世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

カッパドキア

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第62日目


2015年10月23日(金) 第62日目

今朝は、カッパドキア名物の気球によるカッパドキアの上空観光に3名様がご参加予定。流れ星の降る星空を眺めながら迎えを待っていると…迎えは来たものの、無情にも「キャンセル」の一言。ホテル周辺は穏やかな天気だったものの、気球が飛び立つ場所は風が強く、運行の許可が下りなかったようです。安全を第一に考えた対応ですから致し方ありません。幸いにもここには2連泊。明日の朝、再挑戦することにします。

今日の観光はゆっくり9時半からのスタート。まずはカイマクルにある、地下都市の観光からです。地下都市は幅の狭い通路を腰をかがめながら歩かなければいけないため、足腰の悪い方や閉所恐怖症の方がいないかどうかをバスの中でチェック。皆さん大丈夫そうなので、全員揃っての観光です。
地下都市はその発祥や歴史について謎が多いものの、一時期はアラブ人から逃れたキリスト教徒が隠れ住んでいたこともあると言われています。内部には、教会や厨房、貯蔵庫などがあり、大規模な共同生活の跡が伺えます。

2015102321542400

2015102321544600

2015102321550000

2015102321551000

2015102321560100

2015102321561100

2015102321562100

トルコと言えばトルコ絨毯が有名ですが、中でもここカッパドキアの絨毯がつとに有名です。続いては、トルコ絨毯の工房を訪ね、絨毯製作の行程やその特徴、素材による違いや見分け方などをオバマ米大統領訪問の際にも案内したというムスタファ氏に説明していただきました。

2015102321563600

2015102321565400

2015102321570300

流暢な日本語を駆使し、時に冗談を交えながらなされるその説明に、これまで色々と絨毯について誤解していたことに気付かされたのでした。

2015102321572900

2015102321573900

2015102321575300

昼食の前に、ウチヒサールとギョレメのパノラマで写真ストップを行いました。

2015102321585500

2015102321592900

2015102321593700

パノラマでは、トルコ・アイスも召し上がっていただきました。

2015102321595900

2015102322000600

昼食は、昨日とは別の洞窟レストランにて。

2015102322002000

食後最初は、パシャバー地区の通称きのこ岩での写真ストップ。カッパドキアを代表する景観の一つです。

2015102322004200

2015102322004900

2015102322010300

2015102322012000

そして、本日の最後はラクダ岩での写真ストップ。ここには他にも、ナポレオンの帽子や聖母マリアなどの奇岩も見ることができます。

2015102322014000

2015102322014900

今日の夕食は久しぶりに市内のレストランにて、カッパドキアを代表する名物料理つぼ焼きケバブ(テスティ・ケバブ)をいただきました。

2015102322020000

この料理は、素焼きの壺の中で肉と野菜を長時間煮込んだ料理で、食べる直前に壺の口を切り開けます。

2015102322022900

2015102322021900

2015102322023700

明日の朝の気球ツアー再チャレンジは、どうなるでしょうか?

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。 

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります! 
 

海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第61日目


2015年10月22日(木) 第61日目

本日は、中央アナトリア高原のトルコ一大観光地の一つカッパドキアを目指します。ホテルを出発したバスは、荒涼とした高原の中の一本道をひた走ります。
バスの中では、イランーイラク戦争の際にイランの首都テヘランに取り残された日本人を救い出したトルコ政府の英断とそれにまつわる日本とトルコの友好関係を描いたNHKの番組「プロジェクトX」を視聴しました。

ギョレメ野外博物館に到着。

2015102304155600

これまで西イランから東トルコに至るまで、日本人観光客の姿を目にすることはなく、どこの観光地に行っても基本的に私達だけの貸し切りという状況が続いた中、ここに来て数多くの観光客の姿を目にしてやはりトルコ屈指の観光地に来たことを実感すると同時に、この度のゴールであるイスタンブールの地が徐々に徐々に近づいてきていることを実感します。

「カッパドキア」とは一つの場所を指す地名ではなく、この辺りのエリアの総称。その中にはいくつかの中心となる町があり、ギョレメもそのうちの一つ。ギョレメの谷には30を越える岩窟教会が残っており、それぞれの洞窟には壁画や洞窟の特徴から名付けられたトルコ語の通称が付けられています。
人が長時間洞窟内に滞在することで内部の温度が上昇し壁画に悪影響を与えることを防ぐため、現在では内部での説明は禁止されており、洞窟外で説明を受けてから見学となります。また、内部での写真撮影も禁止されています。
リンゴの教会、ヘビの教会、暗闇の教会の説明をした後、1時間の自由時間を取りました。

2015102304161600

2015102304165800

2015102304171300

2015102304172500

2015102304173400

2015102304175700

観光後は、カッパドキアらしい洞窟レストランでお魚の昼食。雰囲気満天です。

2015102304182100

2015102304182900

カッパドキアはワインの産地でもあり、お食事と一緒にカッパドキア産のワインもお楽しみいただきました。

2015102304183800

食後は、少し早めですが、本日から2連泊のホテル「MDC」へ。途中、「三人姉妹」と呼ばれる奇岩で写真ストップ。

2015102304185800

このホテルは、洞窟ホテルなどの趣のある高級プチホテルが点在するユルギュップの町にあります。洞窟ホテルは天然の洞窟を最大限活かしてホテルとしたものであるため、一つとして同じ形の部屋はありません。多少の部屋の大小はどうしても生じてしまいますが、どんな部屋になるのかも楽しみの一つです。

2015102304201000

2015102304193400

2015102304194500

夕食までの時間、ホテルのお部屋及びホテルの周辺を各々お楽しみいただきました。

夕食はホテルにて。今日はトルコ伝統楽器の演奏もありました。

2015102304252300

2015102304253100

ホテルは夜になるとライトアップされ、さらにその雰囲気も良いものとなります。

2015102304203100

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。
 

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります! 

 

海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ