世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

タンザニア

競技で勇敢さを競う 『マサイ五輪』開催!


ケニア南部からタンザニア北部にかけて暮らしている先住民族、マサイ族。
そのマサイ族の若者たちが伝統的に培われた能力を競う『マサイ五輪』が2014年12月13日にケニア南部のアンボセリ国立公園近郊の草原で開催されました。
2012年に第一回目が開催され、今年は第二回目に当たります。昨年は資金難のため、開催されなかったそうです。

Maasai_people

マサイ族の男性は元来、百獣の王ライオンを殺すことで勇敢さを示していましたが、野生のライオンが激減したため、その代替として、スポーツを通じて伝統的な身体能力を競うことになったといいます。
やり投げや垂直跳び、中短距離走などの様々な競技が行われ、伝統衣装を身にまとった女性たちも大勢応援に駆け付け、盛り上がりのうちに幕を下ろしました。

Traditional_Maasai_Dance

さて、このマサイ族、英語ではMaasai Peopleと呼ばれ、本来なら日本語でも「マーサイ族」と書くべきですが、ほとんどが「マサイ族」と表記されています。これは当初、Masai Peopleと誤植されたものが発端だと言われています。マーサイとは、「マー語を話す人」を意味します。
元来、マサイ族は遊牧民族ですが、彼らが遊牧を行う地域のほとんどが動物保護区や国立公園に指定された結果、遊牧ができなくなってしまいました。

Maasai_people_03

また、ケニア、タンザニア両国もマサイ族の定住化を推進していることもあり、マサイ族の生活も年々変化を遂げ、都市部に定住して現代的な仕事に従事するマサイ族も増えてきました。そんな実情を反映して、マサイ伝統の赤い民族衣装を着ているマサイを「ビレッジ・マサイ」、その他の色の服を着て、街に暮らすマサイを「シティ・マサイ」と呼んで区別することもあります。

Maasai_people_02

近代化の波には逆らえないとは頭では分かりつつも、伝統文化が消え去っていってしまうことには一抹の寂しさを感じざるをえません。そんななかで、ケニア、タンザニア両国が進める定住化政策に一貫して抵抗する彼らの姿には、自らの伝統を何とかして守りたいという強い意思を感じます。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

大自然の神秘 ヌーの大移動


ヌーは、アフリカ大陸に広く生息するウシ科の草食動物で、ウシとカモシカの特徴を合わせたような体形をしており、ウシカモシカという和名もつけられています。

毎年7月~9月頃にかけて、タンザニアのセレンゲティ国立公園を出発したヌーたちは徐々に群れを大きくして遂には150万頭以上もの大群となり、これに20万頭ものシマウマや50万頭ものトムソンガゼルが加わります。この大きな群れが国境を越え、草を求めてケニアのマサイマラ国立公園を目指して大移動を遂行するのです。これが有名な「ヌーの大移動」です。

動物02

タンザニアとケニアの国境をなしているのがマラ川。
ヌーたちがマサイマラ国立公園に到達するためにはこの川を渡らなければならいのです。しかし、ヌーたちが食料の草を求めて大移動をするように、このマラ川にはお腹を空かせたワニたちが今や遅しとヌーたちが川を渡って行くのを待ち構えているのです。

川岸にたどり着いたヌーたちは一旦、その歩みを止めます。
じっと川面を睨むヌーたち。
行きつ戻りつしながら、時にその時間は数日に亘ることもざらにあります。
勇気を振り絞った先頭のヌーがマラ川への決死のジャンプを敢行すると同時に、大群は一斉にマラ川へ飛び込み、「生きるため」にその先のマサイマラ国立公園を再び目指すのです。

濁流に足を取られ流されるもの、待ち構えているワニの餌食になるもの、セレンゲティで生まれた子供をかばい、共に犠牲になるもの・・・
多くの犠牲を出しながらもヌーたちはその歩みを止めません。
しかし、マラ川を無事に渡れたからといって、安泰なわけではありません。
陸上にもライオンやハイエナなど、彼らをエサとする動物たちがあちこちに待ち構えているのです。

動物17

こうして、数々の苦難を乗り越えられたものだけがマサイマラ国立公園にたどり着くことができ、生きていくことを許されるのです。
マサイマラ国立公園でのひと時を過ごしたヌーたちは10月~11月頃、再び同じような冒険をしながら、セレンゲティ国立公園へと戻っていきます。

一見残酷なように思えますが、すべてが生きるためのプロセスであり、正に「大自然の神秘」、「生と死の叙事詩」なのです。

個性派の陸旅倶楽部では、こんなヌーの大移動を目撃する限定1本のツアーを8月にご用意しています。
今年の夏は、アフリカに暮らす動物たちの大自然を目の当たりにしてみませんか?

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

正に夢のような眺めのレストラン The Rock Restaurant タンザニア/ザンジバル島



アフリカ東部に位置するタンザニアに属する、インド洋に浮かぶ島ザンジバル。
ヨーロッパとアラブの文化的影響を受けたこの島は、独特な雰囲気を醸し出すとともに、ストーンタウンがユネスコの世界文化遺産に登録され、近年注目を集めつつある島です。

今日は、この島の沖合に浮かぶユニークなレストラン『The Rock Restaurant(ロック・レストラン)』をご紹介します。知る人ぞ知る、マニアに人気のレストランです。

The Rock Restaurant

その名の通り、透き通る青い海に鎮座する岩上がレストランになっています。
潮が高い時にはレストランが用意したボートでザンジバル島からレストランへ向かいますが…

The Rock Restaurant with Low Tide

干潮時にはご覧のとおり海底が姿を現わし、歩いて渡ることが可能となります。

The Rock Terrace

レストランにはテーブル席以外にもテラス席が用意されており、青く澄みきった海の眺めを独り占めにしながら至福のひとときをお過ごしいただくことができます。
こんな眺めの中に位置するレストランは世界中にもそう多くはないでしょう。

The Rock Restaurant Sunset

夕暮れ時にはインド洋に沈むロマンチックな夕日を目に焼き付けることができます。

一食のお食事が一生の思い出になる・・・
ザンジバルへいらっしゃる機会がありましたら、是非ともお訪ねいただきたいレストランです。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ