世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アクバイタル峠

添乗員現地最新レポート 中央アジア・ワハン回廊編㉕


アクバイタル峠を越えて2時間ほどで紺碧のカラクル湖が見えてきます。

カラクル湖畔2

カラクル湖は、タジキスタンのパミール高原にある直径約25kmの湖です。500万年前の隕石の衝突によるクレーターの中にあります。遠方に見えるレーニン峰は、タジキスタンとキルギス両共和国の国境を形成するザアライスキー山脈の東部にある山で、この山脈の最高峰を成しています。

カラクル湖畔で昼食をとり、食後に湖まで歩きました。

カラクル湖畔 村 井戸

カラクル湖畔 村 子ども

カラクル湖畔

その湖面は時間帯により光の射し加減で色を変えていきます。雪山から降り下りてくる風は冷たく、肌を刺すように吹いていて、波打ち際で音を立てて波を舞い上げています。

カラクル湖畔3

カラクル湖畔4

また、近くにはカラアート遺跡と呼ばれる古代遊牧民サカ族の墓地とされる場所があります。地上というキャンパスの上に整然と石が並ぶ姿は、ナスカの地上絵を彷彿とさせますが、どうやら絵にはなっていないようです。

カラアート遺跡

いよいよ国境を越え、キルギスに入国します!

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中央アジア・ワハン回廊編㉔


いよいよタジキスタンともお別れです。
ムルガブの町からカラクルの町を経て、国境を越えてキルギスのサリタシュへ向かいます。走行距離は約230kmです。

途中、アクバイタル峠(標高4,435m)の前から、中国との国境線を横目に道を上っていきます。杭と鉄線に守られた国境線には警備らしき人はまったく見かけません。

中国 国境線

中国 国境線2

それもそのはず、万が一杭を越えて不法入国したところで、標高4,500mもある険しい緩衝地帯が続くのです。そこは、一歩間違えば死の危険さえあるところなのです。

途中であったヤク

アクバイタル峠を越えるところで、写真を撮りました。

峠

空は真っ青に澄み渡り、辺りの空気はピリッと冷えています。今回の旅程で一番寒くなる場所に間違いなく、まもなく雪が降り始める時期に入ります。地面に張った氷が気温を物語っています。

峠2

峠3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ