世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

世界の雑学

水の中にかかる橋がオランダにあった!


「橋」と言えば通常は水面や道路の上にかかっているものですし、何も言わなくても普通はそういった姿を誰しも想像するものでしょう。
しかし、オランダ西部の街ハルステンには、そのまったく逆、水の中にかかる橋が存在するのです。

17世紀にフランスやスペインから侵攻を受けていたオランダは、敵から身を守るためにこの地に要塞を建設しました。それが、フォートドラ・ルーバルです。
18世紀になると要塞自体は使用されなくなりましたが、古き良き建築物を生かして現在では観光地となっているこの要塞ですが、元々濠には橋は架かっていませんでしたが、観光地にするにあたって橋を架ける計画が持ち上がったものの、橋を架けることはこの地の景観を損ねると判断した設計者たちは、橋を水の中に建設することを決めました。
こうしてかけられたのが、水の中にかかる橋、「サンクン橋」です。

The_Moses_bridge_01

The_Moses_bridge_02

The_Moses_bridge_04

The_Moses_bridge_05

The_Moses_bridge_07

The_Moses_bridge_03

The_Moses_bridge_06

The_Moses_bridge_08

このサンクン橋は、まるで水面が真っ二つに割れ、道が現れたように見えることから、モーゼがエジプトからイスラエル人を逃がすために海を割って道を作った「モーゼの奇跡」になぞらえて、「モーゼの橋」とも呼ばれたりしています。

水の中を歩く・・・
なかなかできないこんな体験をオランダへ出かけた際には味わってみてはいかがでしょうか?

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

今年のラマダンが明日から始まります。


Ramadan_2015

年に一度のイスラム教の断食月『ラマダン』が明日から始まります。
約1か月間、イスラム教徒たちは日の出から日没までの間、一切の飲食を断つ日々を続けることになります。

 ⇒ラマダンについては、昨年のエントリーをご覧ください。

さて、イスラム暦は太陰暦のため、このラマダンの月も毎年移動して行きます。
夏至を挟むこの時期にラマダンがぶつかる今年、思いがけない問題が浮上しているといいます。それは・・・

 「白夜の時期にあたる北欧では、1日のうち、いつからいつまでを断食の時間とするのか」

という問題です。
この時期、北欧ではほとんど太陽が沈まないため、ずっと昼と同じ状況が続きます。ラマダン中は、日の出前に食事を済ませ、日中は断食をして日没後に豪華な食事を摂る、という生活になりますが、その区切りが北欧に住むイスラム教徒には分からないというのです。

確かに、言われてみればその通り、丸々1日断食を続けるわけにもいかず、現地のイスラム教指導者たちは、対応に苦慮、新たな指針の策定を急いでいるそうです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

世界最大の屋外プールはどこにある?


皆さんは、世界一長いビーチがどこにあるか、ご存知でしょうか?
正解は、バングラデシュ第2の都市チッタゴンから南へ150kmほど行ったところにあるコックスバザールです。その全長は120kmにも及ぶと言われています。

世界一長いビーチがバングラデシュにあることに驚かれた方も多いかもしれませんが、では、世界最大の屋外プールがどこにあるか、と聞かれたら、想像すらできないのではないでしょうか?
今日はそんなお話しです。

南米はチリの首都サンチアゴから西に約100kmに位置するアルガロボにあるプライベート・リゾート『サン・アルフォンソ・デル・マール』がそれです。
このリゾートの屋外プールは、長さが1km、海水を濾過して使用しているプールの水の貯水量は2億5千万リットルにも及び、最も深い部分では3.5mの深さがあります。

SATELITAL_SAN_ALFONSO

長さ1kmもあるプールですから、そこでできるアクティビティもスキューバダイビングからウォータースライダー、カヤック、水中フィットネスまで多岐にわたっています。
ホテルの他、アパートメントも併設されており、長期滞在にも適した施設となっています。また、世界遺産に登録されているバルパライソの観光拠点として利用するのも悪くありません。

001

004

005

006

009

010

011

012

014

015

016

017

因みに、このプールの建設費用は2400億円で、年間の維持費として5億円がかかると言われています。はたして、このホテル、ペイするのでしょうか?
老婆心ながら、心配になってしまいます。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編⑪


チベットでは人が亡くなったとき、火葬、水葬、樹葬、鳥葬などいくつの葬儀があります。地域や年齢、身分により葬儀のスタイルは分けられます。ラルン・ガル・ゴンパでは鳥葬が行われており、裏山にある鳥葬場で一般人もまだ見学が可能です。儀式の後、職人により遺体が解体され、ハゲタカに食わせてしまいます。彼らは人が亡くなると、心は肉体を離れて来世への転生へ向かっているため、肉体は不要であり、他の生き物のために役立てようという考えがあります。

P5240264

P5240265

P5240266

P5240268

P5240269

P5240271

午後14:00、「オムマニペメフム」と祈りの言葉を合掌、見学者も一緒にします。不思議だったのは、この時点でハゲタカの姿が1羽も見当たらなかったことです。私たちは、山の斜面に座っているため、視界が開けており、遠くの山並みまで見渡せましたが、どこにもハゲタカの姿はありませんでした。
14:30頃、棺桶や布に包まれた遺体が運ばれてきて、職人により解体が始まります。解体場所には簡易の柵が設けられ、準備が整うまでハゲタカの侵入を防ぎます。

P5240272

P5240273

ハゲタカの姿がないので、煙でも焚いて呼ぶのかと思いきやそんな雰囲気もなく時間が過ぎました。しばらくして、ふと遠くの空に目を向けると、ハゲタカの大群が目に飛び込みました!ゆうに100羽は超えており、旋回を続けながらハゲタカは徐々に距離を近づけ、最終的に解体場所につながる山の斜面に舞い降りました。

P5240277

P5240278

P5240280

遺体の解体が終わるのを待ちきれないハゲタカが、少しずつ斜面を降りて行きますが僧に追いやられます。そして、準備が整い柵が取り払われた瞬間、ハゲタカの大群は土煙を上げながら斜面を一気に駆け下り、遺体に群がりました。

P5240282

P5240283

P5240283

P5240284

P5240287

P5240288

数年前から四川省の隣のチベット自治区人民政府は、鳥葬場面の見学禁止と宣伝禁止としています。今後、四川省内のチベット人地域での鳥葬見学も一切できなくなる日がそう遠くない日にやってくるのでしょう。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 四川省/カンゼ・チベット自治州編⑤


皆さん、冬虫夏草(とうちゅうかそう)をご存知でしょうか。

P5220235

冬虫夏草は、ガの仲間の幼虫に寄生するキノコの一種で、中医学・漢方の生薬、薬膳料理、中華料理などの素材として用いられます。春の終わり頃から初夏にかけてが採集に適した時期になります。

青海省、雲南省、四川省、チベットにいたる3,000~4,000mの高山・高原に分布しており、絶対量が少ないので幻のキノコと呼ばれ、大変に珍重されています。

古来より愛用され、中国の歴代王朝では強壮・精力増強、疲労回復、諸病治癒、不老長寿の高貴薬として、常に珍重されてきました。とくに、究極の精力剤として昔から精力増強に効果があるといわれており、まむし、スッポン、オットセイのペニスなどとは同一視できない劇的な効果が多数報告されているとか。

P5220237

ちなみに、お値段は1kg100万円も珍しくないとか。この旅でも、丹巴や道孚の街中で市が開かれているのをよく見かけましたが、1本2000~3000円も普通でした。

P5230261

P5230262

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ