世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

カルチャー

『モロッコの宝石』 アルガン・オイル


アルガン・オイルをみなさんはご存じでしょうか?
美容に関心のある女性の中には、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

アルガン・オイルとは、アフリカのサハラ砂漠の北西に位置するモロッコの南西部にしか生育しないアルガン・ツリーの実から抽出されるオイルのことを言います。

Argan_Tree
アルガン・ツリー

硬い種子を石で割り、ペースト状にすり潰してから搾油するという非常に手間のかかる伝統的な工程を経て製造されており、種子の収穫量が制限されていることも相まって、100kgの種子から僅か1リットルしか採れない非常に希少なオイルです。

Women_Processing_Argan_Oil
伝統的なアルガン・オイルの搾油の様子

このアルガン・オイルの原料となるアルガンの木ですが、もう一つ、有名なことがあります。

Goats_in_an_argan_tree

モロッコを旅していると、写真のようにアルガン・ツリーの上にヤギが上っている様子を目にすることがあります。この様子が日本のクイズ番組などで紹介されたことがあり、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
実はヤギたちはアルガンの実や樹皮、葉っぱが大好き。
その大好物を求めて、軽快にアルガン・ツリーに上って行くのです。
かつては、ヤギたちが樹上から落としたアルガンの種子をベルベル人たちが拾い、アルガン・オイルを搾油していたといいます。

アルガン・オイルは、古くから先住民の民間の治療薬として用いられてきましたが、近年は研究が進められ、美容オイルとして注目を集めています。
アルガン・オイルには、オリーブ・オイルの2~3倍ものビタミンEが含まれていると言われ、そのビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果があるとされています。その他にもさまざまな成分が含まれており、たくさんの効果が期待できるそうです。

モロッコを旅する機会があったら、是非、お土産に買い求めてみてください。
また、日本でももし、見つける機会があったら、一度お試しになってみるのもいいかもしれません。

Algan_Oil

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

世界の様々な宗教の融合 カオダイ教 ベトナム


日本国内だけでもいわゆる新興宗教と呼ばれるものは星の数ほど存在しますが、さらに世界中の国々にも目を向けると、その数は無限に存在すると言っても言い過ぎではないでしょう。

しかし、その大多数が世界四大宗教である、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、仏教のいずれかの教えを基本理念として据え、その分派という形で存在しているのが実態です。
そんな中で、ベトナムの新興宗教カオダイ教は一風変わった性格をもった宗教です。

ベトナム南部の商業の中心ホーチミンから北西へ約100㎞、タイニン(西寧)というところにカオダイ教の総本山は置かれています。ホーチミンからは車で2時間30分~3時間ほどの距離です。

shutterstock_148509854

敷地内に入ると、上の写真のような派手な装飾を纏った独特な佇まいを見せる中央礼拝堂が姿を見せます。
カオダイ教は、一つの宗教の教えを基に派生した宗教ではなく、儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教の教えを融合したものであり、これら五教を土台としたことから、「カオダイ=高台」と名付けられて1919年にゴ・ミンチェンという人物によって興された宗教です。

面白いのは、たくさんの聖人が崇拝されており、孔子、老子、釈迦、観音菩薩、イエス・キリスト、ムハンマドから始まり、ソクラテス、ビクトル・ユーゴー、トルストイ、孫文といった世界の偉人達もが聖人として名を連ねています。これらの聖人たちの絵などを礼拝堂の外壁に見ることができます。

Cao_Dai_eye

礼拝堂の中央に本尊として祀られているのが「天眼」と呼ばれる目玉。
「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴とされ、ベトナム道教の最高神玉皇上帝の目玉とされています。礼拝堂の至るところにこの天眼を見ることができます。

shutterstock_85201051

1日に4回礼拝が行われ、信者たちは独特の白い装束をまとい、礼拝堂へと集まってきます。
一説には、信者は100万人とも300万人とも言われ、総本山のあるタイニン省に限って言えば、人口の7割、あるいは三分の二がカオダイ教徒だと言われています。

このカオダイ教総本山へは、ホーチミンからの日帰り観光として訪れることができます。
いつでも訪れることは可能ですが、上記の日に4回の礼拝の時間に合わせて訪れれば、よりカオダイ教の未知の姿を垣間見ることができるでしょう。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

恭喜發財!本日は春節です。

中国本土をはじめ中華文化圏では旧暦を採用しているところが多いですが、2014年は今日が旧暦の1月1日となり、新年を迎えました。
中国ではこのお正月は「春節」と呼ばれ、1週間の連休となるため、各地に出稼ぎに出ている人々もこぞって故郷へ戻り、家族、親せきとともに1年の幸福を祈りながら、楽しいひと時を過ごします。

故郷へ帰るほとんどの労働者の足となるのが鉄道です。
春節前後、ほぼ同時期に多くの乗客が集中するため、鉄道は大混乱!特に移動の拠点となる広東省の広州などの都市ではその状況もひどくなっているようです。この現象は「春運」と呼ばれ、この時期のある意味での風物詩となっていると同時に、鉄道マンにとっては、いかに問題なくこの混雑を捌くかということが、腕の見せ所いったところでしょうか。

日本国内でも、横浜中華街をはじめ、神戸の南京町、長崎の新地中華街などで獅子舞や龍舞などさまざまな催し物が開催されます。
中国の伝統文化を知るにはうってつけの機会ですので、この週末、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

yokohama_mazumiao

横浜中華街の「媽祖廟」

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちらから。


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ