昨晩から軒並みニュース番組を賑わせているので既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、北アフリカのチュニジアの首都チュニスで、武装集団が観光客を襲撃するという痛ましいテロが発生しました。現場は、チュニス市内きっての観光地でもある「国立バルドー博物館」で、日本人にも死傷者が出てしまいました。国立バルドー博物館は、国内各地のローマ遺跡から出土した素晴らしいモザイク画の展示で有名で、ほとんどの観光客が訪れると言っても過言ではない場所です。

BARDO_MUSEUM_01

以下、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社より配信された情報の抜粋です。
チュニジアの首都チュニス(Tunis)市内にある国立バルドー博物館(The
National Bardo Museum)で2015年3月18日、武装した男2人が銃を乱射し、少
なくとも外国人観光客20人を含む22人が死亡、42人が負傷した。警察は、犯人
2人を射殺し、共犯者の行方を追っている。

同国のシド(Habib Essid)首相が、犠牲者の中に日本人が5人いたと発表し
た。日本外務省は情報の確認を急いでおり、午前9時現在、邦人3人の死亡、3
人の負傷を確認している。
チュニジアは、イスラム国家ではありますが、その中でも比較的穏健な「ソフト・イスラム」に属する国で、国内のイスラムの戒律も比較的緩やかで、ゆえに、数多く残るローマ遺跡などの観光素材の充実も相まって、観光立国でもあります。

TUNIS

そんな穏健なチュニジアに2010年から2011年にかけて歴史の転換期が訪れました。国の花であるジャスミンから名をとって「ジャスミン革命」と呼ばれる革命です。一青年の焼身自殺に端を発した反政府デモが全土に拡大し、結果、23年間続いた政権を崩壊させました。そして、このジャスミン革命は他のイスラム諸国へと飛び火し、いわゆる「アラブの春」の発端となったのでした。

今回の事件が一刻も早く収束し、再び観光客が安心してチュニジアを訪れることができるようになることを切望すると共に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

個性派の陸旅倶楽部のホームページはこちら。

↓↓↓お読みいただきありがとうございました。
  人気ブログランキングに参加していますので、是非下記バナーのクリックをお願いします。
  日々の励みになります!



海外旅行 ブログランキングへ