世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

サルタ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編②


前回に引き続き、カファジャテ渓谷の景色をご覧ください。赤茶色の岩肌に何層も折り重なった地層や長年の風化によって造られた自然美には圧巻です!

P1200032

P1200033

P1200034

P1200038

P1200039

P1200044

P1200045

P1200047

P1200052

P1200056

P1200057

P1200059

P1200060

P1200062

P1210111

P1210113

P1210119

P1210120

P1210122

P1210124

P1210128

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン、チリ、ボリビア編①


昨年に引き続き催行した、アルゼンチン、チリ、ボリビアの旅から帰国しました。現地は南半球なので季節は日本と逆になり夏です。連日、真っ青な空と夜は満天の星空を観ることができました。

往路、東京からロサンゼルス、マイアミで乗り継いで、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。そこから、国内線に乗り換え、北部の町サルタへ移動しました。

サルタはアンデス山脈の麓、標高1,152mのレルマの谷に位置しています。私たちはサルタから、終日カファジャテ渓谷のワイナリーや先住民遺跡であるのキルメス遺跡を訪ねました。

カファジャテで栽培されている「トロンテス」と呼ばれる品種のぶどうから作られる白ワインは、その香りと味わいから「至宝のワイン」とされています。

P1200065

P1200066

P1200068

P1210096

P1210099

P1210101

P1210102

P1210104

P1210105

P1210106

P1210107

P1210108

P1210109

また、キルメス遺跡は、アルゼンチンの先住民の遺跡の中では一番大きく、丘の斜面に沿って、すばらしい風景を作り上げています。

キルメス

キルメス2

キルメス3

キルメス4

キルメス5

キルメス6

キルメス7

キルメス8

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編③


カファジャテは、サルタから南へ約180kmに位置します。
カファジャテ渓谷は赤茶けた大地に奇岩が広がっており、様々な鉱物が地層となり、多彩な色合いを見せています。私たちは、所々で写真ストップをしながら、景色を堪能しました。

P1200094

P1210155

P1210160

P1200074

カファジャテは景観もさることながら、ワインの生産地としても知られています。乾燥した気候と昼夜の気温差がワイン造りに理想的な環境と言われており、アルゼンチンの中でもメンドーサのボデガと並ぶ産地です。

今回訪問したワイナリー・ナニ(NANNI)は、110年の歴史をもつ家族経営のワイナリーで、有機栽培したブドウによるワイン造りを古くから続けています。

P1200111

おすすめは、トロンテス種の白ワインです。スイートとドライを試飲しましたが、どちらも香り高く、美味しかったです。

P1200113

P1200116

昼食は、併設するレストランで美味しい食事とワインを楽しみました!

P1210145

P1210148

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編②


サルタは、アルゼンチン北部サルタ州の都市で、州都です。アンデス山脈の麓、標高1,150mのレルマ谷に位置しています。1582年にスペイン人コンキスタドールのエルナンド・デ・レルマによって建設、アルゼンチン独立戦争の間、町は商業上及び軍事上の戦略拠点となったそうです。

コロニアル調の街並みの残るこの美しい町の見どころは、中心部にまとまっています。

通り

7月9日広場に沿って、大聖堂などの歴史的な建物が建ち並びます。

7月9日広場

7月9日広場2

大聖堂

大聖堂 内部

広場から数ブロック離れた赤い色のサンフランシスコ教会は美しく、東の外れにあるサン・ベルナルドの丘も印象的です。

サンフランシスコ教会

サンフランシスコ教会2

東の丘

町の治安はとても良く、夜の散策も全く問題ありません。広場を中心に大道芸人が出たりして、家族連れなどで大変賑わっていました。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート アルゼンチン・チリ・ボリビア編①


今回のツアーのタイトルは、『天空の鏡ウユニ塩湖、世界遺産ウマワカ渓谷とアタカマ砂漠の星空を観る 14日間』。南米アルゼンチン北部のサルタ州とフフイ州を通り、国境を越えてチリのアタカマ砂漠へ。さらに国境を越えて、ボリビアのウユニ塩湖へと南米3カ国を陸路で走り抜ける旅です。

日本からアメリカン航空を利用し、アメリカのダラスで乗り継ぎ、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。そこからさらに国内線に乗り継ぎ、北部のサルタまで、フライト時間だけでも約25時間を超える大移動です。

途中、ダラスでアメリカへの入国審査を受けますが、アメリカ入国の際、ESTAを取得して2回目以降の入国では、米国政府のCBPが提供するAPC(Automated Passport Control)制度があり、機械による入国審査が可能でした。

APC

自動チェックイン機のような機会のタッチスクリーンにパスポート用のスキャナ、カメラ、指紋採取用のスキャナで構成されています。タッチパネルで日本語の案内を選択できるので、手続きは簡単です。現在、アメリカの主要な国際空港で利用することができます。以前のように通過に1時間以上かかるようなこともありませんでした。

アンデスの大自然が広がるアルゼンチン、チリ、ボリビアの高地地帯には、この世のものとは思えないほどの絶景が広がります。青々と澄んだ空に浮かぶ雲と壮大な地平線、光彩により色の変化が楽しめる高山湖や淡いピンクが美しいフラミンゴは特に印象的です。

明日は旅の出発地サルタをお届けします。
まず本日は、旅の移動中に車窓から撮影したアンデスの景色の一部の写真をお楽しみください。

アルゼンチン北部

アルゼンチン北部2

アルゼンチン北部3

チリ北部国境付近

ボリビア 岩の丘

ボリビア南部

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ