世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アルナーチャル・プラデーシュ州

添乗員現地最新レポート インド/アルナーチャル・プラデーシュ州編⑨



今日でアルナーチャル・プラデーシュ州の添乗員現地最新レポートは最後になります。

先に紹介したアパ・タニ族をはじめ、アルナーチャル・プラデーシュ州には今も多くの民族が暮らしていますが、ほとんどの民族は昔ながらの伝統衣装やスタイルをやめてしまっています。

今日は、ズィロの町からグワハティへ戻る道中に立ち寄った出会ったニシ族の村や露店を紹介します。

PA180714

PA180716

PA180717

PA180718

PA180720

PA180721

PA180722

PA180725

PA180727

PA180734

PA190746

PA190748

PA190750

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アルナーチャル・プラデーシュ州編⑧



アルナーチャル・プラデーシュ州のズィロの訪問は、今回の旅のハイライトの1つです。この地域に住むアパ・タニ族の人々はモンゴロイド系で、言葉はシナ・チベット語族のアパ・タニ語を話します。
アパ・タニ族の社会は元来、太陽と月など自然崇拝を軸とする「ドニ・プロ」と呼ばれる独自の信仰を維持してきました。祈りの場には竹と卵の殻で作った捧げものがあります。

ドニプロ信仰

ドニプロ信仰2

ドニプロ信仰3

昨今は、キリスト教ミッションの布教活動で多くの人がキリスト教に改宗したため、伝統的信仰は減少しつつあるようです。

アパ・タニ族の女性は、成人への通過儀礼として鼻筋に沿って刺青を施すほか、鼻に穴を開け木製のノーズプラグでふさぐ風習がありました。この風変わりな習慣は、他の種族との抗争において、女たちが誘拐されないようにその容貌を醜くしたことが始まりでした。1970年以降この風習は廃れたため、現在では40歳以上の女性に見られるだけとなりました。

PA170605

PA170607

PA170608

PA170610

PA170611

PA170615

PA170618

PA170620

PA170627

PA170628

PA170629

PA170641

PA170649

PA170651

PA170652

PA170653

PA170662

PA170680

PA170688

PA170690

PA170709

PA170711

PA170712

アパタニ 男性

PA170697

PA170700

PA170706

マーケット1

マーケット2

ねずみ燻製

はちのこ

ビンロウ

祭りで使う道具

祭りの様子

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アルナーチャル・プラデーシュ州⑦



テズプールに戻った私たちは、近郊にあるナメリ・テント・キャンプに滞在しました。そこは森林に囲まれた敷地内に常設されたテントが並んでいます。早朝、バードウォチングを楽しんだり、かわいらしいサルの姿を木の上に見ることができました。テント内にはトイレまたシャワーが付いています。夜の静けさと朝の新鮮な空気、そこでは自然の豊かさを感じることができます。

周辺は小さな村々と青々とした水田、牛や子供達が群がるなどとても長閑な場所です。夕方の散策や茶農園訪問など、とても良い思い出に残りました。

PA150542

PA150543

PA150544

PA150546

PA150547

PA150549

PA150552

PA150553

PA150554

PA150557

PA150560

PA150561

PA150569

PA150570

PA150572

PA150573

PA160574

PA160576

PA160581

PA160584

PA160586

PA160590

茶農園

茶農園2

茶農園3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アルナーチャル・プラデーシュ州編⑤



タワンに3連泊した2日目、タワンの北西部約100kmに位置するジミタンを訪ねました。天気にも恵まれ、道中素晴らしい景色を見ることができました。

ジミタン近郊

ジミタン2

ジミタン3

道中 景色

道中

道中2

道中3

道中4

蕎麦、豆、大根畑、車に踏ませるために道路に敷いたミレット、途中で立ち寄ったヌムラ村のバザールとゴンパ、偶然に出会ったモン族の女性達!

ミレット

ミレット2

大根

豆

ヌムラ村2

ヌムラ村3

ヌムラ村4

ヌムラ村5

ヌムラ村6

ヌムラ村7

ヌムラ ゴンパ

ヌムラ ゴンパ2

ヌムラ ゴンパ3

ヌムラ ゴンパ4

ヌムラ ゴンパ5

ヌムラ ゴンパ6

彼女らはヤクの毛をフェルト状にして作ったジョモという帽子をかぶり、ラック虫で染めたロウシルクの貫頭衣を身に纏います。モンパの中でも様々な系統があり、タワン地区にはタワン・モンパ、パンチェンパ、ブロクパと呼ばれる人々、西カメン地区にはディラン・モンパ、カラクタン・モンパ、ブド・モンパと呼ばれる人々などが暮らしています。宗教はアニミズムで、その他のモンパは敬虔な仏教徒です。

モンパ族

モンパ族2

モンパ族3

モンパ族4

また、ゴムサル仏塔は、18世紀にラマ・プラダルによって建てられたと言われています。東ブータンのタシ・ヤンツェに建つチョルテン・コラと共に、この地域最大のネパール型のチョルテンとして有名です。


ゴムサル仏塔

ゴムサル仏塔2

ゴムサル仏塔3

ゴムサル仏塔4

ゴムサル仏塔5

ゴムサル仏塔6

ダライ・ラマ14世がチベットから亡命した際、 最初に辿り付いたのはジミタンです。この街の周辺にはモンパの一系統であるパンチェンパと呼ばれる人々が住んでいます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アルナーチャル・プラデーシュ州編③



アルナーチャル・プラデーシュ州のディランは、谷間に開かれた村です。ディランは行き帰りと2度立ち寄り、丘の上のリン・ゴンパ、ディラン・ゾン(城壁)、商店の散策をしました。谷間にビチョム川が流れており、石造りの家屋と畑、農園が辺りに広がっています。日本の里山のような、のどかな空気が流れています。

リン・ゴンパ

リン・ゴンパ2

リン・ゴンパ3

リン・ゴンパお供え

リン・ゴンパ外

リン・ゴンパ外2

リン・ゴンパ外3

リン・ゴンパ外4

リン・ゴンパ外5

リン・ゴンパ外6

リン・ゴンパ外7

リン・ゴンパ外8

リン・ゴンパ内

リン・ゴンパ内2

リン・ゴンパ内3

リン・ゴンパ内4

ディラン 商店街

ディラン 商店街2

ディラン 商店街3

ディラン 商店街4

ディラン 商店街5

ディラン 商店街6

ディラン 商店街7

ディラン 商店街8

ディラン町

ディラン郊外

ディラン郊外2

タワンに向かう途中、標高4,300mのセラ峠を越えました。さすがに、頂上は冷え込みが厳しく、復路サラ峠を越えた時は雪が降っていました。峠越えでは標高の差異により変わる植生や気候、頂上の湖や寺院など楽しむことができます。

セラ峠

セラ峠2

セラ峠3

セラ峠4

セラ峠5

セラ峠6

サラ峠7

セラ峠8

セラ峠9

サラ峠10

サラ峠11

サラ峠12

サラ峠13

セラ峠 近郊

野道の花

峠を越えてしばらく経つと、ジャスワント・ガールに中国軍の侵攻を阻止したインド軍将校シン氏の記念碑があります。

戦争記念碑

戦争記念碑2

戦争記念碑3

1962年、この辺りでは中印紛争の激しい戦争がありました。わずか1ヶ月間で2000人ものインド兵が亡くなっています。後日、タワンで戦争記念館を訪ねて際に、詳しい説明を聞きました。(後日紹介)

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ