世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

カシュガル

添乗員現地最新レポート 中国/新疆ウイグル自治区編⑧


カシュガルからホータンへの移動の際、ヤルカンドの町に立ち寄りました。町は2000年あまりの歴史を有します。ヤルカンド王陵は、ヤルカンド・ハン国(1514-1680年)の王宮所在地です。文化大革命の際にかつての王宮は破壊されてしまい、今は1980年代に修繕・再建されたものが残ります。なかにはアラベスクとウイグル文字で装飾された石棺や四角形、六角形の墓が並んでいます。

ヤルカンド王陵

ヤルカンド王陵2

ヤルカンド王陵3

隣にはイスラムの16世紀の代表的詩人、また音楽家でもあったアマニサハン王妃陵もあります。この女性のウイグルムカムの音楽への貢献は多大なものでした。町の公園には彼女の銅像が立っています。

アマニサハン廟

アマニサハン廟2

アマニサハン像

残念ながら、ヤルカンドの歴史は新疆内では今はあまり知られていません。現地ガイドさん(ウイグル族)も、息子も天安門の歴史は学校で教わるので詳しいが、ヤルカンドは存在自体あまり知らないと嘆いていました。

活気ある町のバザールとあわせてご紹介します。

ヤルカンド ハミウリ屋

ヤルカンド ロバ車

ヤルカンド 楽器屋

ヤルカンド 床屋

ヤルカンド 昔ながら建物

ヤルカンド 鳥販売

ヤルカンド町

ヤルカンド2

ヤルカンド3

ヤルカンド4

ヤルカンド4

ヤルカンド町5

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中国/新疆ウイグル自治区編②


カシュガルを後にし、向かったのはヤルカンドです。数カ月前にオープンしたばかりの高速道路を利用し、約2時間半でヤルカンドに到着です。数年前に比べ、新疆ウイグル自治区の幹線道路は格段に良くなってきています。

さて、ヤルカンドに立ち寄った理由はドランムカムの観賞のためです。世界無形文化遺産にも指定されているドランムカムとは、ウイグルの伝統的音楽であるムカムのひとつで、ドランムカムは9つのパートから成り立っています。

ドランムカムは、四種の楽器で構成されます。ダップと呼ばれる太鼓の様な楽器と、ラワプと同じく弦楽器のギジェッキ、カロンと呼ばれる琴に似た弦を弾いて演奏する楽器で構成されます。ドランの踊りは、大きく手を広げて旋回するところに特徴があります。

ヤルカンドのバザールとあわせてご紹介します。

PA300129

PA300130

PA300135

PA300137

PA300143

PA300146

PA300149

PA300150

PA300151

PA300168

PA300169

PA300170

PA300171

PA300172

PA300173

PA300174

PA300175

PA300176

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中国/新疆ウイグル自治区編①


新疆ウイグル自治区は中国北西部に位置する自治区です。南に崑崙山脈、北に天山山脈とアルタイの3つの山脈と、その間にあるタリム・ジュンガルの2つの盆地からなります。古代はシルクロード交通の要衝として知られ、新疆南部には歴史遺産が数多く残っています。

住民はイスラム教を信じるトルコ系住民であるウイグル族が多く、漢族以外の少数民族が6割を占めています。ここ数十年で漢民族の移住者が増え、文化や宗教が抑圧されていると訴えるウイグル族との対立は激化しています。

さて、今回の日程は新疆ウイグル自治区の中心都市で区都であるウルムチから空路カシュガルへ。

空路ウルムチーカシュガル

空路ウルムチ―カシュガル2

空路ウルムチーカシュガル4

空路ウルムチ-カシュガル3

そこから、陸路、ヤルカンド→ホータン→ニヤ(砂漠公路)→クチャ(南疆鉄道)→トルファン→ウルムチというルートでした。本格的な冬の到来が迫る10月末の出発でしたが、思っていたよりも過ごしやすく、日中で20℃前後、朝晩でも10℃前後で、観光客は少なく遺跡の観光では貸切り状態なんてことも多々ありました。

カシュガルでは、17世紀にカシュガルの宗教、政治の実権を握っていたアパク・ホージャ一族の墓であるアパーク・ホージャ墓、新疆最大のモスクというだけではなく、中国最大のモスクであるエイティガール寺院、また、バザールや旧市街にある「職人街」も訪ねました。

アパークホージャ

アパークホージャ2

アパークホージャ3

アパークホージャ4

アパークホージャ5

アパークホージャ6

エイティガール

エイティガール2

エイティガール3

バザール

バザール2

バザール3

バザール4

バザール5

バザール6

バザール8

バザール9

バザール10

バザール11

バザール12

バザール13

バザール14

バザール15

バザール16

バザール17

バザール18

バザール19

バザール20

ケバブ店

ケバブ

ケバブ2

ケバブ3

ラグメン

旧市街

旧市街2

旧市街3

旧市街5

職人街 パン模様付け

職人街 歯医者

職人街

職人街3

職人街4

職人街5

職人街6

職人街7

職人街ベビーベッド

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ