6月15日、日本代表対コートジボワール代表の試合が行われたのは、ブラジル北東部の港湾都市、レシフェでした。今日は、このレシフェを少しご紹介したいと思います。


Recife_02

レシフェは、ペルナンブーコ州の州都で、人口約150万人の港湾都市。ブラジル北東部で見ると、サルバドールに次いで2番目に大きな都市です。
ボア・ビアジェン海岸に代表される美しいビーチをもつリゾートである一方で、貧富の差が激しく、そのために大都市であるリオ・デ・ジャネイロやサンパウロの2倍以上とも言われる犯罪率で治安はブラジル国内でも悪い方です。

日本代表対コートジボワール代表戦が行われたのは、レシフェ郊外にある『アレナ・プレナンブーコ(シダヂ・ダ・コパ)』。FIFAコンフェデレーションズ・カップ2013と2014FIFAワールドカップ開催のために建てられ、大会後はレシフェを本拠地としてサッカー・クラブ「ナウチコ」のホームグラウンドとして使用されることが決定しています。

Itaipava_Arena_Pernambuco_2013

大会期間中、6月21日にイタリア代表VSコスタリカ代表、6月24日にクロアチア代表VSメキシコ代表、6月27日に米国代表VSドイツ代表の各グループリーグ戦が開催され、6月30日には決勝トーナメントのD組1位VSC組2位の試合が行われることになっています。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ