世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

カルチャー

今年のラマダンが明日から始まります。


Ramadan_2015

年に一度のイスラム教の断食月『ラマダン』が明日から始まります。
約1か月間、イスラム教徒たちは日の出から日没までの間、一切の飲食を断つ日々を続けることになります。

 ⇒ラマダンについては、昨年のエントリーをご覧ください。

さて、イスラム暦は太陰暦のため、このラマダンの月も毎年移動して行きます。
夏至を挟むこの時期にラマダンがぶつかる今年、思いがけない問題が浮上しているといいます。それは・・・

 「白夜の時期にあたる北欧では、1日のうち、いつからいつまでを断食の時間とするのか」

という問題です。
この時期、北欧ではほとんど太陽が沈まないため、ずっと昼と同じ状況が続きます。ラマダン中は、日の出前に食事を済ませ、日中は断食をして日没後に豪華な食事を摂る、という生活になりますが、その区切りが北欧に住むイスラム教徒には分からないというのです。

確かに、言われてみればその通り、丸々1日断食を続けるわけにもいかず、現地のイスラム教指導者たちは、対応に苦慮、新たな指針の策定を急いでいるそうです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

横浜にアフリカがやってくる!アフリカン・フェスティバルよこはま2015



African_Fest_Logo

4月3日(金)~5日(日)の3日間にわたり、横浜みなとみらい地区にある赤レンガ倉庫を舞台に、『第8回アフリカン・フェスティバルよこはま2015』が開催されます。

各国の大使館をはじめ、食べ物や雑貨などの店舗が多数出展し、各国の最新情報を入手したり、普段はなかなかお目にかかれない各国の物産品を購入できるだけでなく、アフリカ音楽やダンスのライブ、ファッションショー、写真展、ゲームコーナー、民族楽器やダンスのワークショップなど、子供から大人まで存分に楽しめる内容が盛りだくさんです。

入場は無料ですので、お花見のお出掛けのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■日時:2015年4月3日(金)~4月5日(日)
     11:00~19:00(最終日は17:00まで)
■場所:横浜赤レンガ倉庫1号館
■入場料:無料
■公式ホームページ:http://africanfestyokohama.com/

Red_Brick_Warehouse_1

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

極寒の地を彩る厳冬の風物詩 ハルピン氷祭り/中国


日本の冬の最大のイベントといって真っ先に思い浮かべるものは何でしょうか?
殆どの方が札幌の雪まつりを挙げるのではないでしょうか?
雪で作った大小の像が会場を埋め尽くすこのお祭りは、1950年に第1回目が開催されたのを皮切りに今年で第66回目を迎え、今年は2月5日~11日の日程で開催が予定されています。

翻って世界に目を向けてみると、お隣り中国にも冬の風物詩とも言えるイベントがあります。
東北部ハルピンで毎年1月5日頃から2月末頃まで開催される『ハルピン氷祭り』です。

Ice_Festival_01

1985年に第1回目が開催されたこの氷祭りは、「世界三大氷祭り」にも数えられており、中国国内のみならず、外国からも毎年多くの観光客を集める人気イベントです。日本からもこのお祭りを見学するツアーも設定されていたりします。

札幌の雪まつりと異なり、氷祭りというだけあって、展示されるのは雪像ではなく、氷でできた彫刻です。そして、色とりどりの蛍光灯やLEDでライトアップされ、より華やかな印象を受けます。
主な会場は、市内の太陽島公園、兆麟公園、氷雪大世界の3か所です。特に氷雪大世界は市内を流れる松花河の河川敷で開催され、ここに展示される氷像は、厳しい冬の寒さで凍った松花河の天然の氷が使用されます。

Ice_Festival_02

Ice_Festival_03

Ice_Festival_04

Ice_Festival_05

正式な開幕は上記のとおり1月5日頃ですが、実際には準備が整う12月末頃から見学が可能となります。
この時期に中国東北部を旅する予定のある方はもちろんのこと、この氷祭りを目的にハルピンを訪れるのも決して悪くありません。寒さ厳しい時期であることは間違いないですが、それを補ってあまりある魅力がこの氷祭りにはあります。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑤


イスラム教徒の多いイランの中で、ヤズドにはゾロアスター教徒が約2万人暮らしています。
ゾロアスター教が生まれたイランには、かつて、多くのゾロアスター教徒が暮らしていましたが、イスラム教の拡大により減少し、10世紀以降、彼らはインドの西部へと移住していきました。インドでは、ゾロアスター教徒のことをパールシーと呼び、ムンバイはその一大拠点となっています。

さて、ヤズドにあるゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)は、1934年インドのゾロアスター教徒の手によって建設され、西暦470年から燃え続けていると言われる火を見ることができます。

外観

聖なる火

ゾロアスター教徒では火を神聖視しており、別名拝火教とも呼ばれています。因みに、日本の有名自動車会社MAZDA(マツダ)は、その社名がゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーに因んだものだそうです。

寺院の横には博物館があり、ゾロアスター教に関する展示物を見ることができます。

博物館内

博物館内2

博物館内3

博物館内4

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

年に一度の大仏画の開帳 パロ・ツェチュ ブータン王国


Paro_Tsechu_01

数年前に国王夫妻が来日して、日本でも一時期話題となったブータン。
物質的な成長ではなく、幸福の度合いを発展の指標とする『国民総幸福量(Gross National Happiness: GNH)というこれまでになかった概念を打ち出していることもで知られる国です。
「雷龍の国」とも呼ばれ、世界で唯一チベット仏教を国教とし、生活の中にも仏教が深く根付いている信仰心の篤い国でもあります。

King_Wangchuck ジムゲ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王

伝統文化を守って行こうとする国の政策は徹底しており、外出する際には男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれる民族衣装を着用することが義務付けられています。

Bhutan_people男性の衣装が「ゴ」、女性の衣装が「キラ」

そんなブータンでは、1年を通じて各地で大小様々なお祭りが行われていますが、その中でも春に行われる「パロ・ツェチュ」と秋に行われる「ティンプー・ツェチュ」の2つが特に有名で、国内外から多くの観光客を集めます。
そのうちの一つ、パロ・ツェチュが先日開催されました。

ツェチュでは、「チャム」と呼ばれる宗教的な仮面舞踊が披露されます。

Paro_Tsechu_04

この舞踊は、ブータンに仏教を伝えたとされる伝説のグル・リンポチェの生涯を描いたもので、ブータンでは、ツェチュに参加し、チャムを見ることで功徳を積み、恩恵を受けて罪を洗い流すことが良いこととされています。

Paro_Tsechu_03

Paro_Tsechu_02

数日間にわたって開催されるパロ・ツェチュの最終日の夜明け前には、「トンドル」と呼ばれる巨大な大仏画が1年に一度だけ開帳されます。それが冒頭の写真です。
トンドルは、目にするだけで涅槃に成仏できるとブータンの人々に信じられています。そのため、まだ夜も明けきらない時間から、たくさんの人々がこのトンドルを一目見ようと集まってきます。
今年はワンチュク国王もこのトンドルのご開帳に参加されたようです。

ブータンは、そこに住む素朴な人々や美しい自然、生活に根付く文化など、いつ訪れても興味深い国です。でも、せっかく訪れるなら、お祭りの時期に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?

※写真提供:ブータン政府観光局(国王の写真を除く)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ