21時からスタートのサワートー・カクテルで度胸試しも終わると、結構な時間となります。
そろそろ、おとなしくベッドに入り、明日に備えようか・・・
そんなことを言っている場合ではありません!
ドーソン・シティの夜は、これからが本番と言っても過言ではないのです。

ユーコン準州は、真冬でなくてもオーロラが見える場所としても知られています。
緯度が高くなればなるほど、オーロラが見える確率が上がるため、ホワイトホースより北に位置するドーソン・シティではよりオーロラが見える確率が上がるのです。
ドーソン・シティでの最大の夜のエンターテインメント、それはオーロラ鑑賞と言ってもいいのかもしれません。

ホワイトホースでもオーロラを見ることはできます。
では、ホワイトホースとドーソン・シティでは何が違うのか?
ホワイトホースがほかに比べていくら小さい市だと言っても、建物も多く、それゆえに市の中では夜中でもそれなりの明るさがあります。そのため、ホワイトホースでオーロラを見ようと思えば、周りに明かりのない郊外のオーロラ鑑賞施設に行く必要があります。実際、いくつかの会社がオーロラ鑑賞施設を運営しています。もちろん、強度の強いオーロラが出現すれば、ホワイトホースの街中でも見ることができますが・・・。
一方、ドーソン・シティは前述のとおり非常に小さな町で建物も少なく、また、街灯も少ないため、夜ともなれば街中でもある程度の暗さが得られるのです。町のすぐ脇を流れるユーコン川の川岸まで行けばもう、真っ暗。ということで、特別な場所に行かなくても、ドーソン・シティではオーロラを見ることができるのです。
ここが大きな違いです。

サワートー・カクテルを終えた我々は、オーロラを求めて、ユーコンの川岸へと向かいました。
実は、レポートには書いていませんでしたが、ホワイトホースで2度、オーロラ鑑賞にチャレンジしていたのですが、ほとんど見ることができず、そのリベンジの意味合いもあって、ホワイトホースに期待をかけていたのです。

しばらく待っていると・・・
出ました!オーロラが!
それも、「そう言われればオーロラに見える」という類ではなく、はっきりとオーロラだと分かる、しっかりとしたオーロラです。あちらに出たかと思うと消え、そうかと思えばこちらに新たに出現する・・・そんなオーロラが暗闇の中を舞ったのです。
首が痛くなるほど見上げ、夢中にカメラのシャッターを切りました。

一説には、オーロラの活動のピークは午前2時頃なのだとか。
これだけのオーロラを見ることができて満足した我々は、午前2時を過ぎたこともあり、ホテルへ帰ることにしました。
ホテルの入口を入ろうと、名残惜しくもう一度、空を見上げたところ・・・
先ほどよりもはるかに鮮明で大きなオーロラが再び暗闇に出現したのです!
「カーテン」、「爆発」、「降り注ぐ」そんな言葉がまさにぴったりの、誰もがイメージするオーロラの姿そのものです。それも、今、我々が立っているのは少ないとはいえ、街灯の明かりのある町の中。ユーコンの川岸よりはるかに明るい場所です。それでも、こんなにもはっきりとオーロラが見えたのです。

先ほどまで首が痛いなどと言っていたこともすっかり忘れ、再び真上の空を見上げ、シャッターを押し続けたのでした。

下の写真は、街灯の下から、携帯電話のカメラで撮影したオーロラです。
そのような状況でも、これだけカメラに収めることができました。後日、一眼レフカメラで撮影したもっと鮮明なオーロラの写真を掲載したいと思います。

Northern_Lights_01

Northern_Lights_02

Northern_Lights_03

翌朝(厳密に言えば、その日の朝)、寝ぼけ眼で朝食に集合したのは、ご愛嬌です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ