世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

ゾロアスター教

【実況生中継!】 シルクロード大横断2015 第45、46日目


2015年10月6日(火) 第45日目

本日は、まずヤズドの市内観光です。
まずはイスラム教のモスクへ。旧市街の中に金曜モスクのジャメ・モスクがあります。元々ここにはゾロアスター教の神殿が建っていたのですが、14世紀にモスクが建てられました。

Jame_Mosque_01

Jame_Mosque_02

Jame_Mosque_03

Jame_Mosque_04

続いてゾロアスター教神殿へ。ゾロアスター教は紀元前7から前6世紀に古代ペルシャで生まれたとされるゾロアスターが教祖。光明神アフラ・マズダを主神とし、暗黒神アンラ・マンユと闘争を繰り広げ最終的には光明神が勝利し闇を打ち払らったとされています。光と闇、善と悪の二元論を特徴とする宗教で、人間は「聖なる魂」の側につくのか「悪の魂」の側につくのか判断は個人に委ねられ、死後人間は「最後の審判」を受けて善に従った者は天国、悪に従った者は地獄に落とされるとされました。ここでは聖なる火が1500年以上絶やさず燃え続けています。意外と日本とも繋がりがあり、かつて「松田ランプ」と呼ばれた白熱球や日本を代表する車メーカーであるマツダの名は、アフラ・マズダにちなんだものです。

Zoroastorian_Temple_01

Zoroastorian_Temple_02

そして、そのゾロアスター教で鳥葬の場として使われてきた沈黙の塔へ。土、風、水、火を汚さぬように鳥葬が行われてきましたが、1930年代に禁止となりゾロアスター教徒もイスラム教徒と同じく土葬となりました。

Tower_of_Silence_02

Tower_of_Silence_01

私たちは女性用の沈黙の塔に上りました。急な坂を登りきるとヤズドの街が一望できました。かつてはここは街の外だったのですが、今では街の中に取り囲まれたような感じです。

Tower_of_Silence_03

Tower_of_Silence_04

観光を終え、シラーズへ向け出発です。今日もまた長い移動、約430kmとなります。

途中アバルクという町で昼食です。

Lunch_01

Lunch_02

順調に走り、予定よりも早く途中の観光地であるパサルガダエに到着。ここは紀元前546年頃、キュロス2世が開いたアケメネス朝最初の首都であり、ペルシャ帝国発祥の地でもあります。キュロス2世の死後、ダレイオス1世に建設が引き継がれ、スーサに遷都するまで栄えました。プライベート宮殿、謁見の宮殿とキュロス2世の墓を見学しました。

Pasargadae_01

Pasargadae_02

Pasargadae_03

Pasargadae_04

Pasargadae_05

再びバスに乗りシラーズへ。約2時間走りようやくホテルに到着。

夕食はホテル内レストランにて。

Dinner

今日も長い移動でした。皆様お疲れ様でした。

====================

2015年10月7日(水) 第46日目

本日は、シラーズ滞在2日目です。

Breakfast

まず、イラン旅行でのハイライトのひとつ、ペルセポリスの観光です。シラーズから約1時間で到着。

Persepolis_Distance_View

ペルセポリスは紀元前522年頃、ダレイオス1世によって創建されて以降、歴代の王が建築・改修を重ねたアケメネス朝ペルシャの都です。大祭用の都市として繁栄を極めたのですが、前330年マケドニアのアレクサンドロスにより焼き払われ廃墟と化しました。シラーズから60km離れた標高1600mの高地に築かれました。総面積は13万㎡と東京ドームの約2.5倍となります。

111段の階段を上ると、クセルクセス門が現れます。またの名を「万国の門」とも言われ、朝貢の使節たちはここを通って宮殿に入りました。西の門には牡牛像、東の門には有翼人面獣身像が立っています。

Persepolis_Xerxes_Gateway_01

Persepolis_Xerxes_Gateway_02

Persepolis_Xerxes_Gateway_03

Persepolis_Xerxes_Gateway_04

ホマと呼ばれる双頭鷲像は柱頭にもなっていました。かつて日本にも就航していたイラン航空のシンボルでもありす。

Persepolis_Homa

百柱の間はペルセポリスで最大の広間で、大きさは70m×70m、臣民に担がれている王を描いた「玉座の王像」などが残ります。

Palace_of_100_Columns

アパダーナと呼ばれる謁見の間、ここの東階段には23カ国の使者たちや牡牛を襲う獅子像のレリーフなどが見られます。アパダーナにはかつて、高さ20mの柱が36本ありました。使節の謁見や新年祭の儀式などに使われました。

Persepolis_Apadana

Persepolis_Apadana_Relief_01

Persepolis_Apadana_Relief_02

Persepolis_Apadana_Relief_03

この季節にしては珍しく、日中の気温は30℃以上、暑い中よく歩いた後は近くのレストランで昼食です。洞窟風レストランです。

Lunch

ペルセポリスから少し離れたところに、2つのナクシェがあります。
まず最初はナクシェ・ラジャーブへ。ここは岩山に高さ3mほどの大きなレリーフが彫られています。サーサーン朝時代のものです。王と神が同じ大きさで表され、王の権威の高さがわかります。

Naghsh_e_Rajab_01

Naghsh_e_Rajab_02

Naghsh_e_Rajab_03

次はナクシェ・ロスタムへ。ここはアケメネス朝の4人の王の墓です。また、この場所には全く異なる時代であるサーサーン朝時代のレリーフも残されています。ダレイオス1世の墓の下にはサーサーン朝時代の「騎馬戦勝図」が。これはシャープール1世の前にビザンツ皇帝のウァレリアヌスがひざまずきペルシャ帝国が全世界を支配したということを象徴しています。

Naghsh_e_Rostam

再びシラーズへ戻り、エラム庭園へ。エラムとはペルシャ語で「楽園」という意味で、19世紀ガージャール朝時代にムハンマド・ゴリー・ハンによって建造されました。ガージャール朝時代の傑作と評されます。

Eram_Gardem

そして、サーディ廟へ。サーディはシラーズ出身の抒情詩人で、1226年から約30年間、托鉢僧として中東、北アフリカやインドなどのイスラム圏を遍歴しました。彼の作品は「果樹園」「薔薇園」が特に有名で、共に道徳・教養の書です。

Saadi_Mausoleum_03

Saadi_Mausoleum_01

また、ここには地下水路カナートがありますが、最近では水量がとても少なくなりました。

Saadi_Mausoleum_02

最後にハーフェズ廟へ。ハーフェズはイランで最も敬愛されるシラーズ出身の抒情詩人。彼は生涯、シラーズを離れることはありませんでした。本名はシャムソッディン・ムハンマドといい、幼少時からコーランを暗唱するのが得意だったので「ハーフェズ(暗唱者)」と呼ばれていました。彼の詩は美しいリズムと音楽性を持っています。

Hafez_Mausoleum_01

Hafez_Mausoleum_02

ホテルに戻り少し休憩をとり、夕食へ出発。レストランまで250年前の城塞キャリムハンやバザールを散策しました。

Before_Dinner_01

Before_Dinner_02

レストランに入ると民族音楽の演奏があり、聞きながら夕食を頂きました。今日もよく歩きました。

Dinner_02

Dinner_01

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート イラン(第2回)編⑤


イスラム教徒の多いイランの中で、ヤズドにはゾロアスター教徒が約2万人暮らしています。
ゾロアスター教が生まれたイランには、かつて、多くのゾロアスター教徒が暮らしていましたが、イスラム教の拡大により減少し、10世紀以降、彼らはインドの西部へと移住していきました。インドでは、ゾロアスター教徒のことをパールシーと呼び、ムンバイはその一大拠点となっています。

さて、ヤズドにあるゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)は、1934年インドのゾロアスター教徒の手によって建設され、西暦470年から燃え続けていると言われる火を見ることができます。

外観

聖なる火

ゾロアスター教徒では火を神聖視しており、別名拝火教とも呼ばれています。因みに、日本の有名自動車会社MAZDA(マツダ)は、その社名がゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーに因んだものだそうです。

寺院の横には博物館があり、ゾロアスター教に関する展示物を見ることができます。

博物館内

博物館内2

博物館内3

博物館内4

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート 中央アジア・ワハン回廊編⑩


ゴルノ・パダフシャン自治州のカライクムに1泊。翌日には自治州都ホルグに向かいました。

午前、カライクムから数キロ離れた山上にあるカロン遺跡に立ち寄りました。

山上からの景色
カロン遺跡からの眺め

山上からのパンジ川の景色
カロン遺跡からパンジ川を望んで

実は、この遺跡の訪問は現地で突然決まったものでした。現地ガイドやドライバーは、昨年秋に発見された城塞が近くにあるということは知っていたものの、まだ一度も行ったことがありませんでした。山上にあるため、道路の状況によっては車で行けるのかどうかすら不明でしたが、とにかく挑戦してみよう!ということで、向かうことになりました。

実際、道幅がかなり狭く砂利道ではありましたが、問題なく山上に到着。すると、遺跡の調査団らしき人々が働いているではありませんか。早速話を聞きに行った我々を迎えてくれたのは、アリアン文化遺跡センターに勤めるハイダルショーさんという、遺跡の発掘に実際に関わっている先生でした。

現地ガイドと先生
ハイダルショー先生

快く遺跡内の案内に応じてくれたハイダルショー先生と共に、遺跡内を見て回りました。

このカロン遺跡は、4000年前の都市遺跡で、ゾロアスターを信仰する4つの神殿が2013年に発見されました。都市は城壁の大きさから推測すると、100ヘクタールほどの面積であったことが分かっています。広い敷地には山を切り開くようにポロ競技場、公共広場、宮殿跡などが残っていて、どれも見ごたえ十分です。

ポロ競技場跡
ポロ競技場

火の神殿
火の神殿

山上の住居跡
山上の住居跡

集会場
集会所

集会場2
集会所

身体を清める神聖な場所
身体を清める神聖な場所

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ