世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アヌラーダプラ

添乗員現地最新レポート スリランカ編⑦


キャンディは、シンハラ王朝最後の都で、1815年にイギリスとの戦いに敗れるまでのおよそ300年の間首都として栄えた地です。
ここには、王権の象徴である仏歯を祀る仏歯寺(正式名称/ダラダ・マリガワ寺院)が建立され、今なお仏教徒の篤い信仰を集めています。

Dalada Maligava_01

この仏歯は、紀元前543年にインドで仏陀を火葬した際に手に入れたものと言われ、4世紀にスリランカへ持ち込まれてアヌラーダプラに奉納されました。その後、仏歯は歴代政権のシンボルとして、遷都と共に移動を重ね、最終的にキャンディに奉納されたのでした。

寺院はキャンディ湖の湖畔にあり、シンハラ建築様式の八角形の小塔がシンボルになっています。

Dalada Maligava_02

Dalada Maligava_03

寺院内の壁や天井には美しい木工装飾が施され、様々な仏画が描かれています。ペラヘラ祭りの様子を描いた壁画からは、象の背中に仏歯を乗せて歩いている様子が分かります。

Dalada Maligava_04

仏歯が納められている部屋の前には、祈りを捧げる多くの信者とお供え物の蓮の花が捧げられています。

Dalada Maligava_05

Dalada Maligava_06

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート スリランカ編①


昨日、8日間のスリランカのツアーから帰国しました。
大韓航空(コリアン・エアー)を利用し、成田空港から韓国の仁川乗り継ぎでコロンボまで。所要時間はおよそ10時間です。

日本を夕方に出発し、コロンボ空港に到着したのは翌日の早朝。早朝とは言っても、コロンボは高温多湿のため、空港の建物から一歩出た途端、汗が吹き出します。
まず、私たちが向かったのは古都・アヌラーダプラです。ちょうど、満月の時期に当たっていたため、道中では巡礼者や提灯のような飾り付けが目につきました。所々にある紅茶や食事を無料提供する場所には、大行列ができていました。

Pilgrimage

Pilgrimage_02

実は、スリランカでは毎月満月の日に『満月祭(ポヤデー)』があります。これは、仏教のお祭りで、満月をお祝いする日です。基本的な「不浄の活動(経済活動、飲酒、食肉、その他)」を控え、清らかな心でこの日をお祝いするのが習わしです。

どうやら巡礼者たちはアヌラーダプラへ向かっているらしく、現地ガイドさんは混雑を心配していました。そして、案の定、アヌラーダプラに到着して目にしたものは、辺りを埋め尽くす大勢の巡礼者たちでした。

Isurumuniya Vihara

Pilgrimage_03

私たちは慣れない猛暑と巡礼者に圧倒され、到着早々、観光するにも一苦労でした。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ