今回のツアーのタイトルは、『天空の鏡ウユニ塩湖、世界遺産ウマワカ渓谷とアタカマ砂漠の星空を観る 14日間』。南米アルゼンチン北部のサルタ州とフフイ州を通り、国境を越えてチリのアタカマ砂漠へ。さらに国境を越えて、ボリビアのウユニ塩湖へと南米3カ国を陸路で走り抜ける旅です。

日本からアメリカン航空を利用し、アメリカのダラスで乗り継ぎ、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ。そこからさらに国内線に乗り継ぎ、北部のサルタまで、フライト時間だけでも約25時間を超える大移動です。

途中、ダラスでアメリカへの入国審査を受けますが、アメリカ入国の際、ESTAを取得して2回目以降の入国では、米国政府のCBPが提供するAPC(Automated Passport Control)制度があり、機械による入国審査が可能でした。

APC

自動チェックイン機のような機会のタッチスクリーンにパスポート用のスキャナ、カメラ、指紋採取用のスキャナで構成されています。タッチパネルで日本語の案内を選択できるので、手続きは簡単です。現在、アメリカの主要な国際空港で利用することができます。以前のように通過に1時間以上かかるようなこともありませんでした。

アンデスの大自然が広がるアルゼンチン、チリ、ボリビアの高地地帯には、この世のものとは思えないほどの絶景が広がります。青々と澄んだ空に浮かぶ雲と壮大な地平線、光彩により色の変化が楽しめる高山湖や淡いピンクが美しいフラミンゴは特に印象的です。

明日は旅の出発地サルタをお届けします。
まず本日は、旅の移動中に車窓から撮影したアンデスの景色の一部の写真をお楽しみください。

アルゼンチン北部

アルゼンチン北部2

アルゼンチン北部3

チリ北部国境付近

ボリビア 岩の丘

ボリビア南部

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ