世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

シラーズ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第47、48日目


2015年10月8日(木) 第47日目

本日はシラーズを出発して、イスファハンへ向かいます。

シラーズを出る前にひとつだけ観光に立ち寄りました。ローズ・モスクです。

FullSizeRender-5

ここはまたの名をピンク・モスクとも呼ばれていますが、名前からも想像がつくようにピンクや黄色の装飾がふんだんに使われた一風変わったモスクです。

1444557439088

1444557448096

1444557452476

ガージャール朝時代の1887年に完成。中庭に向かって開放されたアーチ状の空間・イワーンを南北に2つ配置してます。冬の礼拝堂にはステンドグラスが嵌め込まれていたりとモスクらしくないモスクです。何やら礼拝堂ではたくさんの観光客が撮影会をしていました。

1444557443679

観光の後は世界の半分・イスファハンへ向け出発!街を走っていると「甘いレモン」を発見!

1444557456104

以前からガイドのハミドさんが言っていたのですが、ここに来てようやく見つけることができました。すかさず購入し後でいただくことに。

ちょうど中間あたり、ソルマックという町で昼食を。

1444557479492

1444557460445

セロリと羊肉の煮込みが出てきました。味はセロリのピクルスなのか酸味が利いてます。そして、甘いレモンの登場。

1444557465221

見た感じはミカンや普通の柑橘類といった感じなのですが、ナイフで手頃な大きさに切りかぶり付くと…確かに甘い。

1444557469117

1444557473511

柑橘類は酸っぱいというイメージでいただくと、そのギャップが不思議な感じです。その甘さも他に形容できない甘味です。ようやくハミドさんの言っていたことが証明されました。

再びイスファハンへ向け出発。今日は本当にスムーズに移動できまた。心配していた街の中の渋滞も殆どなくホテルに到着。ホテルは観光の中心、イマーム広場にも近く散策しやすい場所にあります。夕食前に散策された方もいらっしゃいました。

夕食はホテル内レストランにて。

1444557484204

1444557487936

1444557493304

カルテットの演奏がありましたが、撮影禁止ということで残念ながら画像はありませんが、熱のこもった愛に関する歌を歌って演奏してくれました。観客は私たちのみでした(笑)

====================

2015年10月9日(金) 第48日目

本日は、終日イスファハンの観光です。
まずはジャメ・モスク(金曜モスク)へ。

IMG_0975

創建は8世紀で各時代に改修・拡張が行われてきましたが、12世紀のセルジューク朝時代に焼失した為再建されました。18世紀までに増改築が繰り返され、現在の形となりました。イラン・イラク戦争時には爆撃されました。各時代の異なる建築様式が見られるので建築家を目指す者にとって「建築の博物館」となっています。

IMG_0979

IMG_0973

バスに乗りヴァーンク教会へ。場所はザーヤンデ川の南岸で、街の南西にアルメニア人居住区のジョルファー地区があります。ここはかつてアッバース1世が優秀なアルメニア人職人や商人を連れてきたのが始まりで、信仰の自由は守られましたが居住区は制限されていました。17世紀に造られたこの教会はイスラムのタイル装飾とアルメニアのキリスト教系の装飾が融合しました。

IMG_1006

また敷地内にはアルメニア博物館を併設、世界一小さい福音書(14ページ、0.7g)や40年前テヘラン在住のアルメニア人がダイヤモンド製器具で文字を刻んだ髪の毛などが展示されていました。

IMG_1005

IMG_1004

次はミナール・ジョンバンへ。16世紀アッバース1世の時代に建造された聖人アムー・アブドゥラーの廟で、高さ17.5mのミナレットを力強く押すと揺れます。これは耐震構造の為に焼きレンガの組み合わせの中に木が入れられているからです。「揺れるミナレット」とも呼ばれています。

IMG_1008

以前は観光客の為にミナレットを揺らしてくれたのですが、残念ながら現在はやってません。仕方なくミナレットを揺らしているDVDを観ました。

IMG_1010

再びイスファハンの街へ。残念ながら川の水は枯れてしまっているザーヤンデ川に架かる2つの橋を見に行きました。

IMG_1020

まず最初にスィー・オ・セ橋へ。ここは全長400mあり2階建て、33のアーチの橋です。下の階はいい日除けになりたくさんの人たちが集まっています。

IMG_1016

もう一つはハージュ橋。17世紀半ばアッバース2世が建造した長さ160mの橋です。

IMG_1025

IMG_1027

その両端には獅子像が立っていますが背中がピカピカに。

IMG_1028

なんでも若い未婚の女性がここを訪れ7回周りそしてこの獅子の背中に乗ると結婚が出来るという言い伝えがあるとか。今では地元の人たちにとっても写真スポットとなっています。

ひとまず観光を中断し、イマーム広場の近くにあるレストランで昼食です。

IMG_1031

お食事にはアブグーシュトという壺焼きが出てきました。煮込んだ肉、豆、じゃがいもなどを壺の中で専用の器具を使って調理したもので、それをナンの上に乗せて食べます。壺は小さいかなと思いきや結構な量、二人でいただいて十分な量が入ってます。

IMG_1032

IMG_1033

腹ごしらえが終わり、一度ホテルに戻って少し休憩。その後は歩いてイマーム広場へ。16世紀末から17世紀初めにかけてサファビー朝第5代王アッバース1世が建造した広場でかつては「王の広場」と呼ばれていました。東西160m、南北510mで周囲には二層のアーチ式回廊が囲んでいます。かつて、この広場ではポロ競技も行われていたそうです。ここがいわゆる、「世界の半分」です。

まずはシェイク・ロトフォッラー・モスクへ。王族専用のモスクとして17世紀にアッバース1世が建造。内装の美しさで知られ天井は光が入ると孔雀が羽を広げたように見える装飾が施されています。

IMG_1047

そして向かいにあるアリ・カプ宮殿へ。ティムール時代の15世紀に建造、その後アッバース1世以降に改築が重ねられ、7階建ての建物となりました。18本の松の木の柱があるテラスと音響効果に優れた「音楽の間」があります。

IMG_1064

その後はお買い物の時間。ここイマーム広場にはイランの色々なお土産が揃っています。ひとまず皆さん一緒にお店巡り。初めはペルシャ更紗店へ。全て伝統工芸で、親から子へと継がれていく技術で現在は8代目だそう。彫刻された版に自然染料をつけて綿にプリントしていきます。ガラム・カールと呼ばれます。ここでお買い上げ。

IMG_1070

IMG_1074

IMG_1073

続いて絨毯店へ。ペルシャ絨毯はとても有名なもので4000年前から織られてきたと言われています。店では羊毛、コットン、シルクの絨毯を値段を聞いては溜息つきながら見せてもらいました。

IMG_1075

続いて細密画店へ。ここではラクダの骨に猫の尻尾の毛で作った細い筆を使い、細かな絵を描いていく作業を見ました。最近ではとてもよくできたプラスチックもあるようです。ここでもお買い上げ。

IMG_1078

お買い物が終わったところでフリータイム。暗くなると昼間とは違った雰囲気にライトアップが行われ、地元の人たちがたくさん遊びにやってきます。

IMG_1092

FullSizeRender-6

野崎様はキルギス人の団体に遭遇したようで、やはりあの帽子に気づかれた様子。キルギス人のみならずヨーロッパの人達からもいつも声を掛けられる状況で、今ではイランではちょっとした知られた存在かも。

夕食前にもう一軒。銅板を皿や器に加工しその上にエナメルで美しい彩色を施したものでミーナー・カーリーと呼ばれます。青が多いのですが、トルコ石から作る緑色も鮮やかでそして彩色が細かくとても美しいです。

近くのレストランで夕食。メインはペルシャ湾の魚ティラピアのフライです。スズキの仲間の魚です。

IMG_1099

食後は歩いてホテルまで。

FullSizeRender-7

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。 


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります! 
 

海外旅行 ブログランキングへ

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第45、46日目


2015年10月6日(火) 第45日目

本日は、まずヤズドの市内観光です。
まずはイスラム教のモスクへ。旧市街の中に金曜モスクのジャメ・モスクがあります。元々ここにはゾロアスター教の神殿が建っていたのですが、14世紀にモスクが建てられました。

Jame_Mosque_01

Jame_Mosque_02

Jame_Mosque_03

Jame_Mosque_04

続いてゾロアスター教神殿へ。ゾロアスター教は紀元前7から前6世紀に古代ペルシャで生まれたとされるゾロアスターが教祖。光明神アフラ・マズダを主神とし、暗黒神アンラ・マンユと闘争を繰り広げ最終的には光明神が勝利し闇を打ち払らったとされています。光と闇、善と悪の二元論を特徴とする宗教で、人間は「聖なる魂」の側につくのか「悪の魂」の側につくのか判断は個人に委ねられ、死後人間は「最後の審判」を受けて善に従った者は天国、悪に従った者は地獄に落とされるとされました。ここでは聖なる火が1500年以上絶やさず燃え続けています。意外と日本とも繋がりがあり、かつて「松田ランプ」と呼ばれた白熱球や日本を代表する車メーカーであるマツダの名は、アフラ・マズダにちなんだものです。

Zoroastorian_Temple_01

Zoroastorian_Temple_02

そして、そのゾロアスター教で鳥葬の場として使われてきた沈黙の塔へ。土、風、水、火を汚さぬように鳥葬が行われてきましたが、1930年代に禁止となりゾロアスター教徒もイスラム教徒と同じく土葬となりました。

Tower_of_Silence_02

Tower_of_Silence_01

私たちは女性用の沈黙の塔に上りました。急な坂を登りきるとヤズドの街が一望できました。かつてはここは街の外だったのですが、今では街の中に取り囲まれたような感じです。

Tower_of_Silence_03

Tower_of_Silence_04

観光を終え、シラーズへ向け出発です。今日もまた長い移動、約430kmとなります。

途中アバルクという町で昼食です。

Lunch_01

Lunch_02

順調に走り、予定よりも早く途中の観光地であるパサルガダエに到着。ここは紀元前546年頃、キュロス2世が開いたアケメネス朝最初の首都であり、ペルシャ帝国発祥の地でもあります。キュロス2世の死後、ダレイオス1世に建設が引き継がれ、スーサに遷都するまで栄えました。プライベート宮殿、謁見の宮殿とキュロス2世の墓を見学しました。

Pasargadae_01

Pasargadae_02

Pasargadae_03

Pasargadae_04

Pasargadae_05

再びバスに乗りシラーズへ。約2時間走りようやくホテルに到着。

夕食はホテル内レストランにて。

Dinner

今日も長い移動でした。皆様お疲れ様でした。

====================

2015年10月7日(水) 第46日目

本日は、シラーズ滞在2日目です。

Breakfast

まず、イラン旅行でのハイライトのひとつ、ペルセポリスの観光です。シラーズから約1時間で到着。

Persepolis_Distance_View

ペルセポリスは紀元前522年頃、ダレイオス1世によって創建されて以降、歴代の王が建築・改修を重ねたアケメネス朝ペルシャの都です。大祭用の都市として繁栄を極めたのですが、前330年マケドニアのアレクサンドロスにより焼き払われ廃墟と化しました。シラーズから60km離れた標高1600mの高地に築かれました。総面積は13万㎡と東京ドームの約2.5倍となります。

111段の階段を上ると、クセルクセス門が現れます。またの名を「万国の門」とも言われ、朝貢の使節たちはここを通って宮殿に入りました。西の門には牡牛像、東の門には有翼人面獣身像が立っています。

Persepolis_Xerxes_Gateway_01

Persepolis_Xerxes_Gateway_02

Persepolis_Xerxes_Gateway_03

Persepolis_Xerxes_Gateway_04

ホマと呼ばれる双頭鷲像は柱頭にもなっていました。かつて日本にも就航していたイラン航空のシンボルでもありす。

Persepolis_Homa

百柱の間はペルセポリスで最大の広間で、大きさは70m×70m、臣民に担がれている王を描いた「玉座の王像」などが残ります。

Palace_of_100_Columns

アパダーナと呼ばれる謁見の間、ここの東階段には23カ国の使者たちや牡牛を襲う獅子像のレリーフなどが見られます。アパダーナにはかつて、高さ20mの柱が36本ありました。使節の謁見や新年祭の儀式などに使われました。

Persepolis_Apadana

Persepolis_Apadana_Relief_01

Persepolis_Apadana_Relief_02

Persepolis_Apadana_Relief_03

この季節にしては珍しく、日中の気温は30℃以上、暑い中よく歩いた後は近くのレストランで昼食です。洞窟風レストランです。

Lunch

ペルセポリスから少し離れたところに、2つのナクシェがあります。
まず最初はナクシェ・ラジャーブへ。ここは岩山に高さ3mほどの大きなレリーフが彫られています。サーサーン朝時代のものです。王と神が同じ大きさで表され、王の権威の高さがわかります。

Naghsh_e_Rajab_01

Naghsh_e_Rajab_02

Naghsh_e_Rajab_03

次はナクシェ・ロスタムへ。ここはアケメネス朝の4人の王の墓です。また、この場所には全く異なる時代であるサーサーン朝時代のレリーフも残されています。ダレイオス1世の墓の下にはサーサーン朝時代の「騎馬戦勝図」が。これはシャープール1世の前にビザンツ皇帝のウァレリアヌスがひざまずきペルシャ帝国が全世界を支配したということを象徴しています。

Naghsh_e_Rostam

再びシラーズへ戻り、エラム庭園へ。エラムとはペルシャ語で「楽園」という意味で、19世紀ガージャール朝時代にムハンマド・ゴリー・ハンによって建造されました。ガージャール朝時代の傑作と評されます。

Eram_Gardem

そして、サーディ廟へ。サーディはシラーズ出身の抒情詩人で、1226年から約30年間、托鉢僧として中東、北アフリカやインドなどのイスラム圏を遍歴しました。彼の作品は「果樹園」「薔薇園」が特に有名で、共に道徳・教養の書です。

Saadi_Mausoleum_03

Saadi_Mausoleum_01

また、ここには地下水路カナートがありますが、最近では水量がとても少なくなりました。

Saadi_Mausoleum_02

最後にハーフェズ廟へ。ハーフェズはイランで最も敬愛されるシラーズ出身の抒情詩人。彼は生涯、シラーズを離れることはありませんでした。本名はシャムソッディン・ムハンマドといい、幼少時からコーランを暗唱するのが得意だったので「ハーフェズ(暗唱者)」と呼ばれていました。彼の詩は美しいリズムと音楽性を持っています。

Hafez_Mausoleum_01

Hafez_Mausoleum_02

ホテルに戻り少し休憩をとり、夕食へ出発。レストランまで250年前の城塞キャリムハンやバザールを散策しました。

Before_Dinner_01

Before_Dinner_02

レストランに入ると民族音楽の演奏があり、聞きながら夕食を頂きました。今日もよく歩きました。

Dinner_02

Dinner_01

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑦


シラーズにある、ナシル・アル・モルク・モスクは、別名を「ローズ・モスク」といいます。それは、外壁にシラーズの花であるバラが多く描かれていることに由来します。

中庭とモスク

カジャール朝時代の大富豪であり、建築家であり、また、聖職者でもあったナシル・アル・モルクが1876年から1888年までの歳月をかけて建てたモスクで、礼拝堂の中にはステンドグラスが多用されており、太陽の眩い光を受けたこのステンドグラスがモスク内部にそれは美しい模様を描き出すのです。

PA090123

PA090124

PA090126

PA090129

訪問にあたってのお勧めの時間帯は、太陽の光の入る午前中です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑥


イラン南部のザグロス山脈にある都市シラーズは、標高約1,480mの高原にあり、近郊のペルセポリスをはじめ、紀元前からアケメネス朝ペルシャの中心地で、古くから発展していました。中世にはサーディーとハーフェズというイランを代表する詩人を輩出した町でもあります。

そんな町の中心部にイスラム教シーア派のイマーム(指導者)であったエマーム・レザーの弟、シャー・チェラグの墓とアリー・エブネ・ハムゼの墓があります。2つはシーア派の聖地で、お祈りの時間はもちろん、多くの信徒たちが日頃から訪ねています。ここでは入場の際、女性はスカーフだけでなく、体を覆うマントが必要です(無料貸し出しがあります)。

青タイルを基調とした外観、そして、建物の中は美しい鏡細工のモザイクで飾られています。それはまるで、万華鏡の中にいるかのようです。

ここでは、アリー・エブネハムゼの墓内部の写真をご紹介します。

外観アリ・エムゼ

内部

内部2

内部3

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン編④


Eram_Garden_01

2011年、イラン国内の9つの庭園が一括して世界遺産に「ペルシャ式庭園」として登録されました。
ペルシャにおける庭園の歴史は、紀元前4000年代にまで遡り、現在確認できる最古の庭園は、紀元前500年代に建設されたパサルガダエ庭園です。

そのうちの一つ、エラム庭園は、シラーズにある有名な歴史的庭園です。
起源は11世紀に遡り、イランを代表する詩人ハーフェズが自らの詩の中でもエラム庭園について述べています。18世紀には豪族の住居として利用されるようになったこともあります。

ペルシャ式庭園は、地上へ天国を映し出すことを試みた形式であり、自然のままを強調する東洋風庭園とは大きく異なります。幾何学的に創造された庭園は、噴水や池が点在し、杉並木や多種の花々が印象的です。

Earm_Garden_02

Eram_Garden_03

庭園を訪れる人々は皆、ゆっくり散歩したり、芝生の上で寛ぐなど、それぞれの楽しみ方で美しい庭園を満喫しています。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ