世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

イギリス

添乗員現地最新レポート ネパール編㉑


ゴルカは「ゴルカ兵」の語源となった地です。
19世紀の前半にイギリスがネパールと戦った際、火力で優勢にたつ英国軍に対して勇敢に戦い、その後、英国東インド会社が傭兵として会社が保有する軍隊に組み入れられました。

ゴルカはカトマンズからポカラ方面へ向う途中から北に入った所にある標高1,200mの小さな町。ここのゴルカ族の王プリティヴィ・ナラヤン・シャハが当時いくつもあった王国を勢力下におさめ、1768年にネパール統一を果たしました。その後、240年間続いた王制が廃止になり、ネパールは2008年より共和制になりましたが、ゴルカはネパール王朝発祥の地なのです。私たちは王宮を訪ねました。

P3090591

P3090592

P3090594

P3090598

P3090600

P3090602

P3090604

P3090605

P3090606

P3090607

P3090609

P3090610

P3090614

P3090615

P3090616

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

ジブラルタルの空港がちょっと変わってる?


以前のエントリー「世界中に数多くある『飛び地』とは?」の中でもご紹介したジブラルタル。
もう一度おさらいをしておくと、ジブラルタルはスペインのアンダルシア州に隣接し、地中海に面したイギリス領の飛び地です。そのシンボルは「ザ・ロック」と呼ばれる岩山で、観光名所にもなっています。

そんなジブラルタルにもきちんとした空港がありますが、この空港が他ではなかなか見られないユニークなものなのです。
何がユニークかと言うと、実はこの空港、滑走路とスペイン領から続いているウィンストン・チャーチル・アベニューという道路が交差しており、航空機が離発着する際に遮断される踏切があるのです!

GIBRALTAR_INTERNATIONAL_AIRPORT_03

GIBRALTAR_INTERNATIONAL_AIRPORT_02

GIBRALTAR_INTERNATIONAL_AIRPORT_04

GIBRALTAR_INTERNATIONAL_AIRPORT_05

何でも、滑走路を建設する際にその領土が十分ではなかったために、苦肉の策として一般道を横切る形で建設せざるを得なかったのだとか。実際、その領土の少なさゆえに、滑走路の一部は海に突き出しています。

GIBRALTAR_INTERNATIONAL_AIRPORT_01

こんな体験をできる場所は世界広しと言えどもそうあるわけではありません。
ジブラルタルを訪問する機会があったら、是非、この「飛行機の踏切」を渡ってみたいものですね。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/グジャラート州21


グジャラート州の出身だったマハトマ・ ガンジーは、アーメダバードにガンジー・アシュラム(道場)を作り、敷地内には現在、ガンジーの活動関連のレクチャーホール、歴史博物館、図書館などがあります。

P3200599

P3200600

P3200601

P3200604

P3200605

P3200607

P3200610

ガンジーといえば、「インド独立の父」として非暴力・無抵抗主義を掲げて「闘った」人として一般的に知られます。因みにに皆さんは、写真などでガンジーが腰布一枚で手紡ぎ車(チャルカ)を廻しているのを見たことはありますか?

P3200616

P3200615

P3200616

ガンジーは、単にイギリスからの政治的独立のために闘った人ではなく、イギリスに占領され、植民地化されたインドの貧困と奴隷状態の原因は、イギリスの生んだ近代機械文明を良しとし受け入れたインド人自身にあると考えていました。チャルカをもち、綿から布に加工する工程を取り戻し、「真の文明」と経済的基盤の確立を目指す実践的な運動をしていたのです。

今アシュラムでは、人々がチャルカを持って集まり、祈りの言葉の代わりにチャルカを廻します。ガンジーのチャルカの思想をあらためて教えられました。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

世界中に数多くある『飛び地』とは?


外国を旅していると、ある国のお隣に遠く離れた別な国の領土がひょっこりと姿を現わすことがあります。
このような場所は一般的に「飛び地」と呼ばれており、世界中にたくさん存在しています。

では、飛び地の定義とはどのようなものなでしょうか?ウィキペディアにあたってみると・・・
Aの領域がA以外の領域によって、複数に分断されている状態にあるとする。Aの主要地域以外のその他の領域が飛び地である。(Wikipedia「飛地」)
と定義されています。では、なぜ、そのような飛び地が生まれることになったのかというと・・・
封建制度化においては、同一の君主の所領が各所に分散していることは珍しくなかった。国民国家形成の際に旧来の領邦の境界を引き継ぐこともあり、その際に領土や行政区画に飛地が残ったという事例が、ヨーロッパ、インド、日本に多いようである。(Wikipedia「飛地」)
その他にも自然条件、合併、領土買収、独立など様々な要因も飛び地発生の原因となっています。

世界中の飛び地の中から、いくつかの飛び地をご紹介します。

●ジブラルタル(イギリス領)
ジブラルタル海峡で有名。スペイン(アンダルシア州)に隣接し、地中海に面しています。イベリア半島南東端の小半島を占め、地中海の出入口を抑える戦略的要衝の地として、軍事上、海上交通上重要視されているため、今でもイギリス軍が駐屯しています。

Gibraltar

●ムサンダム(オマーン領)
アラブ首長国連邦ラアス・アル=ハイマ首長国に隣接し、ホルムズ海峡に面しています。オマーンの首都マスカットからは、約480km離れています。

Musandam_fjord

●カリーニングラード(ロシア領)
北にリトアニア、南にポーランドと隣接しています。かつてはケーニヒスベルクと呼ばれ、哲学者イマヌエル・カント生誕の地、また、琥珀の産地としても知られています。

Kaliningrad

世界中にはまだまだご紹介しきれない飛び地がたくさん存在しています。
そんな飛び地を訪ね歩くのもまた楽しいかもしれませんね。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ