世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アタカマ砂漠

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑭


陸路、チリからボリビアへ入国。
朝、サン・ペドロ・デ・アタカマの町の出国審査場で出国手続きを済ませ、標高4,000m近いボリビアとの国境に向かいました。そして国境ではボリビア側の入国手続きをします。ここからは未舗装の道路を行くのでバスから4WDに乗換えます。

国境を越えて、まず目にするのがブランカ湖とベルデ湖です。リカンカブール山(5,800m)の麓にあり、エメラルド色の湖は日の光により濃淡が変わります。ベルデ湖の色は銅鉱物を含む沈殿物によるところが大きいようです。

標高4,300m、2つの湖は神秘的な美しさです。あわせて、国境と車窓からの景色をご紹介します。

ブランカ

ブランカ1

ブランカ3

ベルデ

ベルデ1

ベルデ2

国境

国境2

車窓

車窓2

車窓3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑬


チリのアンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠は、東西の幅は約160km、一方で南北の広がりは1,000kmと長大です。アンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため世界でも最も乾燥した砂漠といわれます。代表的な場所として知られる、 砂漠の風景が広がる月の谷を紹介します。

P1250651

P1250660

P1250662

P1250663

P1250664

P1250667

P1250669

P1250671

P1250673

P1250683

P1250685

P1250696

P1250702

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑫


本日は、アタカマ近郊で訪れた先住民が暮らす町を3カ所紹介します。
ソカイレ村、トコナオ村、マチュウ村はどれもボリビア色の濃い村々です。人々はキリスト教を信仰しているため村には必ず教会があります。生活のため山から水を引きキヌアやトウモロコシを育て主食にしています。どこも素朴な村々で印象的です。

ソカレイ村

ソカイレ村 教会

トコナオ村

トコナオ村 教会内部

トコナオ村 鐘楼

マチュウ村

マチュウ村

マチュウ村1

マチュウ村2

マチュウ村3

マチュウ村4

今回ソカイレ村では珍しい虹との出会いもあり感動的でした!

ソカイレ村 虹

また、昼食にかぼちゃのスープ、チキン&ご飯&キヌアを頂きました。家庭料理ぽく、良かったです。

ソカイレ村 スープ

ソカイレ村 チキン

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑪


世界最高所4,500mにあるタティオ間欠泉に向けて、朝5:00にホテルを出発しました。標高が高いこともあり、早朝の気温は-10℃~-15℃。あちこちから吹き上がる蒸気は、外気との温度差のため、迫力のある風景がご覧いただけます。

タティオには沢山の間欠泉があり、数分ごとに地下水を吹き上げる穴や常に轟音を立てて蒸気を吐く穴、今は活動を止めていてアリ塚のように固まった間欠泉など様々です。絶景のなか温泉を楽しむ観光客もいらっしゃいました!
道中の写真と共に紹介します。

タティオ

タティオ2

タティオ3

タティオ4

タティオ5

タティオ6

タティオ7

タティオ8

タティオ9

タティオ10

タティオ11

道中 ビクーニャ

道中

道中2

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑧


チリに入国した私たちが向かった先は、サン・ペドロ・デ・アタカマです。ここは、アタカマ砂漠の観光の拠点となる町で、世界中から多くの観光客が集います。そのため、メイン通りにお土産屋さんやレストラン、宿泊施設が多くあります。

私たちが泊まったイオラナ・タラチェ・ホテルは町の中心から少し離れており、ホテルと言っても街中にあるビルのようなタイプでなく、コテージが並んだ周辺の環境に適したものです。敷地内にはトウモロコシ畑が広がり、遠方には形が富士山に似たリカンブール山(5850m)を見ることができます。いつも静かで快適に過ごせます。また、ホテルには自転車のレンタルがあるので、町の中心へ行くにはそれを利用すると便利です。基本的にどこにでも駐輪できるので、小回りがきいてよかったです。

ホテルとそこからの景色、また町中の様子を写真で紹介します。

お土産通り入口

ホテル

ホテルからの景色

町お土産通り

町の教会

町中心

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ