アガルタラ北東に178km、7~8世紀頃に掘られた巨大岩彫刻があります。山肌に掘られた彫刻の前で、シヴァ神が祈る場所だったといわれており、言い伝えによると、破壊の神シヴァが10,000,000の神とカーシ「光り輝く場所=ベナレス」に向かった時、ウナコティで休憩しましたが、シヴァは明朝日の出前に自分を起こしてくれるよう、全ての神に頼んだところ、翌朝目覚めるとシヴァ以外は起きることが出来なくなっていたそうです。その様子を石刻で表現したと言われています。

ウナコティはインターネットでもガイドブックでもほとんど情報がありません。
また1つ、秘境に隠された知られざる見事な遺跡を見つけました。

PC100233

PC100237

PC100238

PC100239

PC100242

PC100245

PC100246

PC100247

PC100248

PC100249

PC100250

PC100251

PC100253

PC100255

PC100258

PC100261

PC100265

PC100266

PC100267

PC100268

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ