先日のペトラ・バイ・ナイトのエントリーで、ペトラが「新・世界の七不思議」の一つに選ばれている、ということを書きました。今日は、その「世界の七不思議」について少し書きたいと思います。

Giza_Pyramids

世界の七不思議とは、紀元前2世紀にビザンチウムのフィロンという人物が書いた『世界の七つの景観』の中で選ばれた、古代地中海地方に存在していた7つの注目すべき巨大建造物を指しています。それらはすなわち、
  • ギザの大ピラミッド
  • バビロンの空中庭園
  • エフェソスのアルテミス神殿
  • オリンピアのゼウス像
  • ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
  • ロドス島の巨像
  • アレキサンドリアの大灯台

の7つの建造物です。これらのほとんどは地震などの自然災害や破壊などにより消滅してしまっており、ギザの大ピラミッドのみが現存するものとなっています。

これらが選ばれた古典古代期には、ヨーロッパの人々の地理的知識は非常に限られたものであり、彼らにとっては地中海世界こそが世界なのであって、「世界の」とは言いながらも、地中海世界に限られたものとなっていました。

しかし、時代が下り、ヨーロッパの人々の地理的知識が広がってくると、中世には本当の意味で「世界の」七不思議が新たに選ばれました。すわなち、

  • ローマのコロッセウム
  • アレキサンドリアのカタコンベ
  • 万里の長城
  • ストーンヘンジ
  • ピサの斜塔
  • 南京の大報恩寺瑠璃塔(陶塔)
  • イスタンブールの聖ソフィア大聖堂

の7つです。この中世に選ばれた七不思議は、南京の陶塔以外は現存しています。


2007年7月7日、スイスの「新世界七不思議財団」によって、世界中からの投票で新・世界の七不思議が決定されました。21の最終候補から選ばれたのは、

  • 中国の万里の長城
  • インドの廟堂タージ・マハル
  • イタリア・ローマの古代競技場コロッセオ
  • ヨルダンの古代都市遺跡群ペトラ
  • ブラジル・リオ・デ・ジャネイロのコルコバードのキリスト像
  • ペルーのインカ帝国遺跡マチュ・ピチュ
  • メキシコのマヤ遺跡チチェン・イツァ

の7つとなりました。


さて、これら七不思議の「不思議」という言葉には実は注意が必要です。

不思議を辞書で調べると、「想像もできないこと。説明がつかないこと。」とあります。一方で、紀元前にフィロンが書いたのが『世界の七つの景観』と訳されているように、上記のような「不思議」という意味は含まれていませんでした。

しかしながら、日本語には、英語のSeven Wonders of the Worldから翻訳され、その際にWondersを不思議と誤訳してしまい、それが定着してしまったことから『世界の七不思議』となってしまったのです。因みに、wonderには不思議という意味の他に、「素晴らしいもの(景観)」という意味もあり、本来はこちらの訳を適用するべきだったのです。


世界の七不思議とは、その時代その時代における、「是非とも見ておきたい素晴らしいもの」と解釈するのが正しいようです。


個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ