世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

サッカー

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第51、52日目


2015年10月12日(月) 第51日目

本日は、ツアー4回目の休息日です。
旅も終盤に入ってきて、皆様の疲れも「順調に」溜まってきました。皆さんそれぞれテヘランでの1日を過ごしました。
少しだけホテル周辺のご紹介を。
今回滞在の『パルシャン・エンゲラーブ・ホテル』は街の北側に、あり少しだけ高級な地区に建っています。

1444848266209 

少し歩くとスイーツ、ナッツ、パンのお店などが並んでいます。因みに私が立ち寄ったパン屋のコーヒーは、5万リヤル=約200円です。お店もヨーロッパにあるようなお店と何ら変わりはありませんでした。

1444848272819

さて、ツアーの最初から本日51日目まで皆様とお供して参りましたが、私も今日でお役ご免。交代の添乗員・齋藤がテヘランに今日、到着しました。明日から齋藤がツアー最後のトルコはイスタンブールまで、皆様のお供をいたします。

2015101422365900

ブログをお読みいただきました皆様、ツアーご参加の皆様、大変にお世話になりました。ありがとうございました。

====================

2015年10月13日(火) 第52日目

ツアー後半の添乗を担当します齋藤です。これまで前半担当の山崎添乗員から日々送られてくる日々のレポートを日本からブログにアップしてきましたが、これから先は現場から随時更新していきます。まさに、「生中継」でお届けしてまいりますの乞うご期待!

さて、本日は当初の予定では朝テヘランを出発し、世界遺産であるソルタニエを見学してザンジャンへ向かうという行程でしたが、先日もお話ししたように現在、サッカー日本代表がテヘランに来ており、イランとの親善試合が今日の午後5時キックオフ。偶然にも同じホテルに滞在していたということもあり、「何とか試合も見れないものか…」そんなお声も聞こえ始めていました。
こんな機会は滅多にないもの、ダメで元々と粘り強く交渉を試みた結果…イランのパートナーであるテヘラン・トラベル社社長のガンバリ氏の頑張りもあり(笑)、奇跡的にチケットを入手!

ということで、本日は急遽、日程を変更して、イランと日本のサッカー親善試合を感染した後、ザンジャンへ向かうこととなりました。

午前中はゆっくりとホテルで過ごしていただいた後、まだサッカースタジアムの開場時間まで時間もあるということで、テヘランの西に位置する人造湖アップシャー湖を散策することに。

2015101423132400

周辺に高級住宅が建ち並ぶこの湖の周辺は公園にもなっており、週末ともなれば、テヘラン市民の憩いの場として賑わうとのこと。今日は平日の午後ということもあり、静かな雰囲気の中での散策となりました。

2015101423135900

その後、サッカースタジアムへ。
少々早く着きすぎたため、バスの中で待機しながら、途中で購入したボリュームたっぷりのサンドイッチを食べました。そうこうしているうちに、セキュリティの人がバスに乗り込んで来て、いよいよサッカースタジアムの中へ入りました。このサッカースタジアムは非常に大きなスタジアムで、10万人も収容できるそうですが、そのスタジアムに一番乗りで入場したのでした。

2015101423142800

2015101423144100

セキュリティの問題もあり、日本人サポーターは一箇所に集められての観戦です。午後5時、予定通りキックオフ。平日のこの時間の試合開始とあって、初めこそやや少なめと思えたイラン人サポーターでしたが、どんどんとその数は増えていき、イメージでは、1:100くらいの割合のように思えました。

2015101423151600

そんな、完全アウェーでの試合となりましたが、それでも、日本人エリアでは、現地テヘラン日本人学校の生徒さんを中心に、大いに盛り上がり、声援を送っていました。

2015101423154300

試合の詳細は他に譲りますが、1点をイランに先行された日本が後半に追いつき、結果は1対1の引き分けとなりました。

2015101423153300

2015101423155300

そうそう味わえない異国の地での日本代表のサッカー観戦に興奮冷めやらないうちにスタジアムを後にし、一路、ザンジャンへ。

途中のサービスエリアでの夕食を挟み、ザンジャンのホテルへは23時30分の到着となりました。
夜遅くまで大変お疲れの1日となりましたが、一生の思い出に残る1日だったのではないでしょうか。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

新しいサッカーの応援楽器 『カシローラ』


ブブゼラ。
この言葉を聞いて、ピンとくる方はどのくらいいるでしょうか?
2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会が行われた際に、応援グッズとして一世を風靡した楽器です。

Vuvuzelas

写真を見ると思いだす方もいらっしゃる方もいるかもしれません。
驚異的な売り上げを記録し、iPhoneなどのアプリも登場したほどでした。一方でその音量故に、問題にもなったのでした。

それから4年。
ブラジル大会では、新しい応援楽器が登場しました。その名は、『カシローラ(Caxirola)』。

Caxirola_01
小さな籠の中に植物の種子や小石などを入れたもので、これを振り、音を出すものです。ちょうど、マラカスのような感じです。元々、カポエイラなどで使用されていた『カシシ』と呼ばれる打楽器を基礎に、音楽家であるカルリーニョス・ブラウン氏が改良して完成させ、2014FIFAワールドカップの公認応援楽器とされています。

Caxirola_02

ブブゼラが大音量だったことを踏まえ、単体での音量はさほどではありませんが、大勢が一斉に振った時にどうなるのか、そして、片手で簡単に持てる手軽さゆえに、事前のサッカー大会で試験的に配布されたカシローラが試合に憤慨したサポーターによってピッチに投げ込まれるということもありました。

せっかくの公認応援楽器、ワールドカップ終了まで、問題なく大会の盛り上げ役になってほしいものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ