世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

世界の雑学

世界最小レベルの島国 ニウエ


2015年5月15日、日本政府は新たな国を国家承認することを決めました。その名は、ニウエ(Niue)。日本にとっては195番目に国家承認した国となります。

NIUE_MAP

ニウエは、南太平洋に浮かぶ小さな島国。その国土面積は259㎢で、島の一周は67kmで、国家としても最小レベル、島国に限って言えば5本の指に入る小ささです。現在の人口は1,500人ほどで、経済の停滞が理由で、その数も徐々に減って来ています。
首都はアロフィ。ここに空港があり、ニュージーランドから定期便が週に2便、就航しています。

イギリス女王を元首とする立憲君主制をとっており、総督は、ニュージーランド総督が兼任しています。1974年の独立以来、ニュージーランドとは自由連合関係を維持しており、軍事・外交を同国に委任しています。そして、国民はニュージーランドの市民権も有しています。

また、ニウエが昨年話題に上ったのは、その通貨を発表したことでした。
片面にエリザベス女王、もう片面にディズニーのキャラクターを刻印した硬貨を発行すると発表したのです。

NIUE_COINS

ニウエの観光的魅力は、手つかずの大自然。

NIUE_01

NIUE_02

NIUE_03

NIUE_04

NIUE_05

先にも書いたように、週に2便しか航空便が就航していないため、スケジュールの組み方が非常に難しいところですが、ほんとんどの方が訪れたことのないこのニウエ、他に先駆けて訪問を果してみたいものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

万里の長城と河北省・長城村(桃林口村)


wanlichengzhang

先日、次のようなニュースが配信されました。

万里の長城、城壁1960キロ、3割消失 600円でれんが販売も 

中国の世界文化遺産として知られる「万里の長城」の明代(1368~1644年)に築かれた城壁の約3割が、風化や窃盗などで消失していたことが分かった。中国メディアが伝えた。抜き取ったれんがを30元(約600円)で販売するケースもあり、対策強化を求める声が上がっている。

 長城は別の時代に築かれた部分も含めると総延長は約2万1200キロ。報道によると「中国長城学会」が調査した結果、明代に築かれた約6260キロのうち、約1960キロが消失していた。管理が行き届いておらず、保存状態が比較的良好だったのは8%の約514キロにとどまった。

 人為的な破壊も後を絶たない。河北省の村では長城のれんがで家屋を建築。村民は「れんが1個の市場価格は40~50元だが、実際は30元で買える」と話した。
(産経ニュース 2015年7月4日配信より)

この記事の最後に登場する「河北省の村」とは、河北省盧竜県劉家営郷桃林口村のことです。
桃林口村には、明の武洪14年(西暦1381年)に長城が建設されました。この村の長城の特徴は、万里の長城の中では唯一、敵情を見張るための望楼があるだけで、城壁が連続していないことです。

この村は別名、「長城村」と呼ばれています。
それは、1960年代から80年代にかけて、三度にわたって長城が大規模に破壊され、住民たちによって大量のれんがが長城からはがされて、そのれんがで住民たちが家を建てたからです。400戸近い人家のほとんどに長城のれんがが使われているといい、人家以外でも豚舎や鶏舎までもが長城のれんがで造られたものもあるといいます。文物関係者は皮肉交じりに「世界で最も高価な民家」とし、次第に長城村と呼ばれるようになったのです。

taolinkou01

taolinkou02

2006年には、国宝を勝手に使ったことを恥じ、それを使った家を保存していくことで恥を忘れないようにする、として住民自らが「知恥の碑(恥を知る碑)」を建てたということがニュースになったことがありましたが、今回のニュースを見る限り、その気持ちもどこかへ行ってしまったようですね。

taolinkou03

今や人類の宝と言える万里の長城、これ以上消失してほしくないものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

シルクロードの文化の交錯路 ウズベキスタン/サマルカンド


「シルクロード」という言葉を聞いて、真っ先に思い描く風景は一体、どんなものでしょう?
かつて、「NHK特集 シルクロード」が放映され、大きな反響を呼んだこともあり、敦煌や新疆ウイグル自治区といった、中国の西域の辺りをイメージする方が多いのではないでしょうか?

しかし、シルクロードが東洋と西洋の物と文化が行き交い、それらが交じり合った道であることを考えると、もっと相応しいイメージがあるように思います。
それは、中央アジアはウズベキスタンの古都、サマルカンドです。

SAMARKAND_01

本日は、サマルカンドについて、簡単にご紹介したいと思います。

サマルカンドは、古来、シルクロードの要衝として繁栄を極めていましたが、13世紀にモンゴルの侵攻を受け、廃墟と化してしまいました。そのサマルカンドを甦らせたのは、英雄ティムールでした。14世紀末から15世紀にかけて、サマルカンドはティムール朝の首都として栄え、同時に、ティムールは世界中のどこにもない美しい都市をこの地に建設することを夢見て、各地の遠征先から優れた芸術家や技術者を連れ帰りました。その結果、様々な文化の融合をサマルカンドの街中で見ることができるようになったのです。
例えば、「サマルカンド・ブルー」と呼ばれる色鮮やかな青色タイルは、中国の陶磁器とペルシャの顔料が出会って誕生したものなのです。

SAMARKAND_07

SAMARKAND_02

SAMARKAND_03

2001年、サマルカンドはユネスコの世界文化遺産に登録されました。その登録名は、「サマルカンド―文化の交差路」。まさに、東西の文化が交わって生まれた地であること自体が遺産として評価されたからであり、だからこそ、真のシルクロードのイメージ、姿がそこには見て取れるのです。

サマルカンドは、ステップ気候から地中海性気候へ移行する中間的な気候帯に属し、その移行部特有の抜けるような青空と青いタイルがこの町の象徴であり、ゆえに『青の都』と呼ばれています。

SAMARKAND_04

SAMARKAND_05

SAMARKAND_06

この景色を見るだけでも、ウズベキスタンを訪問する価値は十分にありますし、何時間もそんな風景を眺めながら、古のシルクロードに思いを馳せるのも贅沢な旅の味わいかもしれません。

SAMARKAND_08

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

【おもしろランキング】世界最強のパスポートはどこの国?


海外旅行に出かける際に必ず必要となる、パスポート。
日本のパスポートは信頼性が高く、それゆえにそのパスポートが盗難の標的になることも多々あります。

passport

さて、そんなパスポート、①ビザなしで渡航できる国数、②パスポート取得にかかる費用、③パスポート取得にかかる時間などを総合的に評価した「世界最強のパスポート」ランキングをご紹介します。
日本は一体、何位に入っているのでしょうか・・・

※(  )内は順に、ビザなし渡航可能国数/パスポート取得費用/パスポート取得時間

  1位  スウェーデン(174ヶ国/43ドル/1時間)
  2位  フィンランド(174ヶ国/56ドル/5時間)
  3位  ドイツ(174ヶ国/69ドル/7時間)
  4位  イギリス(174ヶ国/110ドル/11時間)
  5位  アメリカ(174ヶ国/135ドル/19時間)
  6位  デンマーク(173ヶ国/95ドル/3時間)
  7位  カナダ(173ヶ国/133ドル/15時間)
  8位  スペイン(172ヶ国/30ドル/5時間)
  9位  ベルギー(172ヶ国/76ドル/8時間)
  10位 オランダ(172ヶ国/78ドル/8時間)


残念ながら、日本はTOP10にはランクインしていませんでした。
実は日本のランキングは13位。ビザなし渡航可能国数は172ヶ国でTOP10とは大差ないものの、取得費用115ドル、取得時間19時間で惜しくもTOP10入りを逃しています。

因みに、このランキングでは51ヶ国がランキングされているのですが、ビザなしで渡航できる国が最も少なかったのはアフガニスタンで僅か28ヶ国、取得にかかる時間が最も長かったのはリベリアで278時間でした。

その他のランキング順位にご興味のある方は、こちらをご覧ください。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

ギネス認定!世界一傾いているビル アラブ首長国連邦/アブダビ


アラブ首長国連邦のアブダビにある地上35階、高さ160mの『キャピタル・ゲート・ビル(Capital Gate Building)』はギネス世界記録に認定されているビルです。

どんな名目でギネス認定されたかというと・・・

   世界一大きく傾いた人工建造物

として、2010年6月にギネス世界記録に認定されました。

CAPITAL_GATE

傾いた建物といえば、イタリアの「ピサの斜塔」が有名ですが、そのピサの斜塔でも傾斜は4度。それに比べて、このキャピタル・ゲート・ビルは西の方向に18度傾いており、その差は4倍以上。いかに傾斜しているか、お分かりいただけると思います。

どのようにこんなに傾斜したビルを建てたのかというと、全35階のうち、12階までは通常通り垂直に建設し、それより上の階については、30cm~140cmずつずらして配置し、傾斜をもたせたとのこと。
もちろん、内部の床は水平を保っているので、ご安心を。

CAPITAL_GATE_02

テナントとして、ハイアット・キャピタル・ゲート・ホテルやオフィス群が入っています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ