世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

海外おススメスポット

世界最小レベルの島国 ニウエ


2015年5月15日、日本政府は新たな国を国家承認することを決めました。その名は、ニウエ(Niue)。日本にとっては195番目に国家承認した国となります。

NIUE_MAP

ニウエは、南太平洋に浮かぶ小さな島国。その国土面積は259㎢で、島の一周は67kmで、国家としても最小レベル、島国に限って言えば5本の指に入る小ささです。現在の人口は1,500人ほどで、経済の停滞が理由で、その数も徐々に減って来ています。
首都はアロフィ。ここに空港があり、ニュージーランドから定期便が週に2便、就航しています。

イギリス女王を元首とする立憲君主制をとっており、総督は、ニュージーランド総督が兼任しています。1974年の独立以来、ニュージーランドとは自由連合関係を維持しており、軍事・外交を同国に委任しています。そして、国民はニュージーランドの市民権も有しています。

また、ニウエが昨年話題に上ったのは、その通貨を発表したことでした。
片面にエリザベス女王、もう片面にディズニーのキャラクターを刻印した硬貨を発行すると発表したのです。

NIUE_COINS

ニウエの観光的魅力は、手つかずの大自然。

NIUE_01

NIUE_02

NIUE_03

NIUE_04

NIUE_05

先にも書いたように、週に2便しか航空便が就航していないため、スケジュールの組み方が非常に難しいところですが、ほんとんどの方が訪れたことのないこのニウエ、他に先駆けて訪問を果してみたいものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

知る人ぞ知るインカの塩田 ペルー/マラス塩田


ここ数年、南米きっての観光地といえば、そのトップに常に君臨しているのがボリビアのウユニ塩湖。
現地にはかつてないほどの日本人観光客が訪れており、湖畔に建ついくつかの「塩のホテル」はどこも満室状態が続いています。

さて、そのお隣のペルー。
ペルーの観光スポットと言えば、マチュピチュ遺跡やその観光の拠点となるクスコの町が有名ですが、そのクスコの郊外に、知る人ぞ知る、ペルーの塩の観光地、マラス塩田があります。今日はこのマラス塩田をご紹介したいと思います。

SALINERAS_DE_MARAS_01

Salineras de Maras(サリネーラス・デ・マラス)と呼ばれるマラス塩田は、インカ時代の前(プレ・インカ)から続くアンデスでも珍しい塩田として、広く知られています。

SALINERAS_DE_MARAS_02

アンデスの渓谷から突如流れ出す湧き水は高濃度の塩水であったことから、太古の昔、これを渓谷の斜面に作った塩田で天日干にすることで、塩の生産が始まったと言われています。
海から遠く離れたアンデスで唯一生産された貴重な塩は、インカ帝国時代、その生産を帝国が一括管理して、広大な領土に分配ししていたと伝えられています。また、この塩は料理の調味料と言う利用方法以上に、アンデスではチャルキと呼ばれる世界最古の乾燥食品(リャマの肉をフリーズドライしたもの)を製造する際、生肉をこの塩に漬けて水分を抜いてから乾燥させたことから、アンデス地方の食文化には欠かせない重要な材料と位置付けられていたようです(その他、医療やミイラ加工にも使用されたと言う説もあるようです)。

現在、渓谷の斜面に約3800もの塩田があり、そのひとつひとつが地元の人々が所有しているとのことでした。塩田での生産が本格化するのは、毎年5月の終わりから6月辺りで、この時期から雨期が始まる10月頃まで、塩田では本格的な生産が続くそうです。

SALINERAS_DE_MARAS_03

SALINERAS_DE_MARAS_04

SALINERAS_DE_MARAS_05

クスコから片道1時間半ほどで行けるマラス塩田、他の人とは一味違ったペルー旅行を満喫するためにも、是非足を伸ばしてみることをお勧めします。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

世界の街の色⑨ビタミン・カラー フランス/マントン


約4ヶ月ぶりの「世界の街の色」シリーズ、今回のエントリーでご紹介するのは、南仏コートダジュールの町、マントンです。

Menton_01

イタリアとの国境に近いため、町にはフランス人だけでなくイタリア人も多く、また、1860年までモナコ領だったことから、文化の入り混じった独特な雰囲気を醸し出しています。
年間を通じて亜熱帯気候に属するマントンは、フランスでは珍しく冬でも温暖で、南仏でも最も暖かいと言われています。世界中から多くの観光客を集めていますが、かつてもイギリスやロシアの富裕層が避暑地として訪れていたといいます。また、前衛芸術家ジャン・コクトーとゆかりがあり、中世の要塞跡を利用したジャン・コクトー美術館もあります。

マントンの見どころは、丘の斜面に建ち並ぶビタミン・カラーの美しい風景。
ビタミン・カラーとは、明るい黄色、緑色、オレンジ色などかんきつ類に見られるようなビビッドな色調のこと。町を歩きながら眺めるだけでも十分美しいですが、ビーチからゆったりと眺めると、海と空の青さと相まって、より美しい風景を楽しむことができます。

Menton_02

Menton_03

Menton_04

Menton_05

マントンはまた、毎年2月中旬に開催される「レモン祭り」でも有名な場所です。

Menton_06

このレモン祭りについてはまた追ってご紹介したいと思います。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

ナスカの地上絵で新たな地上絵を発見! ペルー/ナスカ


マチュピチュに次いで、世界中から多くの観光客を惹きつけているペルーの世界遺産ナスカの地上絵。
ハチドリや猿、宇宙飛行士など、セスナ機から見下ろす巨大な地上絵は、「いつ、だれが、どうやって作ったのだろう?」と古代への浪漫と夢をかきたてるものです。

Nazca_Lines_01

Nazca_Lines_02

Nazca_Lines_03

そんなナスカの地上絵でこの度、ラクダ科のリャマとみられる新たな地上絵24点が発見されました。
この新たな発見を発表したのは、ナスカの地上絵の謎の解明に取り組んでいる山形大学人文学部付属ナスカ研究所(所長:北川忠明学部長)。昨年12月から今年2月にかけて行われた同研究所による調査によって確認されたもので、確認された場所はナスカの市街地から1.5kmほど離れたアハ地区にある丘の斜面。24点は全長5~20メートルほどで、丘の小石を面的に取り除く手法でつくられていることから、時期としては紀元前400~同200年ごろのパラカス後期と推測できるといいます。

市街地から近い場所で見つかったことから、宅地開発で破壊される恐れが高く、同研究所は今後の保護の重要性を訴えています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

シンガポール、ジャマイカが世界遺産保有国に!第39回世界遺産委員会開催中



八幡製鉄所や軍艦島(正式名称:端島)をはじめとした全23資産の『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』の世界遺産登録で沸いた第39回世界遺産委員会が、6月28日~7月8日の日程でドイツのボンで開催されています。

現在も審議が続いており、今年も数多くの新世界遺産が登録される見込みですが、今回の世界遺産委員会で密かに注目を集めているのが、世界遺産条約批准国でありながらこれまで世界遺産を保有していなかったシンガポールとジャマイカが新たに世界遺産保有国となったこと。
本日は、今年新たに登録されたシンガポールとジャマイカの世界遺産をご紹介したいと思います。

■大都会のど真ん中に鎮座する シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)

Singapore_Botanic_Gardens_01

シンガポール中心部にあるこの植物園は、大英帝国の植民地における熱帯植物園の優れた例証であるとともに、東南アジアにおける熱帯植物の調査・研究に果たしてきた役割の大きさも評価され、ICOMOS(国際記念物遺跡会議)からは「登録」を勧告され、今委員会で正式に登録となりました。

63.7ヘクタール(東京ドーム約13個分に相当)もの広大な敷地をもつこの植物園は、3つのエリアに分かれており、1周するには3時間以上かかる、と言われています。
朝5時~夜中の12時まで開園しており、年中無休。国立ラン園以外は入場も無料なので、観光客のみならず、地元の人々の憩いの場となっています。この植物園で結婚の記念写真を撮影するカップルも多いのだとか。

Singapore_Botanic_Gardens_02

■ブルーマウンテン・コーヒーの故郷 ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ(ジャマイカ)

コーヒーの銘柄ブルーマウンテンで知られるブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山脈などを含む保護区で、第35回世界遺産委員会の審議では登録が見送られましたが、今回は文化・自然の両面で「登録」が勧告されましたた。文化的には奴隷解放の歴史と密接に結びついていることが評価され、自然的には生物多様性の点で評価された「複合遺産」としての登録となりました。

Blue_Mountains

その他の新しい世界遺産についても、随時ご紹介していければと思います。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ