世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

シベリア

添乗員現地最新レポート シベリア/バイカル湖とオリホン島編②



「添乗員現地最新レポート シベリア/バイカル湖とオリホン島編①」のエントリーからだいぶ時間が経ってしまいました。内容はこちらからご覧ください。
本日から、続きをお届けします。

====================

イルクーツクから車で約5時間、MR村のフェリー乗り場に到着しました。

MR村側

MR村側 お土産屋

ここからオリホン島の西端までフェリーで約15分。私たちは、オリホン島内では別の車を使用したのでイルクーツクからの車をここで降り、荷物とともにフェリーに乗り込みました。

MR村側2

MR村側3

この国営のフェリーは毎30分間隔でMR村とオリホン島を運航しています。車が5~7台程度乗る船で、オープンエアです。腰かけるイスはありません。周りをみると中国や韓国からの団体旅行者を見かけました。近年、大韓航空の仁川~イルクーツク直行便があるためか、韓国人観光客が多いようです。

船上

船上2

船上3

船上4

船上5

船上6

船上7

この時、あいにく天気は曇空に靄がかかった様子でした。これは後でわかったのですが、シベリア北東部で発生している山火事の影響により、連日オリホン島の天気はこんな感じなんだとか…。そして、対岸で待っていたのは、数件の出店と牛、私たちが乗るロシア産のウワジ車(年期十分)。これに乗り込み、島の中央あるフジル村へとガタガタ悪路を走りました。

オリホン側

オリホン側2

オリホン側3

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート シベリア/バイカル湖とオリホン島編①



このたび、8月24日から6日間の日程で、東シベリアのバイカル湖に浮かぶオリホン島を訪ねました。今回から10回ほどに分けて、ツアーの詳細をレポートいたします。

成田から大韓航空で仁川で乗り継ぎ、イルクーツクへ。所要時間は、仁川まで2時間と少し。そこからイルクーツクまでは4時間弱です。日本とイルクーツクとの間の時差は、イルクーツクが日本時間よりも1時間遅れています。

イルクーツクには深夜に到着。
翌日、イルクーツクからオリホン島へ向かいました。オリホン島へはMR村からフェリーに乗ります。フェリーに乗ること約15分、オリホン島の西端にフェリーは到着します。そこから、オリホン島で一番大きな町フジル村まで車で約1時間です。

私たちは、フジル村に3連泊し、オリホン島を北端から南部まで巡りました。

本日の写真は、フェリーに乗る前に立ち寄ったブリャート人の聖地です。

P8250024

この辺りでは、車を走らせていると草原のなかにこのような、聖地をよく見かけます。そこには、木柱が並びタルチョが巻かれています。

P8250022

P8250021

周辺にコインが散らばっているのをみると、旅の安全など祈願するために供えられたお賽銭なのでしょう。

P8250023

オリホン島はじめ、昔からモンゴル系のブリャート人がたくさん暮らしている証ですね。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ