年のイランイスラム共和国の建国者ホメイニー師により、社会的に弱い立場にある人や収入の低い人々を救済するために設立されました。

困っている人や恵まれない人を常に助けようとする素晴らしい行為は、イラン人の間には既に浸透しており、街中以外にも高速道路の料金所などにも募金箱が設置され、市民たちは余裕のあるお金ができると寄付しています。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ