世界の隅々まで見てみよう!個性派の陸旅倶楽部

㈱トラベルハーモニーの新ブランド『個性派の陸旅倶楽部』が徒然なるままにお届けする、アジア、中近東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニアなど世界各地のホットな情報やそれらにまつわるトピックのブログです。

トリプラ州

添乗員現地最新レポート インド/アッサム、メガラヤ、トリプラ州編⑫



チェラプンジにあるノカリカイの滝は落差340mで、インドで一番の高さを誇ります。日本では情報が少なくほとんど知られていません。モンスーンの時期には水量が増え、断崖絶壁から流れ落ちる幾重もの滝筋はなかなかの見応えです。

滝の名の由来をご紹介しましょう。
昔リカイという女性がいました。リカイは未亡人で娘が一人いました。彼女はある男と再婚しましたが、その男はリカイの娘を嫌っていました。ある日、リカイが鉄鉱石を運ぶために外出していた時に、彼は娘を殺してカレーにしてしまい、リカイにそのカレーを食べさせました。リカイはそのカレーを食べましたが、娘の指を見つけ、夫が娘を殺したこと、そしてそれを自分が食べてしまったことを悟りました。リカイは悲しみの余り気が狂ってしまい、滝から飛び降りて自殺してしまいました。その逸話から、彼女の名前を取ってその滝はノーカリカイ(リカイの滝)と呼ばれるようになりました。因みに、カシ語で「ノー(Noh)」は「滝」、「カ(Ka)」は女性であることを表す言葉です。

残念ながら、今回の訪問時は霧に覆われてしまい殆ど滝の姿を見ることができませんでした。ガイドの話では南側から流れてくる湿った空気がこの辺りの絶壁の丘にぶつかるので、霧の発生は日常的だとか。滝はよく見れませんでしたが、この辺りの地形と自然環境をあらためて感じることができました。

滝展望台への入り口

売店

売店2

今回の訪問時

今回の訪問時2

下の写真は天気が良い日に撮られたもの。ちなみに12月-2月の乾期にはほとんど水がなくなるそうです。

Nohkalikai_Falls_640_13479

nohkalikai-falls

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アッサム、メガラヤ、トリプラ州編⑦



アガルタラから南に約50kmのところにウダイプールがあります。
ウダイプールというと、湖に浮かぶ白亜のホテル「レイク・パレス」で有名なラジャスタン州のウダイプールと間違えてしまいそうですが、ここトリプラ州にも同名の町があります。ここは、18世紀までトリプラ王国の都があった場所で、古くは9~10世紀頃にヒンドゥー教寺院が建てられていたことが分かっています。

小さな町中にジャンガンナート寺院とよばれる17世紀に建てられたヒンドゥー寺院があります。
すでに廃墟となっていますが、黒色のレンガが使用された寺院は木の根で覆われており、まるでカンボジアの遺跡のような風格があります。

PC110293

PC110294

PC110295

PC110296

PC110297

PC110298

PC110299

PC110300

PC110301

PC110302

PC110303

寺院名の由来は、聖地プリーのジャンガンナート寺院から運ばれたジャガンナート神が納められたためと言われています。現在、神像は新たに横に建てられた寺院に保管され、信徒により大切に保管されています。

PC110304

PC110305

PC110307

PC110311

PC110312

PC110314

PC110315

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アッサム、メガラヤ、トリプラ州編⑥



アガルタラ北東に178km、7~8世紀頃に掘られた巨大岩彫刻があります。山肌に掘られた彫刻の前で、シヴァ神が祈る場所だったといわれており、言い伝えによると、破壊の神シヴァが10,000,000の神とカーシ「光り輝く場所=ベナレス」に向かった時、ウナコティで休憩しましたが、シヴァは明朝日の出前に自分を起こしてくれるよう、全ての神に頼んだところ、翌朝目覚めるとシヴァ以外は起きることが出来なくなっていたそうです。その様子を石刻で表現したと言われています。

ウナコティはインターネットでもガイドブックでもほとんど情報がありません。
また1つ、秘境に隠された知られざる見事な遺跡を見つけました。

PC100233

PC100237

PC100238

PC100239

PC100242

PC100245

PC100246

PC100247

PC100248

PC100249

PC100250

PC100251

PC100253

PC100255

PC100258

PC100261

PC100265

PC100266

PC100267

PC100268

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アッサム、メガラヤ、トリプラ州編⑤



旅の途中に地元のバザールやマーケットに立ち寄ると、その国や地域の生活習慣や物価などが見られて楽しいものです。活気溢れるバザールなどで人々の交流を目にしたり、実際に現地のものを買ってみる体験など、旅の醍醐味の1つかもしれません。
私たちは、ニールマハルからアガルタラに戻る途中に何軒かの露店に立ち寄りました。そこでは、この辺りの気候に適した産物、たとえば果物(みかん、バナナ、パパイヤ)や野菜(葉物、イモ類)を多く見かけました。
商品はグラム単位で売られており、値段は交渉次第とか…。
もちろん日本に比べたらはるかに安価です。

PC090182

PC090183

PC090184

PC090185

PC090186

PC090187

PC090188

PC090189

PC090190

PC090194

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ

添乗員現地最新レポート インド/アッサム、メガラヤ、トリプラ州編④



トリプラ州は天然ゴムの産地としても知られています。アガルタラの郊外を車で走っていると、沢山のゴムの木とゴムの樹脂を集めている光景が見られます。これらのゴムは靴底や車のタイヤの一部して使用されるようです。

PC090173

PC090174

PC090175

PC090176

PC090177

PC090179

(つづく)

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。


↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!


海外旅行 ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

〒160-0004
東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル7F
03-3226-8802(電話)
03-3226-8815(FAX)
info@rikutabi.com(メール)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ