世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

デリー

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑫(最終回)


美味しい日本食をいただいた後は、帰国前最後の、と言うよりこのインドの旅で初めての買い物の時間となりました。
行った場所は、「カーン・マーケット(Khan Market)」。
そんなに広いエリアではありませんが、売っている商品のクオリティが高く、安心して買い物をすることができます。インドを旅する女性たちにも最近人気のスポットなのだとか。

これで本当に今回の視察旅行のプログラムはすべて終了です。
帰国の途に就くためにインディラ・ガンディー国際空港へと向かいます。
この空港は、免税店も非常に充実しており、搭乗前の時間も有効に活用することができます。少々お値段は高めですが、買い忘れたインド土産もほとんど空港で揃えることができそうです。2階には、フードコートも揃っています。

DELHI_AIRPORT_01

DELHI_AIRPORT_02

やはりインドらしい、お釈迦様の頭像も鎮座しています。

DELHI_AIRPORT_03

お釈迦様の頭像に見送られ、我々が乗ったエア・インディアAI-306便はほぼ定刻どおり、インドを後にし、一路成田空港を目指しました。
機内では、離陸後及び着陸前の2回の機内食が提供されましたが、爆睡のため、着陸前の2回目の食事は食べ損ねてしまいました(笑)

IN_FLIGHT_MEAL_01

IN_FLIGHT_MEAL_02

====================

今回は、3泊5日という短く、慌ただしい日程でのインド滞在となりましたが、世界中で評価が高く、一度は泊まってみたいと憧れるアマンリゾーツについて詳しく知ることのできる有意義な旅でした。
今回のインド訪問は、前回のインド訪問からかれこれ15年ぶりとなりましたが、首都デリーだけ見ても以前のイメージから大きく変化していました。かつては、首都といえども自由に闊歩していた牛たちも、今やその姿を消していました。そんな、過去の記憶を呼び起こしながら、色々な比較を楽しみながらの旅でした。

お世話になりました、アマンリゾーツの皆様、エア・インディアの皆様はじめ関係各位に心より御礼申し上げます。

(おわり)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート⑪


マハラジャ・エクスプレスの視察の後は、ランチです。
インド滞在最後の食事となったこのランチには、『円』という日本食レストランに伺いました。
ことインド旅行に関しては、毎日、下手をすると3食カレー、ということも珍しくありませんが、そんな食生活を続けている中での日本食は本当に胃も心もホッとできるひと時です。

レストラン『円』は、日本でもインド料理店を経営しているサンダール氏が経営するレストランで、デリー市内の世界遺産クトゥブ・ミナールのすぐ横に位置しています。店内からも場所によっては窓越しにクトゥブ・ミナールの姿を見ながら食事をいただくことができます。

JAPANESE_05

世界中には数多くの日本食レストランがありますが、「なんちゃって」日本食も多く、食べてみてがっかりすることも少なくありません。
そんな中で、この円では、食材を日本から空輸しているものも多く、また、日本人のスタッフも常駐しており、味も雰囲気も本格的な日本食を堪能することができます。

見た目にも美しい、ランチのミニ・コースをいただきました。

JAPANESE_01

JAPANESE_02

JAPANESE_03

JAPANESE_04

なお、レストランには屋上にテラスがあり、そこからのクトゥブ・ミナールの眺めもまた格別です。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート④


インド2日目。
早朝3時のモーニング・コールで目を覚まし、眠い目をこすりながら、デリーにいくつかある鉄道駅の一つハズラート・ニザームウッディーン駅へと向かいました。
ここから列車で、ラジャスタン州のサワイマドプールを目指します。

インドの鉄道の旅では、現地の人も含めて、大きな荷物を携えての乗車は珍しいことではありません。そのため、各駅には必ずそれらの荷物を運んでくれるポーターがいるのが常です。今回我々も、ポーターに頼んでスーツケースを車内まで運んでもらいました。

INDIA_RAILWAY_01

インドの列車は、寝台車両か着座車両かの別、ベッドの段数や座席の配列、エアコンの有無によって等級がいくつにも分かれています。今回は、エアコン付寝台車両の2等車に乗車し、大方の予想に反して(失礼!)、定刻の5時15分にデリーを出発しました。

エアコン付寝台車両の2等車の車内は、片側の窓から垂直に二段ベッドが2つ向き合い、さらに反対側の窓に沿って二段ベッドが設えてある構造になっています。天井には扇風機が回り、エアコンが強烈に利いているので寒いくらいです。ベッドには毛布が置いてあり、出発してまもなく、ベッド用と毛布用のシーツが2枚配られました。
因みに、ポーターに搬入してもらったスーツケースは、下段ベッドの下に置くことになります。

INDIA_RAILWAY_02

INDIA_RAILWAY_03

INDIA_RAILWAY_04

INDIA_RAILWAY_05

出発して間もなくのところでお腹も空いてきたので、ホテルで作ってもらった朝食のお弁当を食べます。
サンドイッチ1つにデニッシュ2種、それにオレンジジュースとりんごという内容です。正直、がっかり。ホテルで食べることができたら種類豊富なバイキングだったはず。思わず、思いを馳せてしまいました(笑)

INDIA_RAILWAY_06

サワイマドプールまでの所要時間は約6時間。ベッドで微睡みながら進んで行きます。
途中、いくつもの駅に停車しながら列車は進んで行きますが、停車時間の比較的長い駅では、下車して足を伸ばしたり、スナックなどを購入することもできます。発車のベルは鳴りますが、くれぐれも乗り遅れにはご注意を!
なお、インドの列車の扉は自動開閉ではありませんので、降りるときは自分で開け、乗った後には自分で閉めます。

INDIA_RAILWAY_07

サワイマドプール到着時刻もほぼ定刻どおり。
これからいよいよ、アマンリゾーツの視察が始まります。
到着駅にももちろん、ポーターがいますので、ご心配なく。

INDIA_RAILWAY_08

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート③


インド初日は首都デリーでの宿泊です。
空港を出発したのが18時過ぎ、ちょうどラッシュの時間帯にぶつかり、市内への道路は車やバイクで渋滞で混雑していました。ガイドさんの話しでは、デリーではバイク乗車時にはヘルメットの着用が義務付けられているとのこと。ただし、地方に行くとその限りではないそうです。

インディラ・ガンディー国際空港の周辺は、空港ホテルの建設ラッシュ。
世界的なホテル・チェーンが数多く建設されていました。

ホテルへの途中、『WAVES』というインド料理レストランで夕食を。
このレストランは、ツアーでもよく利用されるレストランですが、辛すぎないカレーが日本人客にも好評です。特に、羊肉のカレーが絶品でした。

WAVES_01

WAVES_02

WAVES_03

本日のホテルは、格式ある5つ星ホテル、『THE GRAND NEW DELHI』です。
建物は多少古さがあるものの、5つ星らしい広いロビーと接客応対、そして部屋自体も比較的広く、バスタブとシャワーブースが別々なのも使い勝手の良いホテルです。

THE_GRAND_02

THE_GRAND_01

THE_GRAND_03

THE_GRAND_04

THE_GRAND_05

THE_GRAND_06

明日は、朝5時15分発の列車に乗り、ラジャスタン州へ向かいます。

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ

インド アマンリゾーツ 現地視察レポート②


成田ならインドのデリーまでの往復は、今回の視察旅行の主催者でもあるインドのフラッグ・キャリアであるエア・インディア。日本へは成田と関空にそれぞれ就航しており、成田線が水・土・日の運航、関空線が火・木・土の運航となっています。
今回はエア・インディアのご厚意により、ビジネス・クラスに搭乗させていただきました。

ビジネス・クラス搭乗の場合、出発までのひと時を軽食や飲み物も用意されているラウンジで過ごすことができます。成田空港にはエア・インディア専用のビジネス・クラス・ラウンジはないため、提携しているチャイナ・エアライン(中華航空)のラウンジを利用することになります。

AIR_INDIA_01

成田~デリー線に就航している機材は、ボーイング社最新鋭の787ドリーム・ライナー。搭乗便は、ほぼ定刻通り、成田空港を飛び立ちました。

AIR_INDIA_02

AIR_INDIA_03

同機のビジネス・クラス座席は、全18席。2-2-2の配列のシートが3列分です。
シート・ピッチも座席の幅も十分なゆとりがあり、ゆったりと空の旅を満喫することができます。

AIR_INDIA_04

シートの全面には大型のスクリーンがあり、種類豊富な映画や音楽番組をそれぞれの好みで楽しむことができます。残念ながら、日本語の番組はあまり多くはありません。
また、スクリーンの下には足置きがあり、これはシートをフルフラットに倒した時のベッドの一部となります。

AIR_INDIA_05

成田からデリーまでの飛行時間は9時間弱。飛行中、機内食は2回供されます。
まずは、飲み物と共に前菜とピーナッツ、アーモンド、インドのミックスナッツのスナックです。

AIR_INDIA_06

食事は、カレー2種(ベジタリアン/ノンベジタリアン)と和食からのチョイス。今回は、和食をチョイスしました。メインはうな丼です。

AIR_INDIA_07

AIR_INDIA_08

食後にはデザートのケーキとチーズ。ここまでの一連のお食事でお腹も大満足です。

AIR_INDIA_09

食事も一段落し、窓の外を眺めると、眼下に雲海を望みながら青空の中に飛行機の主翼が見えます。この独特な主翼の形が787ドリーム・ライナーの一つの特徴です。

AIR_INDIA_11

着陸前の2回目の食事は、オープン・サンドと揚げ餃子、ケーキにフルーツです。

AIR_INDIA_10

徐々に高度を下げ始めたエア・インディア機は、定刻より若干遅れて、デリー・インディラ・ガンディー国際空港に着陸しました。
入国審査場では、いかにもインドらしい、印を結んだ手の彫刻が我々を迎えてくれました。

AIR_INDIA_12

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ