世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

日本で感じる外国の香り

本当の混沌と異国が日暮里にあった! レストラン ザクロ


ZAKURO_01

JR日暮里駅北改札口から西口を出て、左方面へまっすぐ、左手に有名な谷中霊園を見ながらしばらく進み、短い階段を下ると、右手にそのレストランはあります。

ZAKURO_02

外観からして明らかに周囲の雰囲気とは異なり、日本とは思えない存在感をこれでもかとアピールしている、『レストラン ザクロ』です。エスニック料理マニアの間では有名店でも、一般的にはほとんど知られていない、穴場中の穴場、と言っても過言ではないでしょう。

レストラン ザクロは、イラン・トルコ・ウズベキスタンの料理を提供するレストラン。
一歩店内に入ると、天井からは中東のランプがところ狭しとぶら下がり、お客さんは、ペルシャ絨毯を敷き詰めたフロアに直接スタイル。まさに店内は、中東のどこかの町のレストランに迷い込んでしまったかのような錯覚さえ覚えます。

ZAKURO_03

ZAKURO_04

ディナータイムに来店する99%お客さんが注文するといわれるのが、その名も「食べきれないコース(2,000円)」。お店側のお任せで、イラン・トルコ・ウズベキスタンの料理がこれでもか、というくらい、まさに「食べきれない」ほど出てきます。これに1,000円をプラスすると、「食べきれない、飲みきれないコース」となり、指定ドリンクメニューが飲み放題となります。次々と出てくる料理はどこの何という料理なのかなかなか分かりませんが、スタッフが簡単に説明してくれるので、それを聞くのも楽しみです。

ZAKURO_06

ZAKURO_07

ZAKURO_08

毎晩20時からは、オーナーの「計画停電~」の一言で店内が暗くなり、ベリーダンスのショーが始まります。(ショーのチャージとして、19時30分以降は500円が追加されます)。
約30分ほどのショーでは、お客さんも見ているだけでは済まされません。次々とダンサーからお声をかけられ、一緒にダンスを披露します。ショーの最後には、何となく店内が一つになったような連帯感が生まれているから、不思議です。

ZAKURO_09

ZAKURO_10

3人以上で食べきれないコースを予約すると、シーシャが1台ついてきます。
シーシャとはいわゆる「水タバコ」のこと。バラなどの花やリンゴなどのフルーツをはじめとしたフレーバーを楽しみます。ニコチンやタールを除外したタバコで、水を通して吸いますので、普段喫煙の習慣のない方でも問題なくその香りを楽しむことができます。なかなか日本では体験できないものなので、ここザクロに来たら是非とも挑戦してみたいものの一つです。

ZAKURO_11

ZAKURO_13

さて、このレストラン ザクロを有名にしているのは、提供している料理の珍しさや混沌とした異国情緒あふれる店構えだけではありません。
最も有名なのが、名物オーナーのアリ氏。

ZAKURO_14

出身地をうかがうと、「日暮里生まれ~」などとおっしゃいますが、実は、イランの西部、タブリーズの生まれだとか。2週間の予定で来日したのが、気づけばもう滞在21年。レストランの経営のみならず、中東の雑貨や食材の輸入も手掛ける実業家です。最初にご紹介した天井のランプも、単にお店のインテリアなだけでなく、値札がついており、販売もしています。そして、安いのです!

このオーナー、とにかくお客さんをいじり倒します。
気を抜いていると後ろから中央アジアの帽子をかぶらされたり、ベストを着せられたり、被り物をかぶらされたり、挙句の果てには店内のラクダ(もちろん、ぬいぐるみです)に乗せられたり(笑)

ZAKURO_05

ZAKURO_12

いつの間にかこのアリさんの世界に引き込まれ、またアリさんに会いたくなって、お店を再訪するお客さんも多いのだとか。何となく分かるような気もします。

ランチ時間にも営業しており、リーズナブルなお値段で、お腹いっぱい食べることができます。
20時からのベリーダンス・ショーを目当てに来店するお客さんがほとんどのため、19時以降は予約しないと入れないことも多いようです。

料理自体も美味しいものばかりなので、普段口にすることの少ない料理を目当てに訪ねてみるのももちろんですが、このお店自体を楽しみに行ってみることを是非、お勧めします。

RESTAURANT INFO
****************************************
レストラン ザクロ
住所:東京都荒川区西日暮里3-13-2 谷中スタジオ1F
電話:03-5685-5313
URL:http://zakuro.oops.jp/
定休日:水曜日
****************************************

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

横浜にアフリカがやってくる!アフリカン・フェスティバルよこはま2015



African_Fest_Logo

4月3日(金)~5日(日)の3日間にわたり、横浜みなとみらい地区にある赤レンガ倉庫を舞台に、『第8回アフリカン・フェスティバルよこはま2015』が開催されます。

各国の大使館をはじめ、食べ物や雑貨などの店舗が多数出展し、各国の最新情報を入手したり、普段はなかなかお目にかかれない各国の物産品を購入できるだけでなく、アフリカ音楽やダンスのライブ、ファッションショー、写真展、ゲームコーナー、民族楽器やダンスのワークショップなど、子供から大人まで存分に楽しめる内容が盛りだくさんです。

入場は無料ですので、お花見のお出掛けのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■日時:2015年4月3日(金)~4月5日(日)
     11:00~19:00(最終日は17:00まで)
■場所:横浜赤レンガ倉庫1号館
■入場料:無料
■公式ホームページ:http://africanfestyokohama.com/

Red_Brick_Warehouse_1

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

日本で感じる外国の香り③ 横濱媽祖廟


横浜屈指の観光地であり、また、世界最大級の中華街(Chinatown)でもある横浜中華街。
この中華街には、華僑たちにとって重要な2人の神様を祀る2つの廟が存在します。一つは、商売繁盛の神である関羽を祀る『関帝廟』、もう一つは、航海・漁業の守護神である媽祖を祀る『媽祖廟』の2つです。

今回は、このうち媽祖廟についてご紹介したいと思います。

Mazu_01

■媽祖とは?

媽祖とは、北宋時代に実在したとされる福建省の林氏の娘が神格化されたものであると言われています。

Mazu_03

伝承によると、この林氏の娘は、生後1ヶ月もの間、泣き声一つ上げなかったことから、林黙娘(りん もうにゃん)と名付けられました。幼少の頃から才知に長け、信仰心が篤く、16歳になると神から神通力を得て、村人の病を治すなどの奇跡を起こすなどしたため、人々は次第に敬意を込めて彼女を「通賢霊女」と呼ぶようになりました。

■華僑・華人の心の拠り所に

その後の経緯についてはいくつかの伝承がありますが、28歳の時に修行を終えて天に召された後も、赤い衣装を着て海上を舞い、遭難した人々を助ける姿が度々目撃されたことから、人々は廟を建てて護国救民の神様として祀るようになりました。歴代の皇帝も敬意を表し「天妃」、「天后」、「天上聖母」などの名を贈りました。

現在では、航海を護る海の女神としてだけではなく、自然災害や疫病、戦争などから人々を護る女神として、中国本土、台湾はもちろんのこと、華僑や華人が住んでいる世界各地で篤く信仰され、彼らの心の拠り所となっています。

■横濱媽祖廟開廟まで

横浜中華街の媽祖廟は、中華街の山下公園側、「南門シルクロード」の一角に、2006年3月に開廟しました。
かつて清国の領事館があった場所に2003年、マンション建設の計画が持ち上がりました。この場所にマンションが建つことは中華街の景観上そぐわないこと、そしてその歴史上も中華街にとっても重要な場所であったことから、反対運動が起こり、建設会社との交渉の結果、横浜中華街発展会協同組合が用地を買い取ることでマンション建設計画は白紙に戻す、ということで合意しました。

こうして買収した用地に、長年建立の要望が多かった媽祖廟が建設されることになったのです。

■異国情緒あふれる、横濱媽祖廟

南門シルクロードの突如姿を現わす立派な媽祖廟に一歩足を踏み入れれば、そこはまさに中華世界そのもの。横浜にいるのが信じられないほどです。

Mazu_02

廟内正面には、媽祖(天上聖母)が鎮座し、向かって左側には遠くの声も聞くことができる耳で人々の声を聞き、媽祖に報告する「順風耳」、右側には遠くのものを見ることができる目であらゆるものを見分けて媽祖に知らせる「千里眼」を従えています。この二神はもともと悪神でしたが、媽祖に調伏されて改心し、以降、媽祖の従神となったと言われています。

Mazu_04

その他にも、横濱媽祖廟には、民衆信仰では最高神とされる「玉皇上帝」、縁結びの神様「月下老人」、子宝の神「註生娘娘」、学問の神様「文昌帝君」、安産の神様「臨水夫人」なども一緒に祀られています。

媽祖廟入ってすぐ右手の売店では、各種お守りをはじめ、祀られている神様へたむけるお線香も売られています。入場料を払えば、廟内に入り、祈りを捧げることもできます。

横濱媽祖廟は中華街のメインストリートから少し外れているため、知らないでいるとついつい見逃してしまうかもしれませんが、中華街を訪ねたなら必見の場所です。
是非とも訪れていただきたいと共に、お立ち寄りの際には、上記のような知識を少しでももってお出掛けになると、また違った見方ができるかもしれません。

Yokohama_Chinatown_Effect

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

日本で感じる外国の香り② 駐日韓国文化院


昨日までの『韓国 慶尚北道・青松/慶州現地視察レポート』をお読みいただいた方の中には、身近に韓国を感じたいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
距離的にも、時間的にも、金額的にも韓国本国を訪れることもそう難しくはなくなってきた昨今ですが、それでもすぐに、というわけにはなかなかいかないですね。

そんな方のために、今日は韓国文化を身近に、手軽に体験することができる施設、東京四谷にある『駐日韓国文化院(Korea Center)』をご紹介します。

Korea_Center_01

韓国文化院は、韓国の文化を外国に紹介し、外国人が身近に触れ、体験できるようにすることで、当該国と韓国との交流を促進し、両国の懸け橋となるべく設置されている国の機関です。
東京では、1979年に池袋に開館して以来、麻布へ移転、そして、2009年より現在の地で業務を行っています。

Korea_Center_02

この建物は、海外の文化院では初めての自社ビルとして建設されたもので、『Korea Center』と呼ばれています。韓国文化院の他、観光局の業務を行う「韓国観光公社」や、地方自治体の観光局もいくつか入居しています。曲線を配した側面のフォルムは独特で、夜になると鮮やかな色のライトに包まれます。

韓国文化院では、韓国の文化を紹介するために伝統音楽の公演や韓国映画の上映会、シンポジウムや講演会など様々なイベントが毎月開催されています。そのほとんどのイベントへは、文化院のホームページから応募することが可能で、さらに、抽選の上で無料での招待となっています。これは非常にオススメです。
これらのイベントのほとんどが開催されるのが、2Fの「ハンマダン・ホール」。全307席の近代的なホールです。

また、日韓の書籍数万点を蔵書する「図書映像資料室」、また、屋上には韓国の生活の様子を感じることができる庭園「ハヌル庭園」や韓国の伝統的家屋である韓屋を再現した「サランバン」も設置されています。

この韓国文化院を訪ねるだけで、韓国の文化にどっぷりと浸ることができます。
そして、喉が乾いたら・・・センター内に設置されている韓国ドリンクの自動販売機で珍しい飲み物を買い、一息つくのもいいかもしれません。

Korea_Center_03

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

日本で感じる外国の香り① 東京ジャーミィ


Tokyo_Camii_01

この写真、いわゆるモスクの写真です。
モスクは、イスラム教徒たちが日々の祈りを捧げる礼拝堂のことをいいます。アラビア語ではマスジド(「ひざまずく場所」の意味)、スペイン語ではメスキータ、トルコ語ではジャーミィなど言語によりさまざまな呼び方があります。「イスラム寺院」とされることもありますが、モスクの中には崇拝の対象はなく、あくまでも礼拝の場所です。

さて、この写真が東京で撮られたものだと言ったら、みなさんは信じられますか?
実は、東京にもこのような立派なモスクが存在するのです。その名も「東京ジャーミィ」。東京モスク、代々木モスクとも呼ばれ、オスマン様式で建てられた小田急線代々木上原駅にほど近いモスクです。

Tokyo_Camii

その歴史は1900年代初頭に遡ります。
1917年にロシアでロシア革命が起こると、中央アジアを中心としたロシア領内に住んでいたイスラム教徒たちは様々な拷問や弾圧を受けるようになりました。生命の危機から逃れるため、彼らは海外への移住を始め、その一部が日本にたどり着いて定住するようになりました。

イスラム教徒にとって日々の礼拝は欠かせないものであり、その礼拝の場であるモスクもまた、彼らの住む場所には必要不可欠なものでした。
1931年に会堂の建設が決定され、その後、寄付が集まったことから現在の地にサラセン式のドームをもつ礼拝堂が建設され、1938年に落成式が行われました。これが初代のモスクです。木造の礼拝堂でした。

Old_Tokyo_camii

そんな初代のモスクも老朽化が進み、1984年に閉鎖され、1986年に取り壊されました。モスク再建に当たり、跡地はトルコ共和国に寄贈され、その後の再建はトルコに委託されることとなりました。
トルコでは、「東京ジャーミィ建設基金」が創設され、トルコ全土から多額の寄付が募られたほか、モスクの建設資材や内装や外装を手掛ける職人も多く派遣しました。

1998年に着工した東京ジャーミィは、2年後の2000年に竣工、同年6月30日に開堂しました。以来、東京ジャーミィ・トルコ文化センターとして、モスクの活動のほか、イスラム文化、トルコの文化を伝えるセンターの役割を果たしています。

Tokyo_Camii_02

Tokyo_Camii_03

Tokyo_Camii_04

Tokyo_Camii_05

なお、礼拝堂には最大で2000人を収容可能で、女性用の礼拝室も備えています(イスラム教では、男性と女性が一緒に礼拝は行いません)。また、専従のイマーム(道師)がいるなど日本でも最大規模のモスクとなっています。

イスラム教徒でなくても、見学は自由にできます。
週末の散歩もかねて、代々木でイスラムの香りを感じてみてはいかがでしょうか?

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ