世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ゴールド・ラッシュ

カナダ・ユーコン準州 現地視察レポート⑮


眠い目をこすりながら集合した我々は、この日はゴールド・ラッシュに因んだ場所を3か所訪ねることになりました。

最初に訪れたのは、『ボナンザ・クリーク』。
ここは、1896年、カナダ人のジョージ・カーマックスと先住民のドーソン・チャーリー、スコークン・ジムの3人が膨大な金を発見し、杭を立てて金の採掘権を主張した、クロンダイク川の支流で、正にゴールド・ラッシュの最初の一歩が踏み出された場所です。今では簡単なトレイルがあり、小川へと下りて行くことができますが、この何気ない小川から北米にセンセーションを巻き起こしたゴールド・ラッシュが始まったのかと思うと、感慨深いものがあります。

次に訪れたのは、ボナンザ・クリークからほど近い場所にある、『ドレッジ#4』。

Dredge_01

ゴールド・ラッシュが巻き起こった当初、人々はゴールド・パンと呼ばれる浅いお皿を使って手作業で金を採っていましたが、ほどなくして金の採掘に企業が乗り出してくるようになると、より効率よく採金を行うために水力発電で稼働する大型のドレッジ(=浚渫機/土砂をすくい上げて取り除く機械)が活躍するようになりました。
このドレッジ#4は1913年に建造されたもので、ゴールド・ラッシュ後の1960年まで稼働しており、このタイプのドレッジとしては北米最大、カナダの国定史跡に指定されています。

Dredge_02

ゴールド・ラッシュ当初のゴールド・パンでの砂金採取を体験できるのが、『ゴールド・パニング』です。
土砂を入れたゴールド・パンを水を張った水槽の中で、少しずつ揺すって行き土砂を取り除いて行くと、土砂よりも重量の重い砂金だけがゴールド・パンに残る、という仕組みです。
とは言っても、激しく揺すると砂金をも水槽の中に沈めてしまうことになります。優しく、丁寧に揺すっていくのがポイントです。

Gold_Panning_01

Gold_Panning_02

Gold_Panning_03

自分で採取した砂金は、ゴールド・パニング体験の記念として、小さなボトルに入れて持ち帰ることができます。また、併設の売店ではこの砂金を使って、アクセサリーを作ってもらうこともできます。

ドーソン・シティとは切っても切れないゴールド・ラッシュ。
これらの場所を訪ね歩くことで、当時の人々の熱狂ぶりを追体験できるかもしれません。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

カナダ・ユーコン準州 現地視察レポート⑫


ツームストン準州立公園の視察を終えた我々は、本日の宿泊地であるドーソン・シティへ向かいます。
ドーソン・シティは、ゴールド・ラッシュの時に建設された町。
それ以前は、先住民が夏季の漁業の際の宿営地として使っていただけの土地でしたが、ゴールド・ラッシュで町が建設されると、どんどん人口が増え続け、最盛期には4万人が暮らす町となりました。しかし、ゴールドラッシュの終焉とともにその人口は減り続け、ユーコン準州誕生以来の準州都でしたが、1952年にホワイトホースにその座を譲るとさらに人口の減少は加速されました。

現在では、約2,000人が暮らす町で、町の端から端まで歩いても10分もかからない小さな町です。
町を見下ろすドーム・マウンテンから見ても、その小ささがよく分かります。横を流れるのはユーコン川です。

Dawson_01

町全体がゴールド・ラッシュ最盛期の活気のあった当時の様子のまま保存、再現されており、その中を歩いていると、さながら当時にタイム・トリップしたかのような錯覚に陥ります。

Dawson_03

Dawson_02

Dawson_04

ここで宿泊したのは、『ダウンタウン・ホテル(Downtown Hotel)』。

Downtown_Hotel_01

このホテルもまたゴールド・ラッシュの時代を思わせる外観のこじんまりとしたホテルですが、実はななめ前には別館もあり、中に入るとアンティーク感をもたせながらも、客室にはしっかりとした設備、備品が整っており、快適な滞在ができました。

Downtown_Hotel_02

明日のエントリーからは、少し、ドーソン・シティの町を歩いてみたいと思います。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

「ゴースト・タウン」なのに美しい! アメリカ・カリフォルニア州/ボディ



Bodie-State-Historic-Park_03

「ゴースト・タウン」と言えば、人が住まない廃墟と化した町のこと。
近年では、お隣中国で不動産投資のために購入され、実際にはそこに住んでいないためにゴースト・タウンと化してしまった高層マンション群が各地に出現し、社会問題になっているのが記憶に新しいところです。

そんな、怖いイメージのあるゴースト・タウンですが、アメリカのカリフォルニア州に、かつてゴールド・ラッシュの時代に栄えた金鉱の町のゴースト・タウンが存在します。
でも、そのゴースト・タウンが美しいんです。その町の名は、ボディ(Bodie)。

Bodie-State-Historic-Park_05

この町の名前は、最初にここで金脈を発見したW.S.ボディという人物の名前に因みます。
1859年に金脈を発見したボディ氏は、しばらくの間は数人の友人と共に金の採掘に勤しんでいましたが、1875年に大きな金脈が発見され、1877年にスタンダード・カンパニー社により金鉱が買収されると、多くの人々が一山当てようとこの地に集まってきて、わずか数十人しかいなかった人口が最盛期には1万人近くにまで膨れ上がりました。

金鉱の悲しい性で、金が出なくなれば人々はその地を捨て去り、新たな金鉱を求めていくのです。
やがて金が採れなくなったボディは、1932年に大火事が発生したことも相まって、急速に衰退の一途をたどり、やがて、ゴースト・タウンと化したのでした。

Bodie-State-Historic-Park_01

現在のボディの町には、住宅やホテル、学校や教会などが当時の姿のまま残されています。大火事にあったとは思えないほど完璧に残された町並みは、私たちにかつての繁栄の面影を垣間見させてくれます。

Bodie-State-Historic-Park_02

一部の建物は中の様子も見学することができます。

Bodie-State-Historic-Park_04

青空を背景に大平原にたたずむボディのゴースト・タウンは、哀愁を漂わせながらもどことなく美しく見えるから不思議なものです。

そんな歴史的な意義もあって1962年、州立歴史公園に指定されました。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ