ボリビアの首都ラパスで世界遺産ティワナク遺跡に訪問しました。ティワナク文化の起源は紀元前にまで遡るとされますが、まだはっきりとはわかっていません。その最盛期は、おおよそ750年頃から1100年頃で、北はペルー領のチチカカ湖北岸や現在のモケグア県、南はチリのサン・ペドロ・デ・アタカマやアルゼンチン北部、東は現在のボリビアのコチャバンバ地方にまで影響が及んだと言われています。

P1290865

P1290866

P1290868

P1290869

P1290871

P1290872

P1290873

P1290874

P1290875

P1290877

P1290878

P1290883

P1290885

P1290887

P1290888

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ