インドとバングラデシュ国境の町マウリンノングは、「アジアで最もクリーンな村」という評判を集め、訪れる人が絶えません。この村は10年前までは、メガラヤ州の名もなき小さな村のひとつでしたが、2005年にインドの旅行誌「Discover India」で「アジアで最もクリーンな村」と評されたことをきっかけに、国内からの観光客の数が増え続けています。
家屋のほとんどは竹できており、村の各所にゴミ箱が置いてあり、また各家庭から出るゴミは堆肥穴に入れられ、再利用されています。 村ではビニール袋の利用と喫煙が禁じられており、道や広場には文字通り「ちりひとつ」落ちていません。公衆トイレは村人によって順番に清掃されるなど清掃活動は毎日実施されており、子供たちは小さな頃から身の回りを清潔に保つよう徹底的にしつけられているそうです。万一、ゴミが落ちているのを見つけたら、誰もがそれを自ら拾ってゴミ箱に入れることを当たり前に実行しています。

PC140586

PC140587

PC140590

PC140592

PC140597

PC140600

PC140601

PC140602

PC140603

PC140604

PC140605

PC140606

PC140607

PC140608

PC140609

PC140610

PC140611

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ