世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

アンデス山脈

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編⑧


皆さんキヌアをご存知でしょうか?
南米アンデス山脈のアルティプラーノにおいて、数千年前より食用に栽培されている擬似穀物で、ヒエ、キビ、アワ、ヒエなどと同様に、雑穀に分類されています。

実は、キヌアは栄養バランスにとても優れた食材で、精白米の2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、7倍のリン、8倍の鉄が含まれているのです!以前、NHKの「あさイチ」でも優れた食材として紹介されていました。

今日はキヌア畑とキヌア料理(マッシュルーム・リゾット)をご紹介します。

P1240307

P1260595

P1260596

P1260597

P1260598

キヌア・スープ

トマト・リゾット

マッシュルーム・リゾット

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編⑥


アタカマ塩湖は、サンペドロ・デ・アタカマの南55kmの場所にあり、山々に囲まれていて外部へ水が流出できない塩湖です。東にはアンデス山脈の主山脈、西にはアンデス山脈の第2山脈であるドメイコ山脈が連なっています。

この塩類平原は3,000㎢の広さがあり、長さ約100km、幅80kmにおよびます。 ボリビアのウユニ塩湖に次ぎ、世界で2番目の大きさを誇ります。

ここで特筆すべきは、フラミンゴが食しているアルテミアの存在です。アルテミアの祖先は,数億年前の古生代に現れたといわれています。例えば、その近い仲間に三葉虫が知られていますが、すでに2億4500万年前に死に絶えています。他の生物は死に絶えてしまったのに,どうしてアルテミアは現在まで生き延びることができたのか?

アルテミアは,環境が厳しくなると卵を生むようになり,その卵が厳しい環境に耐えることができるのです。卵は乾燥に耐え,10年でも20年でも生き続けることができるといわれています。これは完全に乾燥しないための物質であるトレハロースを卵に含んでおり、現在では食品などの保湿成分として利用されています。

P1230269

P1230270

P1230271

P1230272

P1230273

P1230276

P1230277

P1230279

P1230280

P1230281

P1230282

P1230283

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編⑤


アンデス山脈に抱かれたアルティプラーノは、来るたびにこの世とは思えぬような景色を見せてくれます。アルティプラーノのとは、スペイン語で「高原」を意味します。

太平洋の海洋プレートと南米の大陸プレートの激しい衝突により、アンデス山脈を構成する二つの山系が隆起し、それに挟まれるように、標高の高い広大な盆地が誕生しました。ボリビア、チリ、アルゼンチンの国境が接する南端には、鋭く切り立った大きな火山が連なります。

今日は、アルゼンチン~チリ間で通ったアルティプラーノをご紹介します。

P1230251

P1230252

P1230253

P1230254

P1230255

P1230258

P1230259

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑬


チリのアンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠は、東西の幅は約160km、一方で南北の広がりは1,000kmと長大です。アンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため世界でも最も乾燥した砂漠といわれます。代表的な場所として知られる、 砂漠の風景が広がる月の谷を紹介します。

P1250651

P1250660

P1250662

P1250663

P1250664

P1250667

P1250669

P1250671

P1250673

P1250683

P1250685

P1250696

P1250702

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑤


ウマワカ渓谷は、その美しい景観と先住民の文化を今に伝えているということで世界遺産に登録されています。アルゼンチンのフォルクローレ音楽の故郷でもあり、『エル・ウマウワケーニャ(邦題「花祭り」)』は、南米のフォルクローレを代表する曲として、日本でもよく知られています。

ウマワカ渓谷の中心都市ウマワカは、石畳の道に日干し煉瓦作りの建築物が建ち並ぶ美しい村です。

ウマワカ村

ウマワカ村2

ウマワカ村3

ウマワカ村4

ウマワカ村5

そこで昼食にキヌアのリゾットを食べました。

キヌアリゾット

キヌアは、南米アンデス山脈の高地で栽培されていて、モロコシ、アワ、ヒエなどに似ています。生産国は、ペルー、ボリビア周辺に限られているようです。

キヌア

お味は、なかなかの美味!また、辛みスパイスのLOCOTOの粉末を加えると、さらに美味しいです。

LOCOTOスパイス

また、近郊のプルママルカの村の近くには、七色の色をもつと言われる山があり、それはまるで絵の具のパレットのようです。

7色の丘

7色の丘2

村の広場を中心に、お土産を売る屋台が並びます。

プルママルカ村

プルママルカ村2

主な商品は、アルパカの毛で編まれたセーターやコカ茶を飲む時に使用するストローや容器など、その土地特有のものばかりで、ウィンドウ・ショッピングも楽しめます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ