世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

イタリア

世界の街の色⑨ビタミン・カラー フランス/マントン


約4ヶ月ぶりの「世界の街の色」シリーズ、今回のエントリーでご紹介するのは、南仏コートダジュールの町、マントンです。

Menton_01

イタリアとの国境に近いため、町にはフランス人だけでなくイタリア人も多く、また、1860年までモナコ領だったことから、文化の入り混じった独特な雰囲気を醸し出しています。
年間を通じて亜熱帯気候に属するマントンは、フランスでは珍しく冬でも温暖で、南仏でも最も暖かいと言われています。世界中から多くの観光客を集めていますが、かつてもイギリスやロシアの富裕層が避暑地として訪れていたといいます。また、前衛芸術家ジャン・コクトーとゆかりがあり、中世の要塞跡を利用したジャン・コクトー美術館もあります。

マントンの見どころは、丘の斜面に建ち並ぶビタミン・カラーの美しい風景。
ビタミン・カラーとは、明るい黄色、緑色、オレンジ色などかんきつ類に見られるようなビビッドな色調のこと。町を歩きながら眺めるだけでも十分美しいですが、ビーチからゆったりと眺めると、海と空の青さと相まって、より美しい風景を楽しむことができます。

Menton_02

Menton_03

Menton_04

Menton_05

マントンはまた、毎年2月中旬に開催される「レモン祭り」でも有名な場所です。

Menton_06

このレモン祭りについてはまた追ってご紹介したいと思います。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

世界の街の色④白色 イタリア/オストゥーニ


世界の街の色シリーズの第4段は白色をお届けします。
「色のない色が白…」そう感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、白色はすべての色の基本を成す色であり、そうだからこそ、他の色との比較として存在した場合、他の色に負けるとも劣らない存在感を存分に発揮してくれる色なのです。

Ostuni01

イタリア南部、プーリア州にに所属するオストゥーニの町は、正に中世の丘上都市です。
周辺には見渡す限りのオリーブ畑が広がり、その中を進んで行くと突然、真っ白な建造物が密集したオストゥーニの町のある丘が姿を現わします。遠景からオストゥーニを臨むと、いくつもの建造物が立体的に重なりあって丘の斜面に密集しており、正に圧巻。まるで、真っ白で巨大な一つの建造物がそこにあるかのような錯覚すら覚えるほどです。
アドリア海の真っ青な「青」、周辺のオリーブ畑の「緑」に囲まれ、その白色がこれでもかと言わんばかりの存在感を発揮しているのです。

Ostuni03

この町の起源は、中世初期の10世紀に遡ります。
アドリア海を挟んでバルカン半島と対峙する立地条件をもつオストゥーニは、常に海賊など外部からの侵略の危険にさらされていたため、町をそのような侵略から守るために丘の上に建設し、そして、万が一、外敵が侵入してしまった場合でも、容易には町の中に入れないようにあえて、このように密集した形にしたのでした。

Ostuni02

オストゥーニが属するプーリア州は、イタリア南部特有の強い日差しが特徴で、そんな環境の中で少しでも涼しく生活を送るための知恵として、オストゥーニの人々は建物の外壁に白い石灰を塗り、その結果、オストゥーニは白い町となったのです。

白だからこそ、夜景もまた素敵です。

Ostuni04

光の中に浮かび上がる白亜の町は、イタリアの他の町とはまた異なった強烈な印象を旅人に植え付けてくれるのです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ