世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

タイ

ずぶ濡れになっても無礼講 ソンクラーン タイ


敬虔な仏教徒の国で、穏やかな国民性でも知られるタイ。
そのタイが1年で最も熱く、激しくなる時期がやってきました。

ソンクラーン。
タイの旧正月のことであり、タイの旧暦の新年のことです。
後に西暦が導入され、1月1日が元日と定められた後も、4月13日~4月15日が固定の祝日となり、盛大に祝われています。
本来的には、純粋に新年のお祝いであり、各地に散らばる家族が一同に会し、共同で仏像のお浄めを行ったり、年輩の家族のお浄めを行う期間でしたが、徐々にある方向に発展したため、現在では違った様相を呈しています。

どのように変化してきたかというと…
水の掛け合いを楽しむ祭りとなり、今では、『水掛け祭り』とも呼ばれています。

Songkran_02

この水掛け祭り、知っている人、知らない人、誰彼構わずとにかく水を掛け合います。タイ全土で行われますが、特に首都バンコクや北部のチェンマイなどで特に盛大に行われています。
この期間はとにかく無礼講。誰に、どれだけ水を掛けれれても決して怒ってはいけません。1年でもタイが最も暑くなるこの時期、水を掛ける方も掛けられる方も、とにかく楽しむのです。

Songkran_01

Songkran_03

この時期、町を歩けば必ず水を掛けられることになります。参加するしないに関わらず…ですから、外出をする際には濡れてもいい格好をし、濡れては困るものの防水対策はしっかり行う必要があります。無礼講なのですから、濡れて困るものが濡れてしまっても、壊れてしまっても、誰も責任はとってくれません。外国人などは、水着に近い格好で歩いている人もよく見かけます。

この水掛祭りに参戦したいと思われる方は…
水鉄砲は必需品です!町の露店などで水鉄砲を入手し、「戦闘」に突入しましょう。他の戦闘員たちもみんな手には水鉄砲を「装備」しています。強者になると、背中に水のタンクを背負った本格的な戦闘員も出没します。

Songkran_04

地方に行けば人間だけではなく、ゾウさんも参戦!本格的な放水を浴びせかけられます。

Songkran_05

水だけでなく、水で溶いた白い粉を顔に塗られることもあります。酷いと、この水で溶いた粉自体を浴びせかけられることもあります。
この白い粉は、洗えばすぐに落ちますから、塗られたら喜んで塗ってもらいましょう。

この水掛祭り、ラオスやミャンマー、中国のシーサンパンナでも同様のお祭りを楽しむことができます。
この水掛けの「戦闘」に勝ち負けはありませんが、強いて言うなら、水を掛けられて怒った人が負け、ということでしょうか。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

空の旅の最大の楽しみ 機内食


飛行機での空の旅。
数十分の飛行時間のものから十数時間のものまで様々ありますが、あの狭い空間の中でのフライトで最大の楽しみといえばやはり機内食ではないでしょうか?
短距離路線では1回、長距離路線になると2回、さらに途中で軽食が供される場合もあります。

旅の口コミサイト『地球の歩き方“旅スケ”』ではこの度、口コミによる航空会社の機内食ランキングが発表されましたので、ここでもご紹介したいと思います。
上位10位は次の航空会社となりました。

 1位   シンガポール航空
 2位   トルコ航空
 3位   エールフランス航空
 4位   全日空
 5位   チャイナエアライン
 6位   エミレーツ航空
 7位   KLMオランダ航空
 8位   ルフトハンザ・ドイツ航空
 9位   日本航空
 10位  キャセイ・パシフィック航空


PK_Inflight_meal

これもれっきとした機内食。
パキスタンのイスラマバードからギルギットまでのプロペラ機による1時間のフライトで出された軽食です。

TG_Inflight_Meal_2

航空会社の国や、発着地の国によってメニューも多彩です。
写真はタイのバンコクからイスラマバードまでのタイ国際航空のフライトでの機内食です。到着地パキスタンに合わせて、カレーが供されました。ビールはタイの「シンハー・ビール」です。

LCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)が台頭している昨今。
安さを追求するがために、機内食が簡素化されたり有料化されたりしています。これはこれで一つの選択肢だとは思いますが、やはり、空の旅の楽しみは失いたくはないものです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

首都にまつわるお話し。


世界中の国々の中には、私たちが当然首都であろうと思っていた都市が実は首都ではなかった、という国がいくつかあります。今日はそんな首都にまつわるお話しをご紹介したいと思います。

このような誤解は往々にして国際線が多く発着するその国の代表的な空港のある都市が実は首都ではない、ということに起因しているように思います。考えてみれば日本のメイン空港である成田空港が首都の東京ではなく、お隣の千葉にあるのも同じようなことかもしれません。

実はこんなところが首都だった、という例としては・・・
  • トルコ:イスタンブールではなくアンカラ
  • モロッコ:カサブランカではなくラバト
  • カナダ:バンクーバーでもトロントでもなくオタワ
  • ブラジル:リオ・デ・ジャネイロでもサン・パウロでもなくブラジリア

などが挙げられます。


面白い例としてご紹介したいのは南米のボリビア。

憲法上ではスクレという都市と定められていますが、立法・行政府の置かれているラ・パスが事実上の首都として機能しており、首都が2つ存在するような形となっているのです。


インド洋に浮かぶ、セイロン紅茶の故郷スリランカは、メインの国際空港はコロンボにありますが、このコロンボも首都ではありません。よく、クイズ番組などで出題されたりしますが、首都は長い名前で、


スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ


という都市です。

Colombo

スリランカ/コロンボの街並み


では、このスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテが世界で一番長い首都の名前かといえばそうではありません。

実はタイの首都バンコクが世界で一番長い首都の名前なのです。

「バンコクなんて長くもなんともないじゃないか!」との声が聞こえてきそうですが、このバンコクという名称は慣用的に用いられている名称であり、儀式的な正式名称は・・・


クルンテープマハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドン ラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット


といい、その意味は・・・


イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都


ということになります。

Bangkok
バンコクのランドマーク ワット・アルン


さすがに、現地の人々も日々こんなに長い名前を会話に使用するのは大変なことですので、最初の言葉である「クルンテープ(天使の都)」と単に呼んでいることが多いようです。

かといって、長すぎるからみんな覚えていないのかといえばそういうわけでもないようで、ほとんどの人が諳んじて言えるほどなのだそうです。


「天使の都」

なんだか素敵な首都名ですね。


個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ