世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アメリカ

日本だけじゃない! 桜が見られる世界の都市をご紹介。


3月も中旬、暖かく感じられる日も徐々に増えて、いよいよ春の訪れを肌で感じられるようになってきた今日この頃です。
日本の春と言えば、なんといっても桜!
最新の開花予想をチェックすると、来週23日頃から咲き始め、日本列島を桜前線が北上していくようです。

日本の風物詩とも言える桜ですが、日本以外にも美しい桜を楽しめるスポットが世界中に存在します。
今日は、そのいくつかをご紹介したいと思います。

①ポトマック河畔の桜並木(ワシントンDC/アメリカ合衆国)

Cherry_Blossom_01

リンカーン記念館の裏手を流れるポトマック川の川岸は、毎年3月下旬から4月上旬にかけて一面が桜色に染まります。ここの桜並木はワシントンDCはもちろん、全米でも有名なばかりか、世界的にも有名なスポットとなっています。
この桜、実は1912年に荒川の土手から持って来られたもので、日米友好の証でもあるのです。
また、毎年この時期には、「全米桜祭り」が大々的に開催されます。

②東湖桜花円(武漢/中国)

Cherry_Blossom_02

前述のポトマック河畔、日本の弘前公園、そしてこの中国は武漢の東湖桜花園が「世界三大桜の名所」に数えられているのだとか。日本軍の武漢占領時代に桜が植えられ、その後も植樹が進んで、現在のような名所になったそうです。中国国内でも、遼寧省大連市にある龍王塘桜花園と合せて二大桜の名所とされています。

③慶州/韓国

Cherry_Blossom_03

韓国最大の歴史の街として知られる新羅時代の古都・慶州。
「屋根のない博物館」と呼ばれるほど、古墳や遺跡が数多く残るこの慶州では、観光客を迎え入れるために街を整備した際に、多くの桜が植えられ、いつの頃からか、「慶州=桜」というイメージが韓国内外で出来上がっていきました。現在では、約2万5000本の桜の木が街を覆っています。
毎年桜の季節には、「慶州桜マラソン&ウォーク大会」が開催されます。

まだまだ世界中には「桜の名所」と言われる場所がたくさんあります。
事前に調べて訪れるもよし、あるいは、偶然そんな名所に出逢うこともあるかもしれません。
また、桜以外にも世界中には美しい花の名所も数多く存在します。いずれ、そんな名所もご紹介していければと思っています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

日本もデザイン変更を検討・・・世界の綺麗なパスポートをご紹介!



旅行に限らず、海外へ渡航する際には必ず必要となるもの、それは何と言っても「パスポート」。
パスポートとは、政府またはそれに相当する公的機関が交付し、海外に渡航する自国民の国籍や身分を証明するとともに、外国官憲に保護を依頼する公的文書のことを言います。日本では、「旅券」とも呼ばれます。

現在の日本のパスポートは、1992年に縦12.5cm、横8.8cmのサイズとなり、1995年には従来の5年有効のパスポートに加えて10年用のパスポートが導入され、表紙の色は5年用が紺色、10年用が赤色となっています。
デザイン的に見ると、表紙には皇室の紋章でもある「十六一重表菊」が印刷され、各ページには桜の絵柄やページの数字が薄く印刷されています。
2006年にはICチップが内臓された他、細やかな印刷様式の変更で偽造対策は行われていますが、デザインはほとんど変更されていません。

そんな日本のパスポートですが、ICチップが内臓されているページが分厚くて使いにくい、他国に比べて地味、との意見が多く、政府がデザイン変更の検討を始めたとのニュースが入ってきました。
まだデザインは決定していませんが、デザイン案として、
  • 富士山などの名所旧跡を印刷
  • 国内の世界遺産を印刷
  • 葛飾北斎の浮世絵「富国三十六景」を印刷

などの案が出ているようです。

政府は、このデザイン変更を機に、「パスポートを親しみやすいものにする」、「パスポートを通じて海外での日本文化の発信につなげる」ことをめざしたいとしています。

2020年に東京オリンピックの開催が決定していることから、2019年までのデザイン変更を目指します。

さて、世界中の国には、綺麗でデザインの優れたパスポートがいくつも存在します。

最後は、そんなパスポートのいくつかをご紹介したいと思います。


■アメリカ合衆国

USA

アメリカの象徴である鷲のデザイン、ニューヨークの「自由の女神」などの名所旧跡、独立宣言の抜粋などが印刷されています。


■ノルウェー

Norway_01

3色の色鮮やかな表紙


Norway_02

中のページには、簡素化されたフィヨルドの絵柄が印刷されていますが、ただのフィヨルドの絵ではありません・・・


Norway_03

ブラック・ライトを当てると、なんと!

オーロラが出現するという憎い演出がほどこされています。


■スイス

Swiss_01

真っ赤な表紙にはよく見るとスイス十字が型押しされています。

中のページのデザインも非常にカラフルで、すべてのページが異なるデザインとなっています。


■カナダ

Canada_01

写真左側は国会議事堂の絵が印刷されたページを普通に見たもの。

これにブラックライトを照射すると・・・右のように、建物がライトアップされ、花火が打ちあがる仕掛けになっています。


こうやって見ていくと、綺麗で可愛らしいパスポートが世界中にはたくさんあることが分かります。

せっかく日本のパスポートのデザインを変更する動きがあるのであれば、世界中の人々からうらやましがられるような斬新なデザインを取り入れてほしいものです。


個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。



↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

【速報!】アメリカ合衆国とキューバが国交正常化交渉を開始へ


Flag_of_Cuba Flag_of_the_United_States

2014年も暮れになって、大きなニュースが飛び込んできました。
長年に亘って国交を断絶していたアメリカ合衆国とキューバが国交正常化交渉を開始する、というのです。
オバマ米大統領は17日正午(日本時間18日午前2時)、半世紀以上も外交関係が断絶しているキューバとの国交再開を目指す協議を開始すると発表した。ホワイトハウスは、キューバを国際的に孤立させることで民主化促進を目指すこれまでの米国の政策が「失敗だった」と認め、新たな包括的外交政策を発表することで、関与政策に向けて180度の方向転換をした。
(毎日新聞 12月18日(木)2時10分配信記事より)
キューバは元々アメリカ合衆国の実質的な保護国でしたが、1959年にフィデル・カストロを中心としたキューバの革命勢力が当時のバティスタ政権を打倒すると(キューバ革命)、翌60年にはキューバ内の米国系企業の接収に踏み切りました。これに対抗する形で61年には米国が対キューバ国交断絶を宣言。62年には、「人道的措置」とされる一部の食糧や医薬品を除き、対キューバ全面禁輸に踏み切り、経済封鎖の状態が続いていました。

一部のチャーター便を除いて米系航空会社は定期便を就航させていないため、メキシコやカナダからキューバへ入るのが現在では一般的ですが、今回の国交正常化交渉により、大幅に条件が緩和され、米国~キューバ間の定期便の就航が再開されることが期待されます。
また、キューバ入国にあたっては、滞在中の万が一の際の医療費などを十分に補償できるだけの海外旅行保険に加入することが必須となっていますが、これについても、米系保険会社(AIU保険など)キューバへの渡航については保険の販売をしていませんでした。この点も国交正常化により、変化が見込める部分でしょう。

数か月以内に首都ハバナに米国大使館を再開させるとも報道されています。
今回の国交正常化により、世界遺産、歴史、ビーチと様々な魅力に溢れ、昨今人気の高いキューバがより身近になることは間違いありません。
クリスマス前に大きなニュースのプレゼントとなりました。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

近代以前の生活様式を頑なに守る宗教集団 アーミッシュを知っていますか?



アーミッシュと呼ばれる人々を知っているでしょうか?
学生時代に英語の授業で習ったり、その言葉だけは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
本日は、そのアーミッシュと呼ばれる、現代社会においてはある意味「特殊な」集団をご紹介したいと思います。

Amish_04

アーミッシュとは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州やカナダのオンタリオ州などに居住するドイツ系の移民で、キリスト教と共同体に忠実である厳格な規則に基づいて生活している宗教集団です。
アーミッシュは、近代以前の生活様式を頑なに守りながら生活しており、原則として、現代の技術を否定ないしは拒否しています。そのため、商業電源は使用せず、風車や水車で発電した電気を蓄電池に充電して使用しています。また、電話などの通信手段も家庭内にはなく、車も運転せず、移動手段は馬車を使用しています。

Amish_02

ただし、すべての現代技術を否定しているというわけではないようで、自分たちの信仰生活を喪失しないかどうかを慎重に判断し、取り入れるものは取り入れているようです。

アーミッシュの服装は非常に質素で、その服装の特徴を見ればアーミッシュかどうか区別がつくと言われています。男性は襟なしの黒い上着と黒い帽子が特徴で、女性は長いワンピースに白い帽子をかぶっていることが多いそうです。子供たちは白いシャツに黒いベストを着ていることが多いですが、子供に限っては色物を着ていることもあるようです。

Amish_05

Amish_03

コミュニティ内では、ペンシルベニア・アレマン語と呼ばれるドイツ語の一方言とアメリカ・ドイツ語が融合した独特の言葉を話しています。また、学校教育はコミュニティ内でのみ行われ、わずかに8年間のみ。これは、これ以上の教育を受けると、知識が先行し、謙虚さを忘れ、神への感謝の気持ちを失うとの考えに基づいています。

アーミッシュは原則として快楽を感じることはすべて禁止されており、厳しい戒律があります。その一部をご紹介してみると・・・
  • 怒ってはいけない。
  • 喧嘩をしてはいけない。
  • 聖書と聖書を学ぶための参考書以外の読書をしてはいけない。
  • 化粧をしてはいけない。
  • 保険に加入してはいけない(予定説に反するため)。
  • 離婚してはいけない。
  • 男性は口ひげを生やしてはいけない。        などなど

Amish_01

このように非常に独特な生活を維持しながら生活しているアーミッシュ。

アメリカ合衆国のランカスターなどでは彼らの生活を垣間見ることができます。旅の一つのテーマとして、こういった場所を訪ねてみるのも興味深いかもしれません。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

「ゴースト・タウン」なのに美しい! アメリカ・カリフォルニア州/ボディ



Bodie-State-Historic-Park_03

「ゴースト・タウン」と言えば、人が住まない廃墟と化した町のこと。
近年では、お隣中国で不動産投資のために購入され、実際にはそこに住んでいないためにゴースト・タウンと化してしまった高層マンション群が各地に出現し、社会問題になっているのが記憶に新しいところです。

そんな、怖いイメージのあるゴースト・タウンですが、アメリカのカリフォルニア州に、かつてゴールド・ラッシュの時代に栄えた金鉱の町のゴースト・タウンが存在します。
でも、そのゴースト・タウンが美しいんです。その町の名は、ボディ(Bodie)。

Bodie-State-Historic-Park_05

この町の名前は、最初にここで金脈を発見したW.S.ボディという人物の名前に因みます。
1859年に金脈を発見したボディ氏は、しばらくの間は数人の友人と共に金の採掘に勤しんでいましたが、1875年に大きな金脈が発見され、1877年にスタンダード・カンパニー社により金鉱が買収されると、多くの人々が一山当てようとこの地に集まってきて、わずか数十人しかいなかった人口が最盛期には1万人近くにまで膨れ上がりました。

金鉱の悲しい性で、金が出なくなれば人々はその地を捨て去り、新たな金鉱を求めていくのです。
やがて金が採れなくなったボディは、1932年に大火事が発生したことも相まって、急速に衰退の一途をたどり、やがて、ゴースト・タウンと化したのでした。

Bodie-State-Historic-Park_01

現在のボディの町には、住宅やホテル、学校や教会などが当時の姿のまま残されています。大火事にあったとは思えないほど完璧に残された町並みは、私たちにかつての繁栄の面影を垣間見させてくれます。

Bodie-State-Historic-Park_02

一部の建物は中の様子も見学することができます。

Bodie-State-Historic-Park_04

青空を背景に大平原にたたずむボディのゴースト・タウンは、哀愁を漂わせながらもどことなく美しく見えるから不思議なものです。

そんな歴史的な意義もあって1962年、州立歴史公園に指定されました。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ