世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

エア・インディア

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑫(最終回)


美味しい日本食をいただいた後は、帰国前最後の、と言うよりこのインドの旅で初めての買い物の時間となりました。
行った場所は、「カーン・マーケット(Khan Market)」。
そんなに広いエリアではありませんが、売っている商品のクオリティが高く、安心して買い物をすることができます。インドを旅する女性たちにも最近人気のスポットなのだとか。

これで本当に今回の視察旅行のプログラムはすべて終了です。
帰国の途に就くためにインディラ・ガンディー国際空港へと向かいます。
この空港は、免税店も非常に充実しており、搭乗前の時間も有効に活用することができます。少々お値段は高めですが、買い忘れたインド土産もほとんど空港で揃えることができそうです。2階には、フードコートも揃っています。

DELHI_AIRPORT_01

DELHI_AIRPORT_02

やはりインドらしい、お釈迦様の頭像も鎮座しています。

DELHI_AIRPORT_03

お釈迦様の頭像に見送られ、我々が乗ったエア・インディアAI-306便はほぼ定刻どおり、インドを後にし、一路成田空港を目指しました。
機内では、離陸後及び着陸前の2回の機内食が提供されましたが、爆睡のため、着陸前の2回目の食事は食べ損ねてしまいました(笑)

IN_FLIGHT_MEAL_01

IN_FLIGHT_MEAL_02

====================

今回は、3泊5日という短く、慌ただしい日程でのインド滞在となりましたが、世界中で評価が高く、一度は泊まってみたいと憧れるアマンリゾーツについて詳しく知ることのできる有意義な旅でした。
今回のインド訪問は、前回のインド訪問からかれこれ15年ぶりとなりましたが、首都デリーだけ見ても以前のイメージから大きく変化していました。かつては、首都といえども自由に闊歩していた牛たちも、今やその姿を消していました。そんな、過去の記憶を呼び起こしながら、色々な比較を楽しみながらの旅でした。

お世話になりました、アマンリゾーツの皆様、エア・インディアの皆様はじめ関係各位に心より御礼申し上げます。

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート②


成田ならインドのデリーまでの往復は、今回の視察旅行の主催者でもあるインドのフラッグ・キャリアであるエア・インディア。日本へは成田と関空にそれぞれ就航しており、成田線が水・土・日の運航、関空線が火・木・土の運航となっています。
今回はエア・インディアのご厚意により、ビジネス・クラスに搭乗させていただきました。

ビジネス・クラス搭乗の場合、出発までのひと時を軽食や飲み物も用意されているラウンジで過ごすことができます。成田空港にはエア・インディア専用のビジネス・クラス・ラウンジはないため、提携しているチャイナ・エアライン(中華航空)のラウンジを利用することになります。

AIR_INDIA_01

成田~デリー線に就航している機材は、ボーイング社最新鋭の787ドリーム・ライナー。搭乗便は、ほぼ定刻通り、成田空港を飛び立ちました。

AIR_INDIA_02

AIR_INDIA_03

同機のビジネス・クラス座席は、全18席。2-2-2の配列のシートが3列分です。
シート・ピッチも座席の幅も十分なゆとりがあり、ゆったりと空の旅を満喫することができます。

AIR_INDIA_04

シートの全面には大型のスクリーンがあり、種類豊富な映画や音楽番組をそれぞれの好みで楽しむことができます。残念ながら、日本語の番組はあまり多くはありません。
また、スクリーンの下には足置きがあり、これはシートをフルフラットに倒した時のベッドの一部となります。

AIR_INDIA_05

成田からデリーまでの飛行時間は9時間弱。飛行中、機内食は2回供されます。
まずは、飲み物と共に前菜とピーナッツ、アーモンド、インドのミックスナッツのスナックです。

AIR_INDIA_06

食事は、カレー2種(ベジタリアン/ノンベジタリアン)と和食からのチョイス。今回は、和食をチョイスしました。メインはうな丼です。

AIR_INDIA_07

AIR_INDIA_08

食後にはデザートのケーキとチーズ。ここまでの一連のお食事でお腹も大満足です。

AIR_INDIA_09

食事も一段落し、窓の外を眺めると、眼下に雲海を望みながら青空の中に飛行機の主翼が見えます。この独特な主翼の形が787ドリーム・ライナーの一つの特徴です。

AIR_INDIA_11

着陸前の2回目の食事は、オープン・サンドと揚げ餃子、ケーキにフルーツです。

AIR_INDIA_10

徐々に高度を下げ始めたエア・インディア機は、定刻より若干遅れて、デリー・インディラ・ガンディー国際空港に着陸しました。
入国審査場では、いかにもインドらしい、印を結んだ手の彫刻が我々を迎えてくれました。

AIR_INDIA_12

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート①


2015年4月22日~4月26日の5日間、インドの航空会社エア・インディアと世界的リゾートホテル・チェーンのアマンリゾーツによるインド、ラジャスタン州にある『アマニカス』と『アマンバーグ』2つのホテルの視察旅行へ行ってきました。
本日からしばらくの間、視察レポートをお送りします。

レポートを始める前に、本日は、アマンリゾーツについてご紹介したいと思います。

アマンリゾーツは、1988年、フラッグシップ・リゾートであるアマンプリ(「平和なる場所」)がタイのプーケットにオープンして以来、ブータン(アマンコラ、2004年)、カンボジア(アマンサラ、2002年)、中国(アマンサマーパレス北京、2008年;アマンファユン、2010年)、フランス(ル・メレザン、1992年)、ギリシャ(アマンゾイ、2012)、仏領ポリネシア(ホテルボラボラ、1989年)、インドネシア(アマンダリ、1989年;アマヌサならびにアマンキラ、1992年;アマンワナ、1993年;アマンジウォ、1997年)、インド(アマニカス、2003年;アマンバグ、2005年)、ラオス(アマンタカ、2009年)、モンテネグロ(アマン・スベティステファン―ヴィラ・ミロチャー、2008年)、モロッコ(アマンジェナ、2000年)、フィリピン(アマンプロ、1993年)、スリランカ(アマンガラ、2005年;アマンウェラ、2005年)、トルコ(アマンルヤ、2011)、タークス・カイコス諸島(アマンヤラ、2006年)、アメリカ合衆国(アマンガニ、1998年;アマンギリ、2009年)に23の小規模で贅沢なリゾートを展開しています。

giri_swimming_pool3_alb

dari_swimming_pool12_alb

jena_bassin1_alb

そのこだわりのコンセプトの一つは、「小規模である」こと。
大規模のホテルとは異なり、まるでファミリーのような温かなおもてなしを提供し、一人ひとりの個性を大切にする現代のライフスタイルにふさわしい滞在がそこにはあるのです。

明日から、日程を追いながら最新のインドの様子、アマンリゾーツの最高級のホテルをご紹介していきます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ