世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

コロラダ湖

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑯


ボリビアに入国し、最初の宿泊地はビジャマールです。
ビジャマールまでの見どころには前述したベルデ湖、ブランカ湖、ボルケス湖、ダリ砂漠のほか、マニャーナ間欠泉やコロラダ湖があります。

マニャーナ間欠泉も先に訪れたタティオ間欠泉と同じく4,000m以上の高地にあり、目の前で迫力ある水蒸気の噴煙や地下で沸騰する水音を感じることができます。日本の間欠泉だったら、安全上柵などが設置されるでしょうが、ここではありません。

間欠泉

間欠泉1

間欠泉2

間欠泉3

標高4,200mのコロラダ湖では、あいにく雨模様でしたが、沢山のフラミンゴを見ることが出来ました。

コロラダ湖

コロラダ湖2

なにより、ビジャマールまでの道のりで見る景色が素晴らしいので、あわせて写真をお届けします。

リャマ

風景

風景2

風景3

風景4

風景5

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編⑮


ボリビアの南部にサルバドール・ダリの絵を彷彿とさせる砂漠があり、ダリ砂漠と呼ばれています。位置は前述のベルデ湖と後に紹介するコロラダ湖の間あたりです。

ダリ

ダリ2

ダリ3

ダリ4

また、数キロ北にはポルケスの湖と温泉(標高4,200m)があります。ポルケスには観光客が休憩できるような施設もあり、観光客は昼食や温泉体験をして過ごしています。この湖に映った空の景色も素晴らしく、忘れられない思い出です。

P1260024

P1260026

P1260033

P1260035

P1260037

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

アンデス最深部に佇む真っ赤な湖 コロラダ湖(ボリビア)


Laguna_Colorada_04

今や、ボリビアを代表する湖と言えば、塩の湖『ウユニ塩湖』でしょう。日本ではテレビ・コマーシャルで取り上げられたことがきっかけとなり、急激に認知度、人気共に上昇しました。実質的首都のラパスからの航空便も開通してアクセスが格段に便利になったこともあり、ウユニ塩湖を訪ねるツアーも数多く見られるようになりました。

さて、そのウユニ塩湖から陸路でお隣りのチリへ抜ける道中に、ウユニ塩湖とはまた一味違う、隠れた湖が佇んでいます。その名も、『コロラダ湖(ラグーナ・コロラダ)』。
写真をご覧いただいてもお分かりのとおり、この湖の特徴は湖水が真っ赤であること。なんでも、湖に生息する藻類やプランクトンの影響で赤く見えるのだとか。ウユニ塩湖の真っ白な湖面と青空のコントラストは素晴らしいものですが、このコロラダ湖の砂浜も真っ白なこともあって、青空と赤い湖面、そして白い砂浜の3色のコントラストもまた違った美しい景色を生み出しています。

このコロラダ湖のもう一つの特徴は、フラミンゴの群生地となっていること。

Laguna_Colorada_01

湖に生息するプランクトンを求めて、2月頃の最盛期には数千羽が羽を休め、8月頃の冬季でも数百羽を見ることができます。そのほとんどがジェームズ・フラミンゴですが、数は少ないもののアンデス・フラミンゴやチリ・フラミンゴの姿も見ることができます。

Laguna_Colorada_02

Laguna_Colorada_03

チリとの国境近くに位置しているため陸路でしか訪れることができず、決してアクセス便利、というわけにはいきませんが、せっかくウユニ塩湖まで行くのであれば、併せて訪れたい穴場です。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ