サマルカンドの近郊にバハウッディン廟はあります。バハウッディン・ナクシュバンドは、14世紀にイスラーム神秘主義ナクシュバンディ教団の開祖です。そこは中央アジアの人々にとってはメッカに次ぐ聖地とされ、多くの巡礼者が訪れます。敷地内にはモスク(金曜日のみオープン)、池、バハウッディンの墓石があります。

バハウッディン

バハウッディン2

バハウッディン3

バハウッディン4

バハウッディン5

バハウッディン6

バハウッディン7

バハウッディン8

また、「願いの木」と呼ばれる桑の古木には、人々が幸せを祈って集まります。

バハウッディン9

バハウッディン10

バハウッディン11

スィトライ・マイ・ホサ宮殿は、ブハラ・ハンの夏の宮殿です。1911年、ブハラ・ハン国最後のアリム・ハンの指示により完成しました。外観は西洋風、内観は東洋風に造られており、宮殿内の謁見の間や応接室が見学できます。西洋の調度品の他、中国や日本の陶器なども飾られています。

夏の宮殿

夏の宮殿2

P9140391

P9140379

P9140381

P9140382

P9140384

P9140385

P9140386

P9140387

P9140388

P9140389

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ