世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アマンリゾーツ

スリランカが生んだ偉大な建築家 ジェフリー・バワ


ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa / 1919年-2003年)は、スリランカを代表する建築家で、トロピカル建築のパイオニアとして多くのホテル建築を手がけたことで知られています。
本日は、そのバワについて少しご紹介したいと思います。

GEOFFREY_BAWA_01

バワは、1919年、スリランカのコロンボにシンハラ人とヨーロッパ人の血を引く裕福な家庭に生まれました。
当初より建築を志していたわけではなく、19歳の年の1938年、イギリスのケンブリッジ大学へ留学し、英文学を専攻しました。大学卒業後には、弁護士として生計を立てていましたが、1946年にスリランカへ帰国し、その後すぐ、1年半に及ぶ世界一周の旅へと出かけます。

この世界一周旅行に触発されたバワは、自分だけの理想郷を造りたいとの思いを強くし、帰国後、ベントタに土地を購入して理想郷の建設に着手します。
しかし、建築の知識が欠けていることを実感し、再び渡英、建築の勉学に励みます。これがバワの建築との関わりの始まりであり、既に38歳となっていた1957年から建築家としての活動を精力的に開始して、スリランカ独自の文化や自然を反映し、緻密かつダイナミックに構成された空間を次々に生み出していきました。

バワの独特な建築哲学、リゾート哲学は世界中の多くの建築家などに多大なる影響を与えています。
世界的に有名なアマンリゾートの創始者エイドリアン・ゼッカー氏は、リゾート発想のヒントをバワから得た、と明言しています。つまり、アマンリゾートのリゾート哲学の中にバワの哲学が盛り込まれている、ということになります。

因みに、今や優れたリゾート・ホテルに数多く見られるようになった「インフィニティ・プール」は、バワのアイデアによるものです。インフィニティ・プールとは、プールサイドに手すり等がなく、プールに入っていると視界を遮るものがない、海の向こうの地平線(インフィニティ)が見える、絶景プールのことを言います。

INFINITY_POOL

前述したベントタの地にバワの別荘として造られた理想郷は、ルヌガンガと呼ばれ、残念ながら完成の日を見る前にバワが他界してしまったため、未完のまま今も残されており、ここではバワが建築したホテルで見られるデザインの原点とも言うべき作品を数多く見ることができます。

LUNUGANGA_01

その他、スリランカ国内には、バワが建築したホテル、カフェ、寺院、国会議事堂などの建物が数多く残されています。

HERITANCE_KANADALAMA

LIGHTHOUSE

Seema_malaka

近年、徐々に日本でも注目を集めつつあるスリランカ。
バワの建築したホテルにこだわって宿泊し、バワの建築した建物を巡りながらバワをテーマにスリランカを回ってみるのも楽しいものになるはずです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑦


アマンバーグから車で5分ほどのところに『バラ・カンビ(Bara Khanbhi)』というヒンドゥー教の寺院があります。
ここでは、朝な夕なに太鼓やシンバル、歌を用いたヒンドゥーの神々への祈りが捧げられています。その音量は非常に大きく、アマンバーグの敷地内にいても、その音を聞くことができるほどです。
また、ご希望があれば実際に寺院まで足を運び、実際にその祈りの現場を目の当たりにすることもできます。

ということで、バラ・カンビ寺院を訪れてみました。時間は夜8時です。
決して大きな寺院ではありませんが、夜になるとカラフルな電飾でライトアップされ、中にはヒンドゥーの主だった神々の像が祀られています。

BARA_KHANBHI_01

BARA_KHANBHI_02

BARA_KHANBHI_03

BARA_KHANBHI_04

BARA_KHANBHI_05

BARA_KHANBHI_06

一定のリズムを刻む太鼓の音色に合せて、2人の男性が大小のシンバルを打ち鳴らし、見学していた我々にも小さなシンバルが手渡されました。奥まった2つの部屋では聖者が祈りを捧げています。
しばらくその祈りが続いた後、聖者は一旦寺院を出て行き、再び戻ってきた後、今度は神々への歌が始まりました。その歌が終わると、先ほどの2つの部屋の周りに配された通路を聖者を先頭に周ります。私たちも参加しました。これで一連の夜の祈りは終了となるようです。

インドを旅すれば、必然的にヒンドゥー寺院を訪れる機会は増えますが、それでも、このような儀式に立ち会える機会はそうそうありません。
非常に貴重な経験となりました。

アマンバーグへ戻り、遅めの夕食です。
本日の夕食は、ロビーの建物の2階に位置するオープンエアのテラスで、ラジャスタンの満天の星空を眺めながらの素敵なディナーとなりました。

DINNER_01

DINNER_02

DINNER_03

DINNER_04

DINNER_05

DINNER_06

なお、アマンバーグでは、宿泊客の希望に応じ、様々な場所でディナーをセッティングしてもらえます。
思い出に残る、自分たちだけのディナーを演出してもらうのもいいかもしれませんね。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑥


アマニカスを後にし、先ほどと同じランドクルーザーに分乗して約3時間、今回の視察ツアーのメインである『アマンバーグ(Amanbagh)』へ向かいます。

アマンバーグが位置するのは、ラジャスタン州のアジャブガールという村。地方の田舎の村ですが、その歴史は古く、ムガル帝国の皇帝たちも幾度となく滞在したことがあると言われ、現在も村には古い城塞や建築物が残されています。アマンバーグが位置する場所は、かつては近郊のマハラジャが虎狩りを行った際のキャンプの場所として利用されていたところです。
バーグ(Bagh)とは、ヒンディー語で「庭園」を意味し、平和を意味するアマンと組み合わされ、「平和な庭園」を意味します。一歩、敷地内に入れば、その名前に偽りがないことが実感できます。

アマンバーグに到着すると、まずは、到着の歓迎の儀式で出迎えられます。
オレンジ色の美しいサリーに身を包んだ女性たちが、ロビーで荘厳な歓迎の歌を披露してくれます。その後、お客様一人ひとりの手首に幸運を祈る紐を結びつけてくれます。

AMANBAGH_01

その後、スイカのジュースのウェルカム・ドリンクをいただきました。
ふと床に目を落とすと立派な虎の絵が描かれています。そして、それを良く見ると、なんと、カラフルな花びらを使って精巧に描かれたものでした。この絵は、毎日、違うものに描き直されているとのことでした。
また、ロビーにある噴水にも鮮やかな色の花びらが隙間なく浮かべられています。この花びらも、毎日違う色のものに取り換えられていました。

AMANBAGH_03

AMANBAGH_04

AMANBAGH_02

アマンリゾーツの一つの特徴、それはチェックインをするフロントがない、ということです。
フロントがなければ、チェックインができません。では、どこでチェックインの手続きを行うのか?それは、宿泊する客室の中で行われるのです。

各人に担当のスタッフが1名つき、簡単に設備の案内を受けながら、部屋へと案内されます。
アマンバーグには、「コートヤード・ハーヴェリー」、「ガーデン・ハーヴェリー」、「テラス・ハーヴェリー」、「プール・パビリオン」の4つの異なるカテゴリーの部屋がありますが、今回宿泊したのは、「プール・パビリオン」。全16室ある、アマンバーグの中でも最多の部屋数のカテゴリーです。

室内の設備の説明を受け、必要書類を記入し終わった後は、早速室内の探検です。
本日は、宿泊したプール・パビリオンのお部屋をじっくりご紹介します。

敷地の中心を囲むように建つプール・パビリオンは、入口から前庭を経て、建物へと入ります。前庭には、「フレーム・オブ・ザ・フォレスト」と呼ばれる大きな木がオレンジ色の花を付けていました。

AMANBAGH_05

中央の通路を挟み、向かって右側が寝室エリア、左側が浴室エリアに分かれています。アマンバーグの客室はすべてスイートルームです。

寝室エリアには、大きなキングサイズのベッドにライティング・デスク、リビング・エリアが配置されています。やはりテレビの設備はありません。現実の喧噪から離れ、ゆったりと過ごすのがコンセプトです。

AMANBAGH_06

AMANBAGH_07

AMANBAGH_08

反対側の浴室スペースには、ウダイプール産の青大理石をくり抜いた贅沢なバスタブを中心に、トイレ、シャワーブース、2つの洗面台、2つのウォークイン・クローゼットが配置されています。このスペースだけでも、普通のホテルの客室以上の広さがあります。

AMANBAGH_09

AMANBAGH_10

AMANBAGH_11

その名の通り、このカテゴリーの最大の魅力は、庭にプライベート・プールがあることです。9m×3mのプールは、夏場は冷水に、冬場は温水に温度調節されており、またプールサイドにあるダイニング・エリアでは、朝食などを召し上がることも可能です。

AMANBAGH_12

AMANBAGH_13

庭では野生の猿の姿を見ることがありますが、人を襲うようなことはまずないので、ご安心を。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑤


サワイマドプールは、ベンガル・タイガーをはじめとした多種多様な野生動物を見ることができるランタンボール国立公園観光の拠点となる町です。
かつてジャイプールのマハラジャ達の狩猟場であったこの地は、1955年に野生動物の保護区となりました。一度は絶滅の危機に瀕したベンガル・タイガーですが、その後の徹底した保護の努力が実り、現在ではその個体数も増加してきています。

そのランタンボール国立公園に隣接した敷地に展開されているのが、今回視察する一つ目のアマンリゾートとなる『アマニカス(Aman-i-Khas)』。
世界中のアマンリゾーツには、それぞれ、サンスクリット語で「平和」を意味する「アマン」に現地語をはじめとしたその他の単語を組み合わせた名前が付けられていますが、ここアマニカスの「カス」とは、ヒンディー語またはウルドゥー語で「特別な」を意味する言葉です。
サワイマドプールの駅でアマニカスから迎えに来たランドクルーザーに分乗して約30分、アマニカスの視察へと向かいました。

アマニカスに到着すると、総出のスタッフと鮮やかなピンクのウエルカム・ドリンクが私たちを出迎えてくれました。これから酷暑期を迎えようとしているインド、とりわけ砂漠地帯のラジャスタンの日中の気温はゆうに40℃を越えています。冷たいウェルカム・ドリンクが、乾いた喉を潤してくれました。

AMAN-I-KHAS_03

アマニカスは、テント式の客室が敷地内に点在してるホテルです。その数、僅か10張。これに加えて、スパ・テント、ライブラリー・テント、ダイニング・テントが併設されています。テント数が少ない分、スタッフたちのおもてなしをよりきめ細やかに受けることができます。
なお、気候の関係上、毎年10月から翌年の4月までが営業期間となっています。

AMAN-I-KHAS_01

AMAN-I-KHAS_02

テントと言っても、侮ってはいけません。
広々としたテント内に入ると、入口から向かって正面がベッド・エリア、右側が浴室エリア、左側が洗面エリアとなっています。浴室エリアには大理石をくりぬいて作られたバスタブも完備し、シャワーブースとトイレは別となっています。テント内にはエアコンも完備され、外部の暑さが嘘のようです。
なお、ゆったりとリゾートを満喫していただくため、室内にテレビはありません。また、ベッドの手前に見える茶色のボックスの中には氷で満たされたクーラーボックスが収納されており、冷蔵庫の役割を果しています。

AMAN-I-KHAS_04

AMAN-I-KHAS_05

AMAN-I-KHAS_06

もちろん、敷地内にはお洒落なプールも完備。燦々と輝く強烈な太陽の下、水遊びやプールサイドでの読書なども存分に楽しむことができます。

AMAN-I-KHAS_07

また、敷地内の随所にたくさんの花が飾られ、リゾート気分をさらに盛り上げてくれます。

AMAN-I-KHAS_08

この他にも、敷地内にはアマニカスで供されるお食事に使われる有機栽培の野菜などを育てる農園や、湖などもあります。ご希望により、湖のほとりでロマンチックなディナーをセッティングしてもらうことも可能だとのことでした。

一通り施設を視察した後、ダイニング・テントで少し遅めのランチをいただきました。インド料理はもちろんのこと、洋食やメキシカンまでメニューから選ぶことができますが、せっかくのインドの旅、インド料理をいただくことにしました。

AMAN-I-KHAS_09

AMAN-I-KHAS_10

AMAN-I-KHAS_11

AMAN-I-KHAS_12

なお、アマニカスでは1日に2回、ランタンボール国立公園へのサファリを実施しており、スタッフの話しでは、3泊すれば、ほとんどのお客様がベンガル・タイガーと遭遇できる、とのことでした。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート①


2015年4月22日~4月26日の5日間、インドの航空会社エア・インディアと世界的リゾートホテル・チェーンのアマンリゾーツによるインド、ラジャスタン州にある『アマニカス』と『アマンバーグ』2つのホテルの視察旅行へ行ってきました。
本日からしばらくの間、視察レポートをお送りします。

レポートを始める前に、本日は、アマンリゾーツについてご紹介したいと思います。

アマンリゾーツは、1988年、フラッグシップ・リゾートであるアマンプリ(「平和なる場所」)がタイのプーケットにオープンして以来、ブータン(アマンコラ、2004年)、カンボジア(アマンサラ、2002年)、中国(アマンサマーパレス北京、2008年;アマンファユン、2010年)、フランス(ル・メレザン、1992年)、ギリシャ(アマンゾイ、2012)、仏領ポリネシア(ホテルボラボラ、1989年)、インドネシア(アマンダリ、1989年;アマヌサならびにアマンキラ、1992年;アマンワナ、1993年;アマンジウォ、1997年)、インド(アマニカス、2003年;アマンバグ、2005年)、ラオス(アマンタカ、2009年)、モンテネグロ(アマン・スベティステファン―ヴィラ・ミロチャー、2008年)、モロッコ(アマンジェナ、2000年)、フィリピン(アマンプロ、1993年)、スリランカ(アマンガラ、2005年;アマンウェラ、2005年)、トルコ(アマンルヤ、2011)、タークス・カイコス諸島(アマンヤラ、2006年)、アメリカ合衆国(アマンガニ、1998年;アマンギリ、2009年)に23の小規模で贅沢なリゾートを展開しています。

giri_swimming_pool3_alb

dari_swimming_pool12_alb

jena_bassin1_alb

そのこだわりのコンセプトの一つは、「小規模である」こと。
大規模のホテルとは異なり、まるでファミリーのような温かなおもてなしを提供し、一人ひとりの個性を大切にする現代のライフスタイルにふさわしい滞在がそこにはあるのです。

明日から、日程を追いながら最新のインドの様子、アマンリゾーツの最高級のホテルをご紹介していきます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ